2019年10月15日 (火)

申し訳ない秋

 土曜日は、嵐の日でした。我が家は、一日中、家で過ごしました。

 雨はかなり激しかったのですが、風は予想したほど激しくはならず、我が家の一帯に被害はありませんでした。台風のことなど考えずに買った家ですが、ラッキーなことに災害には強い土地のようです。申し訳ないくらい何も起こりませんでした。

 ワタシは追加で来ていた採点にほぼ一日を費やしましたが、久々に娘(仮称ケミ)と新聞のパズルをしたり、国語のドリルに付き合ってあげたりしてノンビリ過ごせました。被災した方達には申し訳ないのですが、ワタシにとっては、貴重な休日でした。

 日曜の朝には、嵐は過ぎていました。ワタシは、採点を終わらせて発送、赤本チェックの千葉筑波も済ませ有意義な一日でした。

 んで、夕食時はラグビー。いやはや、スコットランドにも勝ってしまうとは思いませんでした。負けるにしても7点以内にしといてくれーと思っていたのですが、勢いとは恐ろしい。ティア1の伝統国に申し訳ないくらい日本強いです。

 月曜火曜は普通に仕事でした。第七週のヤマが無事に過ぎていきます。この週はそれほど気合充実させて仕事というわけでもないのですが好調。これまた、申し訳ないかも。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

我がことなりと定家言い

 二学期第六週がほぼ終了しました。やはりちょっとホッとしています。

 某東大対策添削も提出し、新たに襲って来た模試の採点という敵も意外に楽だったりして、順調そのものだなと思っていたら…。

 やはり、台風ばかりはどうにもならないようで、明日は特別授業も含めて休講。またまた借金です。

 まあ、この辺りで少しノンビリさせてもらうのも良いかも。

 というわけで、浮世離れした『源氏物語』の話。今週、青表紙本「若紫」巻が発見されたという驚天動地のニュースが新聞紙面を飾りました。伝定家筆青表紙本は、「花散里」「行幸」「柏木」「早蕨」の四帖のみが現存するとされていて、新たに見つかったのは八十年ぶりだというのですから驚きです。

 今まではオリジナル青表紙本の様態を残すとされていた大島本(室町時代)で読むしかなかった「若紫」を、定家オリジナルの形で読むことが出来るなんて…。

 先生、お逝きになるのが四年ほど早過ぎました。

 しかし、この時代に発見されたのが「若紫」とは、なんとも暗示的です。「若紫」は、谷崎が最初の潤一郎源氏で訳せなかった巻なのですから。

 これは、定家卿の警鐘ではないかと思います。再び「若紫」の読めない時代を出来させてはならないと。

 「紅旗征戎我がことにあらず」とは、源平の争乱時の定家卿の言葉です。しかし、この時代のこの問題については定家卿も「我がこと」と考えるはず。戦前という反日本文化の時代の再来は、定家卿だって許せないはずです。

 再び「若紫」の読めない時代を出来させてはならない。

 源氏物語研究者達は、今こそ声を上げねばならないのではないかしらん、どうなの高木さん。ジェンダーなんてノンビリ論じてる場合じゃないよ。

 少なくとも、A先生なら、何か積極的に発言なさったのではないかと、不肖の末弟子は思わずにいられません。

| | コメント (2)

2019年10月 8日 (火)

寄せては返す

 日曜日に、借金返済授業が終わりました。二学期最大のヤマ場である土曜特別授業と高校生授業、日曜横浜補講と会議、月曜横浜と吉祥寺から仙台移動の三日間が何とか無事に済みました。三日間で17時間授業と移動と会議。

 よくぞ無事に終わったモンです。

 昨日、某東大添削も終了。借金完済。やたー。

 とホッとしていると、会議でもらってきた模試の採点などという新たな敵が襲って来る今週なのでした。寄せては返す波のごとく、なかなか仕事に終わりが来ませんねえ。赤本NGのリクエストシリーズも残ってるし。

 おまけに今週末、再び借金の元、台風が近づいて来そうな気配…。~o~;;

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

秋空やったね!

 昨日は、娘(仮称ケミ)の運動会でした。例によって、ワタシは仕事。それも午前中から特別授業があり、通常の夜の授業まで。見られるわけありません。

P1100272jpg1

 快晴で暑かったそうです。てるてるばあちゃん、今年もお見事です。駅近くに建っている巨大マンションをバックに六年生の組体操↑。

 仕事中もケミさんの結果が気にっていたのですが、運動会終了後Yからメールをもらいました。ケミさん、80m走3位!

 かけっこは三年生から男女別になり、女子の最終組に振り分けられていました。最終組は学年のトップ5の争いです。練習では4位だったというので、この日の早朝、我が家の前の私道で特訓。腕の振りを修正していました。

 夕食時にYの撮って来てくれたビデオで確認しました。同じ組の子はケミさんより大きい子ばかり。学芸会でお母さん役になったKさんなんて、ケミさんより20cmは高いです。

 ケミさん、大きな子達に伍してお見事な走りっぷりでした。学年で3位とは、やったね!

 この日は、ワタシの方にも仕事の上で、ちょっと、やったね!の情報がありました。~o~

 おまけに、ラグビー日本チームもギリギリでボーナスポイントを取りました。最後は手に汗握る闘いでしたが、望みうる最上の結果。やったね!

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

ライオンは飲んでいる

 二学期第五週が順調に進んでいきます。デスクワークも、昨日、催促されていた冬期テキストの仕事を終わらせ、赤本チェックもお茶・都立の公立シリーズ終了。順調…なはずなんだけど、某東大添削がぁ…。~o~;;

 まあ、毎年のことです。

 昨日は昼間立川の授業を済ませてから、夜の授業がお休みだったため帰宅し、すぐに大井町に出かけました。この日は、娘(仮称ケミ)がずっと楽しみにしていたライオンの日だったので。

 九歳のバースデイプレゼントは、昨年に続いて劇団四季の「ライオンキング」だったんです。ネコの次がライオンてわけです。

 すでに、ケミさんとYは大井町に行っていて、ワタシが仕事を済ましてから追いかけ、Yとともに夕食を取りながら終演を待つという手筈でした。ケミさんは、当然、大好きな従妹のIちゃんと二人で観劇です。

 夕食は、四季劇場近くのガード下「魚箱」さんでした。割と日本酒のラインナップが揃っていたので。

 売り物の魚はそこそこイケますが、我々が一番評価したのは、里芋と落花生の蒸し物。

2019100219030000

 落花生が意表をつく美味さでした。手前は、高知県有光酒造さんの「安芸虎 千本錦 純吟 ひやおろし」。含み香もよくスッキリとした良い食中酒でした。この量で750円ほどですから、適正価格です。

 Yも珍しく日本酒を飲む気になり、富山県富美菊酒造さんの「羽根屋 煌火」。感動してました。

 総じて日本酒が美味しかったのは、繁盛店で飲み切りが早いこともあるでしょうが、保管が良いのかもしれません。

 両親がかなり飲んだくれてた頃、ケミさんは、ライオンに感激していたようです。終演時間に迎えに行くと、Iちゃんと一緒に大興奮でした。

2019100221350000

 オニギリを頬張りながら帰路につきましたが、小金井に着く前にオチてしまいました。まあ、十時半過ぎてたから。

 小金井駅からはワタシが背負いました。普段は、ケミさんの体がなかなか大きくならないのを嘆いているのですが、いざ背負うと、うーーん、重くなってくれた。~o~;;

 五年前の忘年会を思い出しました。

 いつまで、背負えますかねえ。~o~

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

はらう秋

 昨日は三時半起床でした。

 仙台の生徒さんに頼まれていた防衛医大の赤本チェックを、そろそろ完成させないと十月下旬の入試に間に合わなくなるため、出勤前のデスクワークです。借金そろそろ返さなきゃって感じです。

 一日中、何時眠くなるかしらんと思っていたのですが、何とか無事に一日もちました。

 今週末には、台風で休講になった分の補講もせねばならず、借金返済のような仕事が続きます。

 借金といえば、今日から消費税率が上がります。国の借金体質をどうにかしなきゃならないのは分かりますが、言い訳のように付け足された複雑な制度はちょっとどうなのかしらん。

 おまけに、権力者のお友達のために使われた金の責任は明らかにされず、独裁者のために忖度する役人にはお手当が支払われ、巨額ODAの言い訳CMやら政府広報みたいなタレントさんたちのギャラも我々の税金から払われていると。

 誰が納得するんだコレ?

 なるべく消費税払わないように缶ビールの買いだめしてみたんだけど、どうでしょ。~o~;;

 今朝は、冬の娘のレースのための宿を予約しました。我が家は借金返済を急いで、さあ、冬に向かうぞっ。

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

さまざま思う秋

 二学期第四週が、ほぼ終了しました。授業は何とか上手く進んでます。

 デスクワークも模試関係を終わらせ、赤本チェックも私文系はほぼ終了。リクエストに取り掛かって今朝某D志社大を終わらせました。まあ、順調なんだけど、某K学院大とか某D志社大とかって、こんなに難しくしちゃって受験生ついて行ってるのかしらん。赤本執筆者だって四苦八苦してるのに。

 一昨日、ネットで某同業者の方がお亡くなりになっていたという記事を見ました。記事を読んでビックリ。この人、意外とワタシと世代が近かったんですねえ。

 ワタシの学生時代にはもう有名講師だったんじゃないかと思いますし、ワタシがこの仕事について間もなく予備校屋を引退なさっているということで、経歴としてはほぼ被っていません。もっとはるかに上の世代だと思ってました。

 同世代の同僚に話を聞きました。昔、同じ予備校で教えたことあるけど、人気講師過ぎて普通の講師が近づける雰囲気じゃなかったとか。予備校屋の一番華やかな時代を駆け抜けた人だったんでしょう。晩年はお気の毒な様子だったようです。

 そういう点でもワタシとは真逆ですね。ワタシゃはっきり言ってこの十年だんだん幸せになってるから。~o~;;;

 同僚と、孤独死する同業者という話になりました。ウチの先生にもいたんだそうです。連絡が取れなくなって職員さんが訪ねて行ってみたら…。まあ、ワタシとて十年前に家族が出来なきゃ、その可能性はあったわけで。

 あらためてYに感謝ってことになるのかもね。

| | コメント (2)

2019年9月24日 (火)

国民の皆様ありがとう

 昨日は、国民の休日。ウチの娘(仮称ケミ)の誕生日を国民の皆さまが祝ってくれる日です。

 非国民の父親は、一昨日、祝いました。お義父さんお義母さんが我が家に来てくれての誕生パーティー。

P11002621

 近所の魚屋さんで誂えた刺身盛りとババちゃん特製の唐揚げがテーブルを飾りました。どちらもケミさんの大好物。

 九歳になりました。

 自分のことを考えてもそのくらいから記憶がはっきり残っています。きっと、これからのちょっとした出来事やイベントが、この子の記憶に一生残るんでしょう。そういう意味で、今年NZに連れていけて良かったと今さら思います。

 例によって、お祝いの本人は食べるだけ食べちゃうと遊びに行き、残された大人たちはそこから飲み会。

 帰って来たケミさんに、姉が送ってくれた誕生日プレゼントの服を着せてみました。女の子らしい可愛らしいテイストの服で、当人はちょっとテレてましたが、こんな服が似合うようになったか…と酔っぱらいのお父さんの方は感慨ヒトシオ。

 んで、誕生日当日の昨日、非国民のワタシはふつーに仕事でした。ケミさんとは早朝出かける間際に声を交わしただけですよ。~o~;;

| | コメント (2)

2019年9月22日 (日)

忘れないために

 二学期三週目がほぼ終了、四週目に入っています。

 以前から感じていたのですが、イマドキの子供たちは本当に日本語の語彙が足りません。例えば「~さす(=~シカケル)」という語法を教えようとして、「ホラ、唐揚げの食べかけを『食べさし』って言わない?」各クラスみんな首を横に振ります。~o~;;

 しょうがないから、「昭和じゃ言ってたけど、平成で言わなくなって、令和で消えるね」で済ませるのですが、このセリフ、最近何度も口にしています。「あらぬ疑い」とか「心してかかれ」なんて言いませんか…ねえ。

 ちょっとブログを遡ったら、十年前にも同じことボヤいてました。

 スマホやPCを活用する教育の果てに、フランスじゃ子供達が鉛筆で字を書けなくなったって話ですが、そこまで行かなくも、語彙の消失は国語教師にとって深刻です。忘れないでくれよー。

 一昨日、ラグビーW杯が開幕して、我が家でも昨日今日とTV観戦しました。隣のラグビー少年S君は大興奮。歓声が我が家にも聞こえるそうです。小学校三年生でW杯が日本に来ちゃったんだから、この感動は一生忘れないだろうなー。

 日本代表の勝利はあちらこちらで称えられているようですが、このチームが多様性のチームだってこと、排他的なライトサイドのお爺さんたちには忘れないでほしいモンです。日本的戦闘スピリットとしての「大和魂」ではなく、他者と調和する精神としての「大和魂」のチーム。「ワンチーム」が彼らのスローガンだってことを。

 忘れないと言えば、もう一つ。某T電旧経営陣に無罪を言い渡したN渕健一裁判長。この人の下した現政権や原子力ムラ寄りの判断を我々国民は忘れてはならないでしょう。いつか国民審査という機会が訪れたら、裁判官の主人は独裁者などではなく、国民であると分からせてあげなればなりません。忘れないために、ここに記しておきます。

| | コメント (2)

2019年9月18日 (水)

「海」の日々

 日曜に模試関係の仕事を済ませて、月曜は、久しぶりの横浜の授業でした。

 一週間あいてしまうと、赤本NG集リリースのタイミングも難しくなります。実は、今回それで失敗しました。某M大A大C大R大は、確かに受験者の多い大学ではありますが、プリントを取りに来る子に対処できれないほどではなかろうと高をくくって、四大学一挙リリースしちゃったら…。

 ちょっと校舎側にもご迷惑なくらい、取りに来た生徒さんの「海」になってしまいました。反省。~_~;;;;

 例年、こんなことはないんですけどねえ。

 横浜の某W大志望者のクラスは、人数が多いクラスではありますが、MACR大を全部受ける子なんてそんなにいないだろうし、例年、この辺の大学のプリントで人が殺到しちゃうなどということはないのですが…。

 どうも、今年の受験生の動きをイマイチつかみきれてないかも。

 そういえば、今年は、赤本チェックのリクエストが大変多く、すでに関西私学を三校も受け付けています。これも例年にはないこと。

 もしかすると、新テストの混乱やら某W大の入学定員の適正実施やらも影響してるのかしらん。

 ともあれ、月火とハードな仕事の海を潜り抜けて、ホッとしている今日水曜は、書斎の机上にチェックしなきゃならない赤本コピーの海。~o~;;;;;

| | コメント (0)

«月とこきん亭の秋