« 窮地と我ながら不思議なオプティミズム | トップページ | 後悔と安堵と「みんな、すまねえ!」 »

2006年8月12日 (土)

目の回る忙しさと不思議な光明

 一日六時間の授業を移動付きでこなし、授業の合間に家へ帰って執筆、さらに旅行の準備と目の回る忙しさ。ブログなんて書いてる場合じゃありません。~o~;;

 でも、どういうわけか、こういう時の方が集中力が出てくるんでしょうねえ、授業は大変順調(のような気がするのだが、どうなんだろ)。午前中は、高一の東大受験のための講座なんだけど、みんな集中して聞いてくれてるし、午後の授業も今日はマアマア。原稿の方も、今朝、電車の中でアイデアが突然ひらめき、なんとかなりそうです。

 ただし、光明が見えたように思えても、実際には終わってみないと判らないワケで、授業の方は、明日アンケートだし、原稿は、明後日の昼頃まで。とりあえず、明日の授業アンケートがどうなんだろうねえ。まー、心配してもしょーがないので、早く寝よっと。

|

« 窮地と我ながら不思議なオプティミズム | トップページ | 後悔と安堵と「みんな、すまねえ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目の回る忙しさと不思議な光明:

« 窮地と我ながら不思議なオプティミズム | トップページ | 後悔と安堵と「みんな、すまねえ!」 »