« 祝「日本酒」独立記念日 | トップページ | 頑張れ「ダイエーホークス」 »

2006年10月29日 (日)

生き字引様の痛快~『純米酒を極める』

 「日本酒」を独立させたついで、と言ってはナンですが、以前購入して読んでいなかった『純米酒を極める』(上原浩著 光文社新書)を読んでみました。

 購入してから読んでなかったのは、「酒は純米」という著者の主張に、ちょっと反発を感じていたからです。純米にこだわらなくても美味けりゃ良いだろー、というのがワタシの基本的な姿勢なもんですから。

 でも、この本を読んで、純米にこだわる著者の言い分も理解できるようになりました。著者は、鳥取県工業試験場に長年勤務し、酒造技術指導の第一人者で、『夏子の酒』の「上田先生」のモデルにもなった「酒造界の生き字引」なのだそうで、兎に角酒造りに関する知識と経験がハンパではありません。そのため、あらゆる技術に通じていて、醸造の裏ワザ的新技術をたくさん紹介してくれています。ナルホド、これだけ誤魔化しの技術があったら、生半可にアル添を認めてた日にゃあ、ワケの判らない酒が出来ちゃいますよね。「純米」以外は日本酒にあらず、と言いたくなる気持ちも判ります。

 でも、やはり、消費者の一人としては、少量のアルコール添加で吟醸酒の上立香を立たせる技術は残しておいてほしい気がするんですよね(著者もこの技術を認めてはいるのですが、一方で、それを「日本酒」と呼ぶな、と主張しています)。著者は、上立香の強すぎる酒は料理に合わないと言います。確かにワタシもそう思います。でも、食前酒として上立香の高い吟醸酒を一杯というのは、気分が華やかになって良いと思うんだけどなあ。別に何杯もそれを飲もうというのではなく、大吟醸の上立香を一杯楽しんだ後、食事に合わせてしっかりした純米酒を一合、なんていうのは心豊かな感じがして良いと思うんですよね。

 だから、「酒は純米、燗ならなお良し」という著者の主張に全面的に賛同するつもりはありません。それで、この本の前半は、正直、押し付けがましい感じがして、ちょっと抵抗がありました。「この人、『のだめ』的に言うと、『オレ様』なんだろな」と思ってました。でも、後半の「米とつくりの重要性」あたりからの「愛情余っての醸造界への提言」は、読んで楽しいです。大いにうなづかせられるところが多々あります。「酒を知らない酒造家」や「酒に愛情のない酒販店」「何も分かっていない本の著者」なんてのをぶった切ってく様は、水戸黄門の最後の十分間みたいで、痛快です。

 「酒は純米」には全面的には賛成できないし、人肌の燗の美味さを認めるのはやぶさかでないにしても、それ以外を否定されちゃうのはちょっと心外なんですが、それを割り引いても、気持ちの良い本です。著者の醸造に対する深い見識と愛情がうかがわれて、清清しい感動があります。何より、日本酒マニアとしては大いに勉強になります。日本酒を好む人、これから飲んでみようと思っている人には、是非読んでもらいたい好著です。

 こういう本が、『バ○の壁』だの『国○の品格』だのという「炭をかけまくった三増酒」みたいなベストセラーよりも、たくさん売れる世の中になってくれませんかねえ。~o~;;

|

« 祝「日本酒」独立記念日 | トップページ | 頑張れ「ダイエーホークス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き字引様の痛快~『純米酒を極める』:

» _●伝統の酒造りを体験 伏見 洗米などに参加者ら奮闘 [お酒ブログ情報トラックバックセンター]
日本酒に親しんでもらおうと「酒造り1日体験コース」が4日、京都市伏見区の酒造会社「黄桜酒造」で行われた。参加者は伝統的な手法による酒造りに挑戦した。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 23時55分

» _●しなの百景:新酒の仕込み盛ん−−諏訪 /長野 [お酒ブログ情報トラックバックセンター]
 25日は酒造りの初期段階で麹(こうじ)菌を米に均一に付ける「床もみ」という作業が行われていた。蔵人たちは蒸した米をつぶさないよう丁寧にかき回していた。麹づくりを経て、タンクに仕込み、20日前後、発酵させると新酒が出来上がる。タンクが備えられた蔵の中は甘酸っぱい酒の香りがしていた。28日には初しぼりが行われ、12月初旬に新酒として発売される。... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 20時21分

« 祝「日本酒」独立記念日 | トップページ | 頑張れ「ダイエーホークス」 »