« 魂なき問題と魂の戦いと | トップページ | 「コンジョー!」の勝利?! »

2007年2月23日 (金)

魂は戦い、頭脳は敗れ、しかして体は

 野沢スーパーG大会、初日終了しました。46番スタートの54位。うーむな滑りでした。コンディションは悪くなかったんですがねえ。~o~;;

 初日のセットは、名物カスミのコーナーの一つ手前の旗門を落ち込みの際に立ててあり、いかにも危なそう。インスペクションの時の説明でも、ここは数旗門前からライン取りを高くして備えるようにと言われ、自分でもここだけは気をつけなければと思って頭の中で何度もシュミレーションしてみた旗門だったのに、ものの見事にやっちゃいました。~o~;;;

 数旗門前からラインを高く取って、気をつけていたつもりだったのですが、自分の想定以上にスピードが出ていたのか、あるいは、ラインを高く取ったつもりが、実は自分のイメージしたのよりダイレクトにアタックするライン取りになっていたのか、あるいは、その両方なのか。

 アッ、と思った時には問題の青の第11旗門が迫ってきていて、ヤバいと思って素早く切り替えたつもりが間に合わず、旗門の下の落ち込みで板を横にして、ほとんど一回ストップ。あまりの失敗に、チラっとDFが頭をよぎったのですが、取り敢えず諦めずに行ってみようと気を取り直し、そこから先は気持ち良く滑れました。

 大失敗を一度した割には、そこそこの順位です。失敗の後、諦めなかったのが良かったんでしょう。そういう意味では、「魂」は戦ってたのかな。でも、「頭」が、十分働いてなかった上に、技術が・・・。

 このスーパー大回転という種目、昨日書いたように、恐怖心との戦いがポイントなのですが、もう一つポイントなのがライン取り。多分GSよりもはるかにライン取りが大事なんです。我々が出場する程度のレースでは、GSのライン取りなんて極論しちゃえば全部旗門の近くを通っとけば良いんです。ところが、スーパーGの場合、決して近くに寄ってはいけない旗門なんてのがあったり、必要以上に高いライン取りをしなきゃいけない旗門があったりするので、その判断が重要なんです。

 つまり「魂」も大事だけど、「頭」が大事だということ。今回は、「頭」で負けたかな~という感じです。明日は、もうちょっとしっかり「頭」を働かせなければ。

 初日の優勝は、渡辺一樹デモでした。一樹デモ、四年前にワタシと同時に出場し始め、この四年間、大半のレースで優勝しています。さすが元ナショ。実は、ワタシの今泊まっているホテルSアントンに同宿していますが、それについては、また明日にでも。今日は、もう眠いっす。疲れました。寝ます。~o~;;;

|

« 魂なき問題と魂の戦いと | トップページ | 「コンジョー!」の勝利?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂は戦い、頭脳は敗れ、しかして体は:

« 魂なき問題と魂の戦いと | トップページ | 「コンジョー!」の勝利?! »