« おしまいの日その一~かぐらアウトロー伝説 | トップページ | 怖い話のミスキャスト »

2007年5月28日 (月)

おしまいの日その二~暴力的で感傷的なフィナーレ

 最終日のかぐらは、午後ガスが出て、やや視界が悪くなりました。そのせいか、三時半頃には帰る人達が徐々に出始め、最後の一本は比較的空いていました。

 スキーヤーがみんな去り、コブが残されていました。最後の一本は片付けモードのパトロールに追い立てられるように、薄くガスのかかるコブ斜面を大回りしました。例のK嬢は、「最後くらいは転ばずに一本滑りたいデス」と少し慎重だったのですが、結局、最後の最後でデカいコブにつかまり、大転倒しました。アハハハ。

 それにしても、「かついで上って、もう一本!」って言い出すあたり、たいしたモンです。この期に及んでそんなことやったら、パトに思いっきり怒られるヨ。~o~;;;

 かぐらのフィナーレはいつも、突然です。小学校のグラウンドで缶蹴りが佳境に入ると鳴り出す下校のチャイムみたいに、いきなりです。それは暴力的なほどに唐突にゲレンデにいる全員に襲い掛かり、圧倒し、なぎ倒します。特に、「月山」の予定を持たないワタシには・・・。

 最終ロープウェイ着後のみつまたロープウェイ下り場には、打ちひしがれて感傷的な人々が集います。何時までも帰りたくない、そんな気分の尻尾を引きずって三々五々と散っていきます。また会おうゼ、みんな。

 さあさあ、これから一ヶ月は、労働強化月間です。働かなくちゃ。七月のNZまでっ!~o~ 

|

« おしまいの日その一~かぐらアウトロー伝説 | トップページ | 怖い話のミスキャスト »

コメント

最終日のかぐらはなぜか、同じ状況が多いですね。午後からのガス、小雨...そして、夕方には人が一気に減るのも同じ。そ、そして...下山のロープーウェイで人々が感傷的になっているのも、毎年の光景ですね。

今年は私は、その「一大イベント」に参加できず残念でした。

(まあ、私には月山がありますが。)

投稿: Shu | 2007年5月29日 (火) 20時40分

 そう言えば、今年はShuさんがいなかったんだねー。

 今年のかぐら最終日は、意外に人が多かったですよ。スクールレッスンが盛ってました。八海山関係の知り合いは、意外に少なく、一緒に滑ったペンションY常連さんだけでした。

投稿: Mumyo | 2007年5月30日 (水) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おしまいの日その二~暴力的で感傷的なフィナーレ:

« おしまいの日その一~かぐらアウトロー伝説 | トップページ | 怖い話のミスキャスト »