« 薄氷のウィナー、チャンピオン達に囲まれて | トップページ | ラブストーリーは単純に~ドラマ『のだめヨーロッパ篇』の研究その二 »

2008年1月21日 (月)

切り替えモタモタ

 今日から、センター試験明けの授業です。久々の予備校屋モード。それも、いきなり朝の一番から夕方まで横浜というバリバリに厳しいスケジュール。

 毎年、こういう場合も上手く切り替えているのですが、今度は何だかスパッと切り替えられません。朝イチはモウロウとして足元がスキーしてる感じでした。教室へ入っても口が回りません。うわー、ダメだこりゃ。

 しかも、センター試験の古文問題が例年とガラっと変わったため、今まで授業で言ってきたことがけっこうウソになっちゃいました。それにつけても、どうコメントしたら良いやら。まーったく、いきなり文学史復活させちゃうんだものなー。~o~;;;

 もっとも、文学史復活と言っても、実際にはほとんど表現の問題でした。問六の選択肢④と⑤を切るのに文学史の知識が必要なのですが、良く見ると、④に「式亭三馬の『東海道中膝栗毛』」、⑤に「十返舎一九の『南総里見八犬伝』」となっていて、『膝栗毛』と「一九」を結び付けられれば、両方切れるようになっています。

 多分、出題者も恐る恐るの出題だったのでしょう。なにしろ、前回文学史出した時に、異常に正答率が低くて総スカンを食ったという経緯があったのでねえ。今回は精一杯簡単にしたつもりなんでしょう。しかし、なんだか中途半端な出題ですねえ・・・。~o~;;

 などと考えているうちに、すっかり予備校屋モードにもどりましたとさ。~o~

|

« 薄氷のウィナー、チャンピオン達に囲まれて | トップページ | ラブストーリーは単純に~ドラマ『のだめヨーロッパ篇』の研究その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切り替えモタモタ:

« 薄氷のウィナー、チャンピオン達に囲まれて | トップページ | ラブストーリーは単純に~ドラマ『のだめヨーロッパ篇』の研究その二 »