« 地盤沈下の気分 | トップページ | スキー上達法の考察~来年の地区予選に向けて »

2008年1月28日 (月)

解放感、でも約一割ほどの反省

 東京都スキー技術選手権大会最終日終了しました。今日も車山は快晴。今年は本当に天候に恵まれました。

 最終日の決勝は、整地急斜面小回りから。朝のキレイな斜面だったので、思い切って行けたはずなのですが、得点全く伸びず。ビデオを見ると、体が後ろに残って、止めるエッジングになってます。なんだこりゃ!? ここで、ちょっとキレました。何やってるんだ、オレわっ!?

 二種目目はヴィーナスコース最上部からの大回り。昨夜、なんとなく考えていたことを思い出しました。今年は目立つことやってないなぁ。

 大回りスタート地点のヴィーナスコース最上部は、細い急斜面に小さなボコボコのある通路から始まり、大きなデコに向かって滑っていって、そこで下が全く見えないほど急激に落ち込みます。選手の皆さんはほとんど、そのデコの上で1ターンするパターンを取っていました。よーし、オレは、絶対人より長くクローチングで直滑降して、1ターン目をデコの下でやってやろう。

 他の選手のシュプールが途切れる所まで急斜面をガマンしてクローチング。デコの下へ入り込んで最初のターンに入った時には、限界に近いスピードが乗っています。デコの下で多少、飛ばされたりもしましたが、かまわずスピード任せにターン。予選の時とは全く反対の、気合とスピード系大回りをかましちゃいましたぁ。あーー、スカっとしたぁー。~o~

 終わって得点を見たら、予選の時からは考えられない高得点。なーんだコレで良かったのかぁ・・・。~o~

 後でビデオを見たら、予選の時、低い評価だったジャッジ達が高い得点を与え、唯一、予選の滑りを評価してくれたジャッジが、決勝大回りは一人だけ低評価でした。ナルホド、全く違うパターンだったもんね。

 決勝最終種目は、コブ小回りでした。車山は、基本的に人工雪のスキー場で、寒冷地なので、コブはほとんど出来ないし、出来ても超硬くなります。水曜日に雪が降ってくれたので、コブにはなってますが、超硬いです。結構えぐれたラインが出来てるし、所々ツルツルの青氷アイスバーンもあります。この時点で、畏友H氏とは8点差。コブ得意のH氏であることを考えると、まず逆転はありません。あーあ、昨年に続いてH氏には負けたなぁ。

 と思っていたところ、ナント、別の班で早く滑ったH氏がアイスバーンの箇所で転倒。H氏にはあるまじき低い得点となりました。こういうことを言うのも何ですが・・・、チャ-ンス!~o~;;

 正直言うと、気持ちはちょっと守りに入ってたかもしれません、でも、今の自分の技術を精一杯出した滑りをしました。だいたい守りに入って滑りきれる斜面じゃありません。練習の時もあんまりマトモに降りられなかった斜面ですから。二割ほどは守っても八割は必死に攻めるってとこです。少なくとも、ある程度の技術を見せる滑りが出来たと思います。結果は、ナント、トータルでH氏をちょっとだけ上回る高得点。大逆転でしたー。

 というわけで、ワタシは、今年の東京都で70番目にスキーの上手い男です。~o~

 終わってみると、なんとも言えない解放感です。これが、東京都技術選の醍醐味でしょうねえ。でも、なんだか、喉元過ぎて熱さを忘れそうなので、ちょっとだけ反省も書き留めておきます。来年は、少し早めに車山に入って、斜面とマテリアルと体をアジャストさせなければいけません。特に、小回りは。ここ一、二年小回りが進歩したので、忘れてました。ワタシ、実は小回り下手だったんたんです。それと、他人の滑りばかり気にしないで、自分の長所をアピールするような滑りをした方が良い結果が出そうです。それも反省点でした。

|

« 地盤沈下の気分 | トップページ | スキー上達法の考察~来年の地区予選に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解放感、でも約一割ほどの反省:

« 地盤沈下の気分 | トップページ | スキー上達法の考察~来年の地区予選に向けて »