« Zermatt迷遊記~禁断の森からの帰還または夢の出口 | トップページ | Zermatt雑記 »

2008年3月 9日 (日)

Zermatt残夢

 今日の昼、帰国しました。ZermattからMilanoを経て16時間余りをかけて成田へ、約20時間後にようやく八王子へ戻りました。やっぱ、ヨーロッパは大変だ。

 Zermattで経験したことの切れ端をいくつか書き並べておきます。

 まず、時差ですが、意外に楽にクリア出来ました。ヨーロッパと日本は8時間の差があり、病気のため規則正しい生活を求められるワタシとしては、ちょっと危険だったのですが、何とかなりました。ポイントは、飛行機に乗ったら、向こうの時間に時計を合わせて、その気になること。例えば、成田を14時に発った時は、「今は朝の6時だから、もう寝ちゃいけない」と思い込んで、ミラノに着くまで起きてる、ミラノを15時に出た時は、「今はももう夜中の11時だから、何か食べたら寝ちゃおう」と機内食の後、すぐに寝ちゃうと言った具合。これだけでけっこう対応出来ちゃったのは、ちょっと不思議かも。

 Zermattのスキースクールイントラさんは、スイスカラーの赤を着ているのですぐ判るのですが、どうも玉石混交かも。日本的に見ると、「アレッ?!」って思うような人もいます。コブを教えてるのを見た時も、これなら我が八海山のイントラさんの方が絶対上手いと思いました。しかし、中には目を見張るような人もいて、Sunneggaで最終日に見たイントラは、遠くのリフトから見てもハッキリ判る程のキレキレの小回りをしていたので、「コイツただ者ではないかも」と思っていたら、Nationalの急斜面でいきなり、吉岡大輔選手並みに早い倒し込みで、内手を付いて大回りを始めました。すげーーっ!!

 まあ、考えてみればここはスイスなんだから、ナショ崩れかナショに成り損ないくらいの人がイントラに成っていれば、「吉岡選手並み」どころじゃないのは、当たり前か。~o~;;

 帰国時にミラノマルペンサ空港で昼食を取ったのですが、イタリアの空港だからとスパゲティ・ポモドーロを頼んだら・・・。うーーーーーみゅ、これはウドンの出来損ないぢゃなひのかひ・・・。イタリアだからって、必ずしもアル・デンテじゃないのネ。~o~;;

 今回、何処へ行っても感心させられたのは、ワインの美味しさ。どんなに安っぽいワインでも、まういーーー!ゲレ食はもちろん、往復のアリタリア航空の便の中のワインでも美味いです。ガイドさんに、何故日本で飲むのとこんなに違うのか、と聞いたところ、日本に輸入する段階で、船便はもとより航空便であっても、キチンと温度管理して運んでいるはずはないから、とのこと。うーーみゅ、やっぱそうだよね。NZで飲む日本酒は、どんな物でも大抵マズいものネ。~o~;;;;

 Zermattは、基本的にドイツ語圏らしいのですが、さすが国際的観光地、フランス語・イタリア語・英語などの複数の表示が、大抵の所にされています。ホテルでもショップでもスキー場でも、英語でバッチリ通じます。まあ、ワタシは例によって、度胸とハート・ツー・ハートのコミュニケーションでしたが・・・。~o~;;;; 

|

« Zermatt迷遊記~禁断の森からの帰還または夢の出口 | トップページ | Zermatt雑記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Zermatt残夢:

« Zermatt迷遊記~禁断の森からの帰還または夢の出口 | トップページ | Zermatt雑記 »