« 春の嵐な日再び | トップページ | 小回りへの展開、そして貴婦人との再会 »

2008年4月12日 (土)

悪雪と戦う日々

 昨日のかぐらは一日ガスのような細かい雨でした。霧雨がジワジワと体を濡らしていきます。視界も悪く、考えられる限り最悪のコンディション。あまりの悪コンディションに、早めにかぐらを切り上げてみつまたへ下ってみたのですが、みつまたも同様であるのに加え、クザクザ雪の荒れたバーン。おまけに霧雨の沁み込んだグラブはあまりに冷たく、ほとんどガマン大会になってしまいました。まあ、自然を相手のスポーツなので、そんなこともあります。

 そんな悪コンディションなら、早く上がれば良かったのですが、結局四時頃まで滑ってしまいました。馬鹿だねー。~o~;;;

 夕方、みつまたから尾瀬丸沼のペンション「Kのみテラス」さんへ移動。相変わらず、メシが美味いっす。おまけに最近、酒もなかなか良い物を置いてあって、川場村の「水芭蕉」純米は、ジワっとした酸味で料理を引き立ててくれました。

 今朝は、「幸せの朝食」の後、岩鞍に移動。今日明日と、尾瀬岩鞍で、新デモンストレーターが一般スキーヤーにレッスンを行うテクニカルスキークリニック、通称「デモクリ」です。「デモクリ」というのは、けっこう昔から行われていたらしいのですが、ワタシ、実は今年初参加です。右も左も判らず、ちょっとドキドキでした。

 松田富士人デモのクラスに振り分けられて、松田デモのレッスンでした。天気は快晴でちょっと暖かく、スタートハウス付近は、スキーウェアをマトモに着ていると汗ばむような陽気でした。尾瀬岩鞍は、ここ何日かでかなり雪が無くなったようです。明日でクローズドというのもこの陽気では致し方ないのかも。

 ところが、ゴンドラを上がって西山ゲレンデは別世界でした。ちょっと寒いくらいの気温で、バーンもしっかり締まっています。キレイにピステンが掛かっていて板が滑る滑る。思いっきり気持ち良いカービング天国でした。うわーなんて良いコンディションなんだーと思いました、朝の一本だけは・・・。~o~;;

 一本リフトを下って女子国体沢コースに入ると、突然モサモサグサグサ雪が待っていました。そこからは悪雪、難雪との戦い。ま、この季節なんだから当然と言えば当然か。

 松田デモの与えるレベルの高い課題をこの悪雪の中でこなすのは、けっこうホネでした。つか、大回りにせよ小回りにせよ、ほとんどの課題をこなせてなひですぜっ・・・。来シーズンに向けて、いろいろと宿題をもらってしまった一日だったのでした。~o~;;;

 それにしても、松田デモって良い男ですねー。昔からスキーヤーとしてはお名前をうかがっていたのですが、こんなに良い男とは思っていませんでした。所謂「イケメン」というよりは、ちょっと苦みばしった二枚目で、おまけにナイスガイ。技術的な説明も丁寧だし、用具の説明なんかにしても客の立場に立ってくれてる感じで、好感度高いです。心無い客に不躾なこと言われてもイヤな顔せずに応対してくれました。

 さて、明日も半日松田デモのレッスンです。明日は少しはマシな滑りをせねばっ。

|

« 春の嵐な日再び | トップページ | 小回りへの展開、そして貴婦人との再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪雪と戦う日々:

« 春の嵐な日再び | トップページ | 小回りへの展開、そして貴婦人との再会 »