« 試乗会ミルフィーユな日々 | トップページ | 冬と春の分水嶺 »

2008年4月 8日 (火)

春の嵐な一日

 いやー、忙しかった。今日は、午前中、車のディーラーさんに行ってきて、帰宅してすぐに御茶ノ水へ模試作成の会議に出かけ、会議を済まして吉祥寺へもどり夜の授業、夜の授業後、自宅へもどって苗場に車を飛ばし、今、苗場です。折しも今日の東京は春の嵐。嵐のような一日でした。

 模試作成会議に出席した先生方、みんなやたらに仕事を抱え込んでる様子。タイヘンですねー、と他人事のような顔をしてきましたが、何時こちらにお鉢が回ってくるやら・・・。ちょっと怖いです。~o~;;;;;

 吉祥寺の夜の授業、まあまあ上手くまとまりました。授業後のアンケートもまあまあ。「古文の授業を初めて楽しいと思いました」という古文屋冥利に尽きる感想もあり、まず成功した部類でしょう。

 生徒さんに「役に立った」「判りやすかった」と言われるのも嬉しいのですが、ワタシゃ一番嬉しいのは「楽しかった」です。楽しいと感じてもらえれば、その子は伸びますからね。それに、古文てのは、正しく学問的に突っ込んでいけば、本来、楽しいはずのモンなんです。なかなかそう思ってもらえませんけどね。

 明日は朝からかぐらです。あー、もう寝なきゃつ。~o~

|

« 試乗会ミルフィーユな日々 | トップページ | 冬と春の分水嶺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐な一日:

« 試乗会ミルフィーユな日々 | トップページ | 冬と春の分水嶺 »