« さらば奥丸~くたばれGW! | トップページ | 髪を剃る始まりと予備校屋としての幸せ »

2008年5月 6日 (火)

と日記には書いておこう日本酒とスーリートミュージシャンの備忘録

 昨日は仕事の後、吉祥寺の居酒屋「蔵」で夕食をとりました。一杯目、山形県楯の川酒造さんの「楯野川 中取り純米 出羽燦々」は、ほのかに甘い上立香がして、含むと軽い甘みと旨みがジワっとわき、サラリと切れる良い酒でした。特に切れ方が印象的です。雑味の無さがこの切れを生んでいるんだと思うけど、久々に印象に残る良い酒でした。楯の川さんを見直しました。これは、覚えておきたい酒なので、日記に書いておきます。

 んで、二杯目に新潟県J市某酒造のNという酒の純米酒をいただいたのですが・・・。ワタシゃ日本酒を注文して残すということはほとんどしません。もったいないし、何かしら良いところがあるものだから。ところが、この酒は・・・、本当に久々に一合の半分以上残して帰りました。

 まず、含んで昔の安酒のイヤな匂いがします。続いて、ベタっとした感じのアンバランスな味わい。まるで、大昔の三増酒を飲まされたような気分になりました。これでは、同じ「もったいない」でも、肝臓を消費するのがもったいなくなります。こんな不味い酒、久しぶりだなぁー。純米も何もあったものじゃありません。イマドキの酒じゃないですね。

 こんなものを「昔ながらの酒の味わい」などと言ってありがたがる人もいるんでしょうねえ。まー、好みの問題なんで他人様のことをアレコレ言う気はないけど・・・。

 この酒造の酒は、以前飲んだことがあったはずなのですが、こんなことは無かった気がします。でも、そんなことはもうどうでも良いです。間違いなく言えることは、もうこのNという酒は絶対に注文しないということ。忘れるといけないので、これまた日記に書いておきましょう。

 今日、もう一度「蔵」に行ってみると、なんと、Nがメニューから外れています。うーむ、客が残していったことに対する素早い対応なのか、それとも単に売り切れちゃったのか・・・。代わりに長野県佐久大沢酒造さんの「勢起 純米大吟醸槽搾り」が入っていました。佐久の大沢酒造って何を作ってるんだっけ、と考えていたら、「明鏡止水ですよ」と店員さんが教えてくれました。あー、そっか。~o~

 大沢酒造のお婆ちゃんの名前が「勢起」なんだそうです。ちなみに、ラベルの文字は、吉祥寺のあの辺に住む書道家の方の筆跡だとか。

 こいつぁ、美味いです。甘い上立香、含むとキレイな酸があってズシリと濃厚な旨味が沸き、ふつりとキレます。やや旨味が濃過ぎるため、食事に合わせるというよりは、主役になってしまう感はありますが、でも、これだけ美味きゃ大満足。これも日記に書いておきたい名酒でした。

 駅までの帰り道に、ちょっと洒落たストリートミュージシャンを見かけました。ギターとアコーディオンとウッドベースという変わった取り合わせ。ボーカルも個性的な声で、かなりインパクトあります。インディーズならかなりのレベルじゃないでしょうか。「ふうじんざ」というんだそうですが、歌詞にもう少しインパクトがあったら、メジャーでもイケると思うんだけど・・・。まあ、これも一応日記に書いておきましょうってことで。~o~

|

« さらば奥丸~くたばれGW! | トップページ | 髪を剃る始まりと予備校屋としての幸せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: と日記には書いておこう日本酒とスーリートミュージシャンの備忘録:

« さらば奥丸~くたばれGW! | トップページ | 髪を剃る始まりと予備校屋としての幸せ »