« 昔の人はすごかった | トップページ | おどろきさまざまの日 »

2009年4月 1日 (水)

忘れられた初めてのキスのように

 昨日、今日とかぐらで滑ってきました。今日のかぐらは曇り時々小雪。ガスが掛かってかなり視界が悪く、あまり良いコンディションとは言えませんでしたが、ともかく空いていて雪はありました。

 見えたり見えなかったりの中を昼まで滑って、夜の授業のために12時ちょうどに上がって帰京。八王子に着いてみると、道路両脇の桜並木が花を付けています。桜のことなどすっかり忘れていたので、ちょっと驚きました。まだ、三分咲きと言ったところなのでしょうか、そっけないほどささやかでいながら、雨に濡れて瑞々しく咲いています。忘れられた遠い昔の最初のキスのよう・・・、などと書いててこっぱずかしくなるようなことを考えてしまいました。イヤハヤ。~o~;;;;

 夜の仕事の後、例の横浜の居酒屋「坐久丸」さんで夕食。一杯目は福島県高橋庄作酒造さんの「花さくら」。五百万石で仕込んだにごり酒なのですが、こりゃんまい!にごりのまったりした舌触りがかすかにあって、キレイな酸が広がります。酸とにごりの微かな甘さが絶妙のバランスで、ゴクゴク飲めちゃいます。アブナイ酒だー。

 二杯目は山形県藤屋酒造さんの「純米吟醸 秘めごと」。いやー、こんな酒全く耳にしたことなかったですけど、んまい!穏やかでさらりとしていながら、押さえの利いた上品な酸と旨味。ちょっと収まり具合の品の良さが、群馬の貴婦人「純米吟醸 町田酒造」に似ています。かすかに上品な色気のあるところは、今日見た八王子の桜並木のようでもあります。

 三杯目は広島県竹鶴酒造さんの「純米 竹鶴 12BY」。平成12年に仕込まれた古酒だけあって、すっかりアメ色です。「古酒が嫌いでも飲めます」という店主の言葉にそそのかされて頼んでみたのですが、古酒嫌いのワタシでもイケちゃいました。紹興酒に近い味わいですが、紹興酒よりもアッサリと飲めます。でも、もうこの頃はかなり酔っ払っていて・・・。美味かったけど、細かいことはよく覚えてませーん。~o~;;;

|

« 昔の人はすごかった | トップページ | おどろきさまざまの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられた初めてのキスのように:

« 昔の人はすごかった | トップページ | おどろきさまざまの日 »