« 耳は足りていますか?~内弟子Yのこと | トップページ | 最後の秘境 »

2009年10月26日 (月)

哀愁の家具センター

 昨日は、所用で千葉に行ってきました。東京駅で京葉線に乗り換えたのですが、もうすでに駅の通路を歩いている時点から、タイムトンネルの中を歩いているような錯覚に陥りました。京葉線に乗り込んで、舞浜を過ぎると、車窓の風景は一気にあの頃へと飛んでいきます。ゴミゴミした海辺の倉庫と工場続く風景の向こうに、あの銀色の恐竜の背中が・・・。

 見えて・・・きません。あの頃、胸を高鳴らせて車窓から見ていた銀色の屋根は。ザウスはもうないんだなぁ、と改めて実感させられました。

 ワタシゃザウスで上手くなったスキーヤーです。ザウスに通い始めて、色々な技術を覚えました。それまで、新潟の柔らかい雪でしか滑ったことがなかったワタシは、ザウスで硬い雪の滑り方を覚え、ザウスでスタンスのコントロールを覚え、ザウスでしっかりしたエッジングを覚えました。ザウスで初めてカービングスキーに乗り、様々なニューモデルを試しました。

 自分で言うのもナンですが、ザウスに通い始めて一年は、本当にスキー技術が見る見る進歩しました。本当に、朝、目が覚めると上手くなっているというぐらいのスピードで上手くなったのは、後にも先にもあの時だけでしょう。

 日曜祭日だけでなく、仕事の合間にも通いました。夜の仕事がない日は、夕方からザウスに行きました。二時間以上滑れる余裕があったら必ずザウスに通いました。土曜の午前中ザウスで滑り、御茶ノ水で午後の高校生の授業をしたこともしばしばあります。二日以上続けて通える場合は、船橋のビジネスホテルに泊まって、ザウスに通ったりしました。

 そこまで通い詰めても、超常連さん達の間では、せいぜい常連番付の前頭筆頭程度。横綱と三役がいたんです。東西の横綱なんて、ザウスの営業日は全部通ってたと思います。

 いま、ザウスの跡地は、「IKEYA」という家具センターとマンションです。斜面のあった場所に家具センターがあり、リフト乗り場やレストランのあったあたりがマンションです。今は、跡形もありません。でも・・・、アレがそびえ立っている姿は、まだ脳裏に浮かんできます。消えてしまった我が永遠のホームゲレンデ、ザウスよ。

|

« 耳は足りていますか?~内弟子Yのこと | トップページ | 最後の秘境 »

コメント

無名講師さん こんにちは

そうですね ザウスは懐かしいですね。
どうして○つみさんあたりが日本のスキー界の発展の為に
買ってくれなかったのかと今でも思います。

私もシーズンオフの東京出張の際は時間を
作って滑りに行ってました。
オールレンタルで2時間で1万ぐらいで、偉く
高く付いた思い出が有ります。
それでも夏にスキーが出来て大満足でした。

いよいよシーズンインですね。今シーズンは
どんなシーズンになるか楽しみです。

投稿: まさ | 2009年10月27日 (火) 20時14分

 ども、書き込みありがとうございます。

 確かにザウスは割高だったですよね。今思えば、よくあんなところに通ってたと思います。怖くて、年間いくらかかったか計算しませんでした。~o~;;;;

 しかし、常連番付横綱の人なんて、毎日通った上に、行くと必ずスクールレッスンに入ってましたからねえ…。あの人はすごかった。~o~

投稿: Mumyo | 2009年10月28日 (水) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁の家具センター:

» 家具高価買取リサイクルショップ販売情報ネットナビ [家具高価買取リサイクルショップ販売情報ネットナビ]
家具高価買取リサイクルショップ販売情報ネットナビの情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年10月27日 (火) 15時28分

« 耳は足りていますか?~内弟子Yのこと | トップページ | 最後の秘境 »