« 予想通りながら | トップページ | 終わりと始まりの静かな夜 »

2010年1月19日 (火)

予想通りの行方

 昨日、今日とセンター後の授業をしています。どうやら、予想以上に生徒さん出来なかった模様。どの校舎へ行っても、古文が出来なかったという話を聞かされます。こちらの予想通りの問題だったんですけどねえ。

 「授業中に予想した通りの問題だったので、みんな出来ましたよね」と言うと、とっても微妙な反応が返ってきます。どうやらホントに出来なかった模様。でも、オレのせいじゃないぞー。~o~;;;

 やはり、問題文長過ぎですね。昨年よりちょっと短くなりましたが、それでもセンター史上二番目の長さ。しかも、和歌の出題が昨年より難しいです。アレは、和歌修辞に対してコンプレックス持ってる生徒を意地悪く狙い打ちして引っ掛ける問題です。

 そもそも、掛詞なんて、キチンと説明出来る教師があんまりいないんだから、ああいう出題の仕方では出題しちゃいかんでしょー。半可通の教師に、いい加減に何でもかんでも掛詞という説明を聞かされた生徒さんは、掛詞に対して疑心暗鬼になっています。そういう心の鬼を狙い撃ちにする出題だったんじゃないでしょうか。

 こういう出題で、窮地に立たされるのは、マジメな生徒さんです。掛詞についていい加減な説明をした教師達は、反省なんてしやしません。センターの出題者さんもその辺の事情を判ってくれると良いのですが・・・。

 さて、予想通りで嬉しくなっちゃったのが埼玉県南陽醸造さんの「花陽浴」。酒屋で「花陽浴 純米吟醸 しぼりたて生」を購入して、今飲んでいるのですが、こいつぁ良いや!

 生の新鮮で爽やかな香りがして、含むとキレイな酸の刺激があり、ちょっと濃い甘みがあるのですが咀嚼するとハタリとキレイに収まります。見事!

 山田錦純米吟醸の出来から言って、このくらいはやってくれると予想していたのですが、それにしても見事。これで、四合瓶、1250円は破格のコストパフォーマンスです。これからますます楽しみになってきました。

|

« 予想通りながら | トップページ | 終わりと始まりの静かな夜 »

コメント

今年のセンター試験は古文以外の問題も昨年より難しかった様ですか?
私の友人の息子さんが、今年受験だと聞いていますので、チョット気に成っています。

投稿: taiji | 2010年1月20日 (水) 07時45分

古文漢文が例年より難しかったため、国語の平均点は下がりました。科目により多少出来不出来がありますが、全体としては、例年より平均点が低めのようです。
 
 しかし、平均点が低くても入試は相対的な評価なので、あんまり関係ないんですけどね。

投稿: Mumyo | 2010年1月20日 (水) 16時25分

古文をかなり熱心に読んでいるのですが、歌の解釈には往生します。掛詞、縁語等の理解はかなり難しいので安心しました。
文中の歌を読んで、おぼろげな感覚は掴むのです、こんな感じなのだなあ、と。細かい解釈となるとなかなかできません。悩みます。歌だから「感じたまま」でいいのか、「きちんと解釈」しなければならないのか。細かく解釈してしまうと味気ないものになってしまいますが。

投稿: 侘助 | 2010年1月21日 (木) 09時42分

ども、書き込みありがとうございます。

 趣味で古典作品を読んでいる限りは、
「感じたまま」で良いのではないでしょうか。
「きちんと解釈」したくても出来ない和歌もありますし。

 しかし、受験となると、ある程度、「きちんと解釈」が必要になります。まあ、「味気なく」ても構わないわけですから。~o~

投稿: Mumyo | 2010年1月22日 (金) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想通りの行方:

« 予想通りながら | トップページ | 終わりと始まりの静かな夜 »