« 撤退・卒業・展開 | トップページ | 情けないのは誰か »

2010年2月16日 (火)

目指す人々目指す力

 昨日は珍しく自宅に落ち着いて、雑用をこなす日でした。ゆっくり朝食を取った後、男子モーグル決勝を生で見ました。競技の前のアナウンサーの説明を聞いてビックリ。遠藤尚選手が決勝に残ってる!

 遠藤尚選手は、我が友人にしてコブ師匠のモーグラータクヤの中学生時代からのライバルで親友。てことは、友達の友達は、つまりワタシの友達だー!!~o~

 ワタシ自身もタクヤの応援で行った三年前のリステルの大会でお見かけしてます。昔は、エアは上手いけど、ターンはイマイチという感じでした。いや、もちろん、A級トップクラスの中ではという話ですけどね。~o~;;

 昔は、お兄さんの夏樹君の方が上で尚ちゃんはお兄さんを目指してやっていたはず。それが、尚ちゃんが夏樹君を抜いた段階で夏樹君は夢を弟に託して引退。尚ちゃんは、一家と地元の期待を背負ってW杯やバンクーバーを目指していたのでした。

 その尚ちゃんがなんとオリンピックの決勝にいきなり残っちゃったとわっ。それだけで大興奮だな~~~~~。いよいよ尚ちゃんのスタート順です。

 ワクワクしながらTVに見入っていたのですが・・・、すっげー!!!なんちゅうスピード、なんちゅうターンだ。あんなに上手くなっちゃったのね。

 あれが速いだけであれば、そんなに驚きません。あのレベルのモーグラーは、一か八かで直線的に下りれば、信じられないくらい超速いんです。

 例えば、二年前のリステルの大会で優勝した時のタクヤのタイムは、その翌週同じリステルのコースで行われたW杯で優勝した時のデール・ベック・スミス(トリノ金、バンクーバー銀)のタイムより速いんです。でも、だからって、タクヤがデール・ベック・スミスに勝てるわけではありません。ターン点が全然違うので。~o~;;;

 まあ、でも、速いことは素晴らしいことで、タクヤはしばらくの間、「デール・ベック・スミスより速い男」と呼ばれていました。~o~

 閑話休題。ともかく、尚ちゃんのターンは素晴らしかったです。世界基準のターンです。さすがに世界一のターン技術を持つヤンネ=ラハテラコーチ仕込みです。

 ここでまた余談ですが、NHKのアナウンサーは尚ちゃんのことを「四年間ヤンネコーチに指導された」と繰り返していましたが、あれは間違い。ヤンネはナショナルチームの中でもトップクラスしか指導しません。尚ちゃんがナショの中で頭角を現したのはこの二年ほど。ヤンネに教わったのは、多分、一昨年くらいからでしょう。

 それはともかく、世界の七位はスゴイ。競技終了後の談話でも、「四年後のソチでは金メダルを目指します」なんて力強く宣言しちゃってました。常に上を目指してきた彼らしい談話だと思います。オリンピックは独特の難しさがあるけど、彼ならそれを乗り越えるかもしれません。

 でも、これからは、ウチのタクヤ君も尚ちゃんを目指して奮起してくれるはず。頑張れ、タクヤ!お前なら出来る!

|

« 撤退・卒業・展開 | トップページ | 情けないのは誰か »

コメント

オリンピックのモーグル見てると、このスピードは何だと思うくらい早い。
里谷選手も転ばなければ良いとこにいたのに残念。
処で、師匠の理論に従えば、遠藤尚選手はタクヤ友達で、友達の友達は「つまり師匠の友達だー!!~o~」ですから、私も友達?
凄い事だ!
処で、今日大学でオリンピックの話をしたところ、タクヤの名前を知っている人がいました。
ニューヨークではタクヤ選手は有名人です。

投稿: | 2010年2月18日 (木) 05時28分

うーん、Taijiさんと尚ちゃんが友達とは…。
まっ、いーか。~o~

 タクヤがNYで有名とは、ちと驚きですね。
どーして知ってるんでしょう。よほどのモーグルマニアでもいるんですか。

投稿: Mumyo | 2010年2月18日 (木) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目指す人々目指す力:

« 撤退・卒業・展開 | トップページ | 情けないのは誰か »