« 甘口への挑戦を支持します | トップページ | 霧雨で見えない »

2010年5月27日 (木)

空調と予習の仕方の相関性

 この季節、予備校の教室は、ちょっと空調の効かせ方で苦労します。それほど暑いわけでもなく、さりとて寒いわけでもないからです。暑くも寒くもなけりゃ空調をかけなきゃ良いのですが、それだと空気が澱んだり湿気が高くなったりして、つい冷房を掛けたりするのですが、寒がる子が出てきます。

 こういう気候の場合、我々講師は、生徒さんより暑いと感じることが多いものです。我々は教壇の上にいるので、教室の上部に溜まった暑い空気に首を突っ込み、おまけに動き回っているからです。ところが、生徒さんたちは教室の低いところでジッとしています。だから、講師の方が暑がるんです。それで、講師はつい冷房を効かせたがります。今日も、講師の控え室で同僚の先生が、教室が暑いから温度下げてくれと訴えていました。

 ワタシは、こういう時、あまり温度を下げません。風邪をひかせたらいけないと思うのと・・・、スキーヤーとしてエコロジーをちょっと考えちゃったりして。~o~;;

 でも、ガンガン温度下げちゃった方が良いのかもと思わないでもありません。空調に気を使いすぎるのは、生徒さんをお客様扱いし過ぎるかなあ、と思うからです。ガンガン下げてしまえば、生徒眠れませんからねえ。でも、こんなことで生徒の不評を買うかもと思うと、つい気を使っちゃうんですよね~。~o~;;

 それにちょっと関連する話なのですが、今日の高校生の授業後、一学期途中から受講するようになった子が予習の仕方を聞きに来ました。ホントのところワタシは予習なんて自分のやりたいようにやってくれたら良いと思っています。そもそもテキストには設問が付いてるんだから自分で考えろよと言いたくなります。でも、一応説明しちゃいました。こんなことで生徒さんの不評を買いたくないから・・・。

 同僚の先生方を見ていると、こういう勉強法のことで熱心に指導する方多いです。中には、かなりユニークな勉強法を「正しい勉強法」として教えている人もいます。そんな時、勉強法なんかに、絶対的に正しい方法ってあるのかしらんとちと不思議に思ったりします。

 でも、イマドキの生徒さんはそういう指導を求めているみたいなんですよね。

 多分、今の生徒さんって子供の時から塾やなにかで、事細かに勉強法の指導なんかを受けているんじゃないかと思います。だから、自分で勉強法を工夫しようなんて思わないんじゃないかしらん。でも、それで良いんだろーか。

 例えば、問題の解法や文章の読み方などでも、我々はずいぶん事細かにやり方を指導してしまいます。生徒さんがそれを求めるから。でも、こんなに事細かにシステマチックに解法の手順やら読解の手順やらを指導しなきゃいけないんだろうか。

 多分、子供の時から塾やなにかでそういう指導を受けてるんだと思うんだけど、それって子供から自分で考える力を奪ってるんじゃなかろーか。

 昔の小西先生の参考書など読むと、余計にその感を強くします。なにしろ、小西先生、「太っ腹文法」ですからね~。ああいう方が子供に自分で考えさせることになって、結果的に子供のためになるんじゃないかしらん。

 我々は、子供をお客様扱いし過ぎて、子供の考える力をスポイルしてるんじゃなかろーか、などと思いつつ、今日も「なり」の識別法を事細かにシステマチックに説明しちゃったワタシなのでした。やっぱ、こんなことで生徒さんの不評を買いたくないから・・・。でも、なんだかな~。~o~;;;;; 

|

« 甘口への挑戦を支持します | トップページ | 霧雨で見えない »

コメント

方法を教わるのはいいのですが、それは数ある中の一つであって、最終的には、自分なりの法を見つける、と考えないのですか。
小西先生は「国文法ちかみち」で、参考書を読んだら、まとめを、自分の手で書き出せ。本にあるのは、一つの見本だ、と言っています。手間隙かける、こういう方法は今や時代錯誤ですか。

投稿: 侘助 | 2010年5月28日 (金) 09時10分

うーん、「自分なりの方法を見つける」というのを、イマドキの子がやってくれると良いんですけどね~~。

 実際には、ノートの取り方や試験の時の設問への取り組み方すら、我々の指示を受けたがる子が多いです。

 多分、子供の時からのことだと思うので、我々のところへ来た時はどうにもならないような子が多いです。困ったモンなんですが。

投稿: mumyo | 2010年5月28日 (金) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空調と予習の仕方の相関性:

« 甘口への挑戦を支持します | トップページ | 霧雨で見えない »