« 今さらのショッキングな試乗 | トップページ | 天空のランチエリア »

2010年8月25日 (水)

シアワセが過ぎると

 今日も良い天気でした。午後三時過ぎに少しガスがかかりましたが、ゲレンデ全体がガスに覆われていたわけではないので、十分に滑れました。昨日に続いて、ナショナルチームのトレーニングによって多少ゲレンデは狭くなりましたが、昨日よりもリフトは空いていたし、雪は十分にあってコンディションは良好。

 そんな中、午前大回り午後小回りのトレーニングでした。大回りは初日から続いてD社のGS板が好調です。どうしましょう。もう引退させるはずの板なんですが、使いやすすぎます。困ったなぁ。~o~;;;

 小回りは、SL板の限界を思い知った後なのですが、こちらに持参している水落亮太デモのDVD「縦に落とすショートターン」を参考にトレーニングしてみました。ある程度、この板の使い方が判ってきたような・・・。

 ポイントは骨盤の向き、ターン後半の我慢、それにストックワーク。猫背にならないよう骨盤を立てて構えに入り、ターン後半、板がたわむまで一タイミング我慢して、ストックを外に突き、板が走るのに合わせて微妙に体を落とし込むこと。わへー、言葉にしてみてもワカラン。~o~;;;

 まあ、なんとなく体は判ったような気がしています。一応、マウントハットの一番の整地急斜面、Platter Splatterでも、暴走しなかったし、アレで良いんじゃないかなぁ。なんとなく板に血が通ってきたような気がします。自在に操れている気がしてきました。

 良いフィーリングをつかめてくると、つい、練習に熱が入り過ぎ、時間ギリギリまでほとんど休まず小回りし続けてしまいました。んで・・・。

 一般的に、受験生に対して、「勉強できる幸せを感じなさい」ということを言います。実は、この言葉、ワタシ自身は授業では言ったことがありません。しかし、今日は、間違いなく「練習できる幸せ」を実感しています。ただ、ちょっとシアワセが過ぎて、今、全身ヘロヘロ。疲れまくりです。こんなペースで練習しては、最終日まで身がもつのかしらん。~o~;;;

|

« 今さらのショッキングな試乗 | トップページ | 天空のランチエリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シアワセが過ぎると:

« 今さらのショッキングな試乗 | トップページ | 天空のランチエリア »