« 第十四回無名講師日記アクセスランキング | トップページ | 一回戦の大勝利 »

2011年4月 2日 (土)

子守唄の本義と涅槃の幻

 ここ何日か、娘(仮称ケミ)の睡眠が安定しません。どうも、父の葬儀あたりからのようです。

 最初は、最近、夜中に目を覚ますなぁという程度でした。ウチのケミさんは、二か月頃から、夜、大変寝るようになり、あまり夜の睡眠で困らせなかったのですが、どうも、ここのところ様子が変でした。

 異変に気付いたのは、内弟子Yでした。内弟子Yは、夜中にケミが起きた時には必ず授乳して寝かしつけていました。最初はそれで寝てくれていたのですが、次第に単なる授乳では寝てくれなくなり、寝ながら授乳する添い乳をするようになりました。

 それでもなかなか寝てくれず、内弟子Yが音を上げ始めました。おっぱいを吸い続けられるのって体力を消耗するんだそうです。この期に及んで、我々も認めざるを得なくなりました。これは「夜泣き」ってヤツだ。

 「夜泣き」を「たまひよ」のサイトなどで見ると、皆さん、かなり苦労していらっしゃる模様。その中に、「夜泣き」は、子供が自分で睡眠のパターンを確立するようになる過程で起こることなので、親は睡眠パターンを確立するように努めるべきで、授乳しながら寝付かせるのは良くないという書き込みを見つけました。授乳に依存せず寝かしつけるのは大変だろうけど、我々もやってみるか。

 ってことで昨夜は授乳に頼らず寝かしつけてみよう第一夜だったのですが、こりゃあ、本当に大変です。~o~;;;

 昨夜のケミは、九時前に寝つき、夜中の三時過ぎ頃から目を覚ましました。最初は内弟子Yが寝かしつけようとしたのですが、上手くいかず、ワタシが抱っこして上下動&子守唄で寝そうになったので、しめたとばかりに置こうとすると、いきなり泣き出して・・・。

 再び、上下動の抱っこ&子守唄。今度は、なかなか寝てくれません。子守唄を何度も繰り返す中で悟りました。子守唄って、平和でのんびりしたものだと思っていたんだけど、そんなものじゃない。これは、夜泣きと戦う両親の武器として作られたものに違いない。

 赤ん坊はもともと体温の高いものなのですが、ひたすら泣き続けるため、ケミはちょっとした発熱体になります。上下動の抱っこをして歌い続けると、ワタシの顔に汗がたまり始め、何も見えなくなります。汗がポタポタと寝室の畳の上に落ちます。極真空手では、練習メニューとしてスクワットをすると、汗で道場に水たまりが出来るというのを読んだことがありますが、まさにそんな感じです。

 夜中に顔から汗を滴らせて、耳を聾するケミの泣き声の中、子守唄を歌い続けていると、何だかワケがわからず不思議な気分になります。もうワタシが子守唄を歌っているというより、子守唄がワタシ自身なのかケミが子守唄そのものなのか・・・陶然とした中で、なんだか幸せな気分になって、嗚呼、これは涅槃という境地なのではないかしらん。~o~

 突然、ひときわ大きなケミの声で涅槃の幻が破られます。おお、電光が春風を切っていくぅ~~。~o~;;;;;

 結局、ケミはその後、六時半まで泣きわめき続けました。暁頃からの一時間、絶叫するケミの傍らで、我々夫婦は呆然とうたた寝をしていました。夜が明けて、おっぱいを飲んだケミは、先ほどまで泣きわめいていたのも忘れて、ニコニコと上機嫌でした。この笑顔がカワイイんですよねえ。~o~;;

 ワタシは、朝から仕事に出かけ、昼過ぎに帰宅しました。昼間のケミはとても良い子で、昼食時、初めて離乳食のおかゆを一匙、機嫌よく食べました。そうして、また、夜を迎えてしまったのですが、さて、今夜はどうなることか。

 昔は、「夜の天使昼の小悪魔」なんて言ってたんですけどねへ。~o~;;;

|

« 第十四回無名講師日記アクセスランキング | トップページ | 一回戦の大勝利 »

コメント

お久しぶりです!覚えてますか?(笑)


夜泣きとの闘い・・・まさに極限状態ですね(・・;)


仕事に支障は出てませんか?お疲れ様です。

投稿: みっくん | 2011年4月 6日 (水) 18時37分

もちろん、おぼえてますよ。
なんせ、このブログは書き込みする人、少ないですから。~o~;;

 夜泣きとの戦いはちよっと大変でしたが、でも、もう収まってます。ウチの娘は、健康だし、手がかからなくて助かってます。~o~

投稿: Mumyo | 2011年4月 6日 (水) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子守唄の本義と涅槃の幻:

« 第十四回無名講師日記アクセスランキング | トップページ | 一回戦の大勝利 »