« 初夏の年中行事さまざま | トップページ | 物騒な夏の始まり »

2011年7月14日 (木)

なでしこは確かにやったゼ

 昨日は久々に、田舎の母のところに娘(仮称ケミ)を連れて行きました。順調に成長したところを見せることができたのですが、母の家のテーブルでつかまり立ちをさせたところ、ウチのケミさんはテーブルの縁をつかみながら、テーブルの端から端までゆっくりと横に足を運んで行きます。コレって伝い歩きってヤツ?

 田舎の母は確かに伝い歩きだというのですが、さて、どうなんでしょ。

 昨夜は、最近にしては珍しく夜中に寝なくなり、何度も授乳することになったのですが、今朝は早く起床。さきほど昼直前に童謡のCDを掛けているCDプレイヤーの前でグズりだしたケミは、確かにワタシの方に顔を向けてワタシに向かって訴えかけるように、「ババァ~~」と言いました。確かに言いました。

 もちろん、パパはデレデレになってケミを抱き上げました。なにしろ、ケミが意味のある言葉を話したのは、これが初めてなので。~o~ ~O~

 さて、このように日々進歩を続ける我が家のなでしこなのですが、サッカーのなでしこも、またやってくれたようです。昨夜録画したものを、今朝、ケミとともに見ました。相手のスウェーデンチームは、なでしこをよく研究してきたと見えて、最初のうち、なでしこDFとボランチが自陣で回すパスを積極的に狙ってきました。スウェーデン1点目はまさに狙いがハマった形でした。

 しかし、先制されたことに慌てずに自分たちのパスサッカーを貫いたのは立派でした。もっとも、あれだけ足元の技術と運動量に差があれば、慌てる必要はないでしょうね。あれだけ相手との間に差があるからこそ、中盤の選手間の距離を短くしてショートパスを回し、相手が食いついてきたところでサイドチェンジして逆サイドをえぐるなんて攻撃が可能なんですね。岡田さんが男子でやろうとした「接近・展開・連続」って、あのくらい力の差があると上手くいくんだな~。~o~

 さて、17日の決勝もやってくれると良いのですが・・・。このまま米国にも同じように勝ったら、大会MVPと得点王を両方とも沢さんが取っちゃいますケド。~o~

|

« 初夏の年中行事さまざま | トップページ | 物騒な夏の始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なでしこは確かにやったゼ:

« 初夏の年中行事さまざま | トップページ | 物騒な夏の始まり »