« 感謝しても良いほどの無事 | トップページ | 一時の慈雨 »

2012年8月16日 (木)

自由への誇りと喜び

 夜、あざみのでの授業を終えて、ヘロヘロになって帰ってきました。

 昨日今日は暑いなんてもんじゃありません。オマケに校舎は例によって節電モードで、涼しい教室から一歩出ると、廊下生温くエレベーターは蒸し風呂。こういう温度差が我々から体力を奪っていきます。講師は皆ヘロヘロ。

 んで、ヘロヘロになって帰ってきたところ、ウチのマンションの前で内弟子Yと娘(仮称ケミ)が待っていてくれました。ケミさんは何やら興奮してお話してくれるのですが、通訳が必要です。

 「一人でチッチできたって言ってるんです」とは内弟子Yの通訳。ほほーっ。~o~

 おまるを購入して一月。とうとう、ケミさんは自分でおまるに跨り、何度かの逡巡の後に、自力でのその時を迎えたということなのでした。素晴らしいっ!~o~

 ケミさんは多分、それがどういうことなのか正確には判っていないのではないかと思いますが、とにかく気持ち良かったし、難しいことを成し遂げて誇らしく感じている模様。大変喜んでいました。

 ケミさん、君はオムツという束縛から自由になる第一歩を、今日標したんだよ。ということで、八月十六日は我が家のオマル記念日です。~o~

|

« 感謝しても良いほどの無事 | トップページ | 一時の慈雨 »

コメント

こんばんは。

おめでとうございます。

mixiでこんな日記があったらイイネボタン押したいです^o^

投稿: みっくん | 2012年8月17日 (金) 01時09分

 ども、書き込みありがとうございます。

 娘は、一度おまるを使用して満足してしまったらしく、寝る前にはまたオシメにしてました。~o~;;;;;

投稿: Mumyo | 2012年8月17日 (金) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由への誇りと喜び:

« 感謝しても良いほどの無事 | トップページ | 一時の慈雨 »