« おうちごっこ事始め | トップページ | のけぞりの代償 »

2013年10月27日 (日)

ハロウィンNo.1娘とあらためての感慨

 今日は、娘(仮称ケミ)の七五三の宮参りでした。いやー、良い天気になってくれました。

 ちょっと前から、近所の呉服屋さんでレンタルの着物を予約していました。朝から呉服屋さんに親子で行って、ケミさんはお化粧に着付け。鮮やかな水色の着物に着替えて薄化粧なんかしています。あははは。~o~

 呉服屋さんに付属している写真スタジオで写真を撮ってもらいました。ポーズと小道具を取り替えて何枚も撮影したのですが、なかなか笑えません。どうも、初めて付けた口紅が気になる模様。表情硬いなー。

 それでも、かなり上手に撮れました。撮影後、着物で宮参りです。呉服屋さんの裏をワンブロックほど歩くと八幡様があります。お友達のAちゃんも来てくれて、一緒に宮参りしてくれました。去年のお返しというところでしょうか。

 ケミさんは、ちょっとオスマシで、神主さんが玉串料5000円分を祈禱してくれている間、大人しく椅子に座っていてくれました。うーーん、ウチの子もこういうことが出来るようになったかーと、パパはしみじみ感心。

 ご祈禱を終わって、表通りへ出ると、折しも甲州街道沿いの商店街ではハロウィンの催しで仮装のお子さんとご父兄で一杯でした。すれ違うお子さんが、みんなカワイイ仮装をしています。でも、仮装っていう点では、ウチの子も負けてないな。

 しかも、すれ違う皆さんが、ケミさんを見ると、「かわいー!」なんて言ってくれます。そのたびにパパの鼻が伸びる伸びる。~o~;;

 自宅へもどって普段着に着替え、ジジちゃんババちゃんとともに、お食事会に豆腐料理店「雪花菜」に向かいました。「雪花菜」さんは、蔵元さんを囲む会を催したりするお店なのでお酒に期待できるのですが、お料理もお義父さんお義母さんに好評でした。特に、七五三のお祝いということで、各人に小さな鯛の尾頭付きを用意してくれた心遣いが、嬉しかったです。

 まあ、パパは、久しぶりに良心的価格で「十四代本丸」を飲めたのも嬉しかったのですが・・・。~o~;;

 夕食時、内弟子Yとしみじみ語り合っちゃいました。我々は、良い子に恵まれてシアワセだねえ。

 以前、七五三なんてものは、何の意味もないものだと思っていました。でも、実際、親になってみると、うーーーん。なんだか、しみじみしてしまいます。この三年間、いろいろな儀式のたびに親の喜びを感じてきました。そういう意味で、良いモンですね、七五三って。~o~

|

« おうちごっこ事始め | トップページ | のけぞりの代償 »

コメント

 七五三、以前は全くちがう人の世界だと思っていました。うちのところは男の子なので、二年後となりますが、楽しみです。
 まあお互い年老いてから授かった子供なので、喜びはもしかしたら若くして当然恵まれるべき子供の親よりもはるかに感慨が深いのかもしれませんね。

投稿: ニラ爺 | 2013年10月28日 (月) 18時40分

そうですね。

 
 「お孫さんですか」なんて言われるのも、ちょっと嬉しかったりしますから。~o~

投稿: Mumyo | 2013年10月29日 (火) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィンNo.1娘とあらためての感慨:

« おうちごっこ事始め | トップページ | のけぞりの代償 »