« あつさが続いて | トップページ | 戦い続けて »

2016年5月 1日 (日)

甘い週間

 昨年は「奴隷週間」と書いたワタシですが、今年のGWはかなり楽です。確かにカレンダーが赤字の日も普通に授業はあるし、今日の日曜も特別授業はあるのですが、4/29から5/8までの十日間に、ナント、お休みの日が二日もある!しかも、今年は例の会議がもう終わっているのでデスクワークほとんど無し!

 なんて、甘いGWなんだー。~o~

 っつても、まあ、普通の労働強化週間にもどっただけか。~o~;;;

 甘いと言えば、娘(仮称ケミ)ですが、一昨日から熱が下がり、昨日の朝は完全に平熱。時々少し咳が出る程度で、まあ、風邪は治ったと言って良いでしょう。

 ところが、こういう病み上がりの時は甘え癖がついていて、日常のルーティンワークになっていることがなかなか出来ません。一、二年年齢が戻っちゃった感じの甘えっ子になってます。

 なかなか食卓に着かないし、食卓に着いてからも見るからに集中力の無い食べっぷりで、久々に内弟子Yのカミナリが鳴り響きました。イヤハヤ。~o~;;;

 まあ、食事の時以外は明るく元気なケミさんに戻ってきているので、今日あたりは・・・。~o~

|

« あつさが続いて | トップページ | 戦い続けて »

コメント

「4/29から5/8までの十日間に、ナント、お休みの日が二日もある」、まあ世間一般には、働く日が二日もあるといった感じでしょうかね。
 平熱に下がり、何よりです。
「なかなか食卓に着かないし、食卓に着いてからも見るからに集中力の無い食べっぷり」というのは、うちの子供の常です。食べるのを嫌がります。4月からそろばんを習わせ始めたのですが、食卓につくとすぐに、そろばんをやろうと言いだします。「まずはご飯」と注意するのですが、本人はわがままを通します。まあそんなこともあり、二けたのやさしい足し算と引き算まではできるようになりました。ご褒美にランドセルを買いに行ってやるといったのが功を奏したのかもしれません。ランドセル購入も、先週の読売新聞の記事によると、この連休にスタートするのだそうです。まだまだ先かなあと思っていたら、もう考えないといけません。今ネットでいろいろと調べているところです。

投稿: ニラ爺 | 2016年5月 1日 (日) 13時36分

そろばんですか、それは素晴らしい。

 ウチの子はどうも数字があまり得意ではないようで、親譲りじゃないかと危惧しています。

 ランドセルは我が家でも話題になります。イマドキは本当に早いんですね。

投稿: Mumyo | 2016年5月 1日 (日) 18時11分

 ご参考までに。
 昨日、ランドセルを買いに池袋と銀座に参りました。前者はネットで評判の高いお店、後者は工房系では一番量産しているお店です。牛皮も捨てがたかったのですが、いかんせん重いというのが気になり、ただでさえ教科書が大型化しているうえに、ランドセル本体が重いというのでは気の毒と考え、人工皮革に絞り、二つの業者を選びました。たまたま二つとも、実店舗を持っていることがわかり、足を運んだ次第です。
 池袋は、開店と同時に入ったのですが、説明を聞く間、誰も客が入ってこず、まあまだ時期には早いのかと妙に納得し、銀座の別の店へ。こちらは開店10分後に着いたものの、すでに順番待ち、名前を記入して呼ばれるまで待つ次第。折しも気温が上がっていて、室内も暑いわ、暑いわ。ようやく呼ばれて説明を受け、実際に背負ってみると子供はいっぺんで気に入り、これがいいと。
 まあこのくらいの値段ならいいかと思っていたら、向こうは商売上手。背負うベルトが牛皮だと全然違いますとすすめてきて、さらに糸が青いとおしゃれに見えますとまでいってきます。結局この二段階上のを即決しました。が、気づくとこの値段だとやや安い牛皮とあまり変わらなくなるのかなと思って、ちょっと尋ねてみたところ、「弊社の人工皮革は特別仕様で、耐久性は牛と全く変わりありません」と自信を持っていっていました。
 まあいずれにせよ、決まってやれやれです。有名どころの人気商品はあっという間に売り切れてしまうそうです。

投稿: ニラ爺 | 2016年5月 5日 (木) 08時37分

情報ありがとうございます。

 実は、「ふーん、銀座でランドセルねえ…」と思い、半信半疑で検索してみてビックリ。銀座ってランドセルの名店がいくつも店を出しているんですね。まったく無知でした。

 ウチは…、とりあえず、保育園でもらってきたカタログを検討してみます。

投稿: Mumyo | 2016年5月 5日 (木) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い週間:

« あつさが続いて | トップページ | 戦い続けて »