« 我が家の第三の波 | トップページ | アクシデントの果実 »

2016年7月 9日 (土)

終わって届く朝

 今朝ほど、ようやく傾向と対策本の一発目が完成。全て送りました。いやはや、某東北大さんの今年のは難しいよ。
 
 出典は、阿仏尼作『うたたね』の冒頭近いところなのですが、結構省略の多い文章なので、書いてないことの見当をつけるのが大変です。たとえば、作者が恋人からの手紙を受け取った後、
 
 「御返りもいかが聞こえけん、名残もいと心細くて、この御文をつくづくと見るにも」
 
とこれだけの文章から、「名残」というのは作者が返事を出した名残だと読み取らなければいけないんだけど、受験生にそんなこと出来ないでしょう。
 
 我々だって、ゆっくり丁寧に全文を訳していって初めて気付くようなことです。試験場で気付いた受験生なんていたんでしょうか。これに気付かないと、問一の⑶を間違えます。
 
 まあ終わって(´▽`) ホッとしました。
P10706061
 
 朝食前に完成した仕事を発送、朝食を食べたら待っていた物が届きました。都城からのお肉です。なかなか立派な箱に入っています→。
P10706071  中はこんな感じ。小分けにされているので、ウチみたいな子供のいる家では使いやすそう。
 
 食べてみてどうかは、また後日。

|

« 我が家の第三の波 | トップページ | アクシデントの果実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終わって届く朝:

« 我が家の第三の波 | トップページ | アクシデントの果実 »