« ごほうびと終わりの日々 | トップページ | スキー天国地獄と衝撃の基礎 »

2018年12月 7日 (金)

空白と楽しい三年目の予感

 水曜日に二学期の全ての授業が終了しました。
                                                                                                                                                                                        
 某東大過去添を二学期の間ずっと持って来ていた生徒さんが、最後の最後に立派な点を取ってくれて、ホッとしました。昨年と同じパターンです。昨年の子は結果も良かったので、今度もそうなってくれると良いんですが。
                                                                                                     
 今年は、もうこれでデスクワークの残りもほぼ無く、生徒さんに頼まれている添削も、急ぎのものはありません。
                                                                                                
 今年度、ずっと仕事に追われていたので、何だか、ポッカリ空白気分です。こういうの、悪くないなぁ。~o~
                                                                                                
2018120616370000
 昨日は、娘(仮称ケミ)が学校から帰ってくるのを待って狭山でした。平日午後の狭山は、割と空いてるというべきか、お客さんいるんだねえというべきか、という客入り。

 

 ケミさんは、すっかり狭山っ子になってこちらが指示しなくてもグルグル回って滑ります。まごまごしてるパパは置き去り。~o~;;;
 バリトレをいくつかやらせました。やはり片足技は、昔取ったザウス柄で、ワタシに一日の長があり、見本をお見せしました。へっへっへ。
2018120618100000

 ケミさんは、この日、ファイアボルトを下しました←。初ファイアボルトは、かなりのかっ飛ばしになりました。「気持ちいい」そうです。

 

 135cmは少し長いかと思ったけど、何とか履きこなしました。御立派。
  
 狭山から帰宅後、夕餉の膳で祝杯を上げました。この日は、小金井転居二周年の日です。
 
 小金井生活も三年目を迎えるというのに、最近になっていろいろオマケが明らかになりいっそう楽しい生活の予感がします。今日も、先ほど、愚妻Yがオドロキの声を上げました。「この家のお風呂って、タイマー予約できるんデスネ!」
 
 楽しい三年目になりそうです。~o~

|

« ごほうびと終わりの日々 | トップページ | スキー天国地獄と衝撃の基礎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空白と楽しい三年目の予感:

« ごほうびと終わりの日々 | トップページ | スキー天国地獄と衝撃の基礎 »