« 続武者修行と片足技母子 | トップページ | 片足技一族の夕べ »

2018年12月17日 (月)

脱狭山と初チューンナップの日々

 先々週土曜から六日間滑り続けて、木曜に続武者修行までしてしまったワタシですが、さすがに金曜はお休み。
                                                                                             
 しかし、金曜の夕方には再び越後へ出発でした。娘(仮称ケミ)のレーシングTRがあったので。
                                                                               
 金曜夜は赤城高原あたりから小雪が舞い、越後は待望の雪です。朝までで30cmほどの降雪があったと思われます。こりゃ、いいゾ、とみんな思ったんでしょうねえ。土曜は朝七時五十分頃みつまた駐車場に入ったのに、入口近くに止めさせられました。
                                    
 この日から、ケミさんはみつまたのレーシングバーンで規制TRでした。我々は、ケミさんをスクールに預けてかぐらへ上りました。
2018121511010000

 

 かぐらは、こんな感じ→。バーベキュー台の上の積雪は40cmくらいでしょうか。

                                         

 混んではいましたが、キレイな天然雪のバーンを気持ちよく滑れました。Y曰く、「狭山で良いと思ってたけど、もう狭山っ子には戻れマセン」
                                                            
 レーシングTR終了後、早めに宿に戻りました。ケミさんには、この日夕食前にお楽しみがありました。ケミさんは今シーズンからレースに出るし、ホットワックスを覚えてもらわねばならないと思っていました。この日が、ホットワックス初日だったんです。
                                          
2018121518590000

 まず、ワタシが見本を見せ、同じようにやらせてみます。実はアイロンは昨年もいじっているのですが、本格的に一本かけたのは初めて。

 おっかなびっくりでしたが、どうにか、ニンバス2001とファイアボルトの二本をホットワックス←。
                                                  
 2018121518340000ワックスを剥ぐ作業はさすがに、身長と腕力が足りず、苦戦していました→。   

 

 

 
 どうにか完成。レースをするからには避けて通れないことですが、これを完全に一人で出来るようになるのに、どのくらいかかることか。
                                                      
 それでも、やり遂げた後はちよっと誇らしそうでした。
                                                 
 翌日曜、かぐらは土曜にもまして激コミでした。我々が八時にみつまた駐車場に入るや、直後に駐車場は満車。ロープウェイもゲレンデもリフトも午前中は超激コミでした。
                               
 ケミさんは、TRで掘れたコースをライバルでお友達のあの子に負けないようなスムーズな滑りで滑れるようになりました。もしかしてワクシングした板がよく滑ってくれたからかもね。~o~
                                                           
 昨年の同じ時期に掘れたコースでは完敗していたことを考えると、少しは技術的にも追いついてきたかもしれません。    

|

« 続武者修行と片足技母子 | トップページ | 片足技一族の夕べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱狭山と初チューンナップの日々:

« 続武者修行と片足技母子 | トップページ | 片足技一族の夕べ »