« 恐る恐る備える日々 | トップページ | 勉強べんきょう村の秋 »

2020年9月16日 (水)

「昨年並み」の始まりとあらたな楽しみ

 昨日は仙台でした。

 「質問や添削も昨年並みになりつつ」と書いたら、本当に昨年並みになりました。昼飯食べてる時間が…。

 おまけに、昨年なら「お行儀悪いけど、良い?」とことわって、オニギリ食べながら質問受けたり出来たのですが、今年は、まさか出来ませんよねえ。

 というわけで大忙しでした。これがこれから続くのか、いやはや。

 帰宅時、新幹線の時間に余裕があったので、例の「極楽」のマシーンへ。

2020091517440000_20200916095601

 宮城県(株)佐浦さんの新商品↑。「純米吟醸 裏霞 No.12」。佐浦さんの蔵で採取された協会12号酵母を使った酒です。

2020091517430000

 上原浩さんの『純米酒を極める』によると、12号酵母は「極端に水とつくりを選ぶので一般的とは言えない」難しい酵母らしいのですが、なんせ本家ですからね。

 爽やかなバナナ香、気持ちのよい酸味、見事な味キレ。所謂辛口がお好きだという方、こういうのを飲んでほしいです。お見事な出来でした。四合瓶で1600円なら十分お値打ちです。

|

« 恐る恐る備える日々 | トップページ | 勉強べんきょう村の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐る恐る備える日々 | トップページ | 勉強べんきょう村の秋 »