« 夏期講習の二人勉強する一人 | トップページ | 自動運転と宴の日々 »

2021年7月23日 (金)

何故ショービズなのよ?~へそ曲がりスポーツ

 いやー、久保君お見事でしたね。

 昨日は、夕食の合間にちらちら見せていただきました。vs南アフリカ。

 南アフリカのコンディションが最悪なのは判り切ったことだったのですが、ああいう時ほど開き直って守られちゃうので、やりにくかったでしょう。

 しかし、久保君のボール扱いは、ゴールシーン以外の何てことない場面でメチャメチャスゴイ。何でもないところがスゴイというのは、スーパーな証拠でしょう。昔、ステンマルクが引退する頃、DFしてコース脇を滑り降りるショートターンがあまりにキレキレだったのにレースの滑り以上に感動したのを思い出しました。

 それはさておき、開会式の音楽担当とショーディレクターが土壇場で解任されたというニュースが話題になっているようですが、それを聞いて最初に思ったのは、「えっ!?まだショウにする気だったのか」ということ。

 五輪開会式がショーアップ化されるようになったのは、多分、84'のロスあたりかと思うのですが、その辺りから、五輪は商業化し肥大化していったわけで、そういうことに対する反省は、五輪のたびに形式的に口にされ、忘れられていったという過去があるはず。

 アメリカのTVメディアの巨額の放映権料に五輪運営を頼り切っていたってことなんだろうけど、コレそろそろどうにかしなきゃいけなかったんでしょ。

 国の威信を掛けたショウってのが、どんだけ下らなくなるか、昔、記事にしたことがあったっけ。

 今回は、こういう事情で一年延期になり、しかも新コロナ禍の真っ最中の開催、その時点で過剰なショーアップは諦めるべきだったんじゃないんですかねえ。費用だってその分節約できたわけですから。

 そもそも、今回は無観客。誰のためのショウなんだかよ。

 そこに何ら疑問を持たずに、お笑い芸人さんの過去への対応をあーだこーだと言ってる皆さんの反応は、何か変じゃないデスカ。

|

« 夏期講習の二人勉強する一人 | トップページ | 自動運転と宴の日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏期講習の二人勉強する一人 | トップページ | 自動運転と宴の日々 »