« 何故か疲れる水曜 | トップページ | 初夏に一刀を擱く日 »

2022年5月21日 (土)

違うサイドの感想

 木曜に娘(仮称ケミ)の塾の面談がありました。

 まあ、面談と言ってもこのご時世なので電話です。時間があらかじめ決まっていて、我が家のリビングで待機していたところにあちらから電話が掛かってきました。

 中学受験はこの時期に志望校相談があります。今までは単なる夢や希望校だったものをここで現実的な志望校、受験校に切り替えるということなんでしょう。

 しかし、我が家は塾に入った時から志望校が確定しています。それほど無理しないで入れそうな難易度、家から通いやすいロケーション、比較的自由を認めてくれそうな校風、そして何よりスキー部があること。

 五年生の二回の志望校判定の模試この四月の模試でもそれなりの成績を出して、良い合格判定をもらっているし、まあ、第一志望に関してはあんまり相談事もないかしら。むしろ、もっと偏差値のお高い学校にチャレンジしろとか言われないかしら。

 などと思っていたのですが、そんなこともありませんでした。滑り止め校と勉強法に対して有益なアドバイスをいただきました。

 この辺り、大学受験と中学受験の違いなんでしょうか。大学受験だと上を目指せと指導しがちなんですが…。

 やっぱり、中学受験は受験日が限られているし、そもそも浪人ありませんからね。~o~;;

 それにしてもケミさんの塾はたいしたものです。少し詰め込み過ぎで過剰に競争を煽るところはありますが、先生方、きちんと生徒を把握してくれていると感じさせられました。さすが、中学受験のトップブランド。

 ここに任せておけば大丈夫と安心させるところは、見習わなければならないかしらん。

 と同業者の父はヒネた感想を抱いてしまいました。~o~

|

« 何故か疲れる水曜 | トップページ | 初夏に一刀を擱く日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何故か疲れる水曜 | トップページ | 初夏に一刀を擱く日 »