« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月30日 (水)

日常へと向かう日々

 一昨日昨日の授業で二学期第十二週が終了しました。

 今年は、水曜の非人道的時間割などもあってちと辛かったか。

 まあ、時間割のこともあるのですが、年々仕事が嫌いになってきています。

 というか、もしかすると仕事の無い日常が好きになっているのかもしれません。我が家でデスクワークだけして、Yと買い物や散歩に出かける日々って穏やかで落ち着きますから。

 ああ、ジジむさひ…。~o~;;

 今日からの二学期最終週が終われば、ジジイの日常が待ってますぜ。

 一昨日、ワタシは横浜-吉祥寺八時間授業の忙しいだったのですが、Yが代わりに行ってくれました。

1669636065337

 八王子大鳥神社は月曜が三の酉だったんです。

1669636119798

 今年は娘(仮称ケミ)が行けないのでY一人でした。午前中だったので空いていたとか。

 去年、一昨年に比べて屋台店が多くなったそうです。ここも日常に戻ろうとしてるってことでしょうか。

 昨日は、ケミさんの塾の月例テストの日でした。前回があんなだったので心配していたのですが…。

 こちらも戻ってくれた模様。今回が最後の月例テストだったのですが、多分、ケミさんが一番たくさん所属していた日常的なクラスに戻れます。

 ヨカッタヨカッタ。

| | コメント (2)

2022年11月28日 (月)

スラローム再びとオシム風一言

 昨日は久々にスラロームのような日でした。

 朝、五時に起床して採点業務をこなしてから九時半の電車に乗り、舞浜へ。実は姪の結婚式があったんです。

 ディズニーランドのアンバサターホテルでした。

2022112710430000

 こちら、すべてがミッキー。

2022112710470000

 式自体は非常に感動的でしかもエンターテインメント。ミッキーが何度も現れて盛り上げてくれます。ディズニーマニアにはたまらないでしょうねえ。

 実は、姪がディズニーマニアなんです。本人の満足度はさぞや高かったでしょう。

 これだけ人件費をかけて盛り上げてもらったら、さぞや費用も高いんじゃないかと思ったのですが、その分は料理とお酒でちゃんとバランスを取っているようです。~o~;;

 式が終了したのが午後四時。舞浜駅へダッシュして電車に乗り再び小金井に着いたのは五時過ぎでした。自宅まで走って到着。急いで採点済みの答案を最終チェック。郵便局に自転車を走らせ、午後六時の締め切りになんとか間に合わせて発送できました。

 それにしても姪というのは、どうしてこちらの忙しい日を選んで結婚したがるのやら。~o~;;

 大忙しの一日を終えて、夕食を取りながらのW杯観戦でした。

 オシム風に一言。

 「ドイツに一回勝ったくらいで、オマエ達は何様になったつもりだ。リスクを冒さずに得点できるほどW杯は甘いところではない!」

 鎌田君、スペイン戦でやり直しですな。

| | コメント (2)

2022年11月24日 (木)

ポッターズは蘇る

 昨日は非人道的な水曜でした。二学期第十二週の始まりです。

 夜9時20分まで横浜で授業でした。しかも休日ダイヤのため横浜発9時50分まで湘南新宿ラインはなく、帰宅は10時50分。急いでTVを点けるとハーフタイムに入ったところでした。0-1かー。

 風呂に入って、Yと共にビールで観戦。この日のためにキリンを用意しました。

 イヤハヤ、その甲斐あったか。

 後半開始から3バックにしての猛烈ハイプレスでした。同点は南野シュート、はじいたところを堂安押し込み。久々のポッターズコンビでした。思えば、四年前にこんな日が来ることは予感されていたのかも。

 それにしても、あの猛烈ハイプレスを支えたのは安定した実力派CB吉田・富安・板倉の三人が揃ったからです。板倉のプロフェッショナルファールにはシビれました。

 まあ、冷や汗もかいたけど。~o~;;

 それに引きかえ、と言ってはナンですがドイツのバックスはややお粗末だったかも。

 浅野君の勝ち越しゴールはそりゃ見事なトラップとシュートでしたが、板倉がフリーキックを蹴った瞬間、右SBのニクラス・ジューレが、走り出す南野君につられるように大きくラインを乱していました。

 浅野君が走り出した時、CBのリュティガーは当然という顔でオフサイドをアピールしてたけど、レアルマドリ―のCBは後ろにあんなマヌケがいると思ってなかったんでしょう。

 ともあれ、歴史的勝利。

 を祝う暇もなく、今日は模試関係の一年で一番忙しい日です。「サウジアラビアなら今日はお休みなのにね」とはYの浮世離れした感想でした。~o~

| | コメント (0)

2022年11月23日 (水)

あわただしくアドバイス

 昨日、二学期第十一週が無事終わりました。今日から第十二週。

 W杯も始まり、我が家の食卓の話題はW杯。サウジアラビアの歴史的勝利でした。なにしろ、アジア勢が南米勢にW杯で勝ったのは、四年前の日本-コロンビアに続いて史上二回目だっていう話ですからねえ。

 さて、それとは関係なく、受験生に対する真面目な緊急アドバイスです。

 ある教科が超苦手だという人は、今朝の某A日新聞に載っている佐〇ママとやらのアドバイスを聞かないように!

 「苦手科目は初めは量を少なく」というものなのですが、この人は超苦手教科なんてなかったんでしょう、ご本人も子供達も。ある教科を超苦手にするメカニズムがまるで分ってません。

 超苦手教科(少し出来ない程度ではなく、超のつく苦手)というのは、食わず嫌いのことが多く、多くの場合、基本の部分を食わず嫌いでつまみ食い的に学習したために起こります。基本の部分に穴がいっぱい空いてるわけです。その状態で焦って発展的なことに挑戦しては失敗し、すっかりイヤになると。

 実は、ワタシ自身、受験生の時にこれで化学を超苦手にしていたので、よくわかります。

 なにしろ、共通一次試験本番の一か月前まで化学の模試で四割取れたことなんてなかったからね。選択肢が五つの問題で得点率2~30%。堂々たる超苦手教科でした。

 このままでは目標得点に到達しないということがハッキリ分かってから、お尻に火がつきました。なんとかしなければ、というすがる思いで「化学の基礎整理」という薄っぺらいいかにも入門編の参考書を買い込み、高校の教科書、予備校のテキストを参照して、一週間、その本だけ集中してやりました。

 結果、本番の共通一次試験で、本人もビックリ、奇跡の70%得点!なーんだ化学って簡単じゃなーい。~o~

 基本の部分って、まとめて体系的に学習しないと役に立たないんです。多分、どの教科でも。逆に基本の部分が体系的に自分のものになっていると、その後の発展は楽です。

 古文で言えば、用言の活用、助動詞の接続と活用、それを使った基本的な識別、基本的な助動詞の職能と助詞の用法、基本語彙の習得までの基本を身に着け、その後で発展に取り組まないと、発展問題にまるで歯が立たないので苦手がますます嫌いになるだけなのです。

 だから、ある教科が超苦手だという人は、自分に逃げ道を作らずイヤなのを我慢してある程度のまとまった時間をかけて、集中して基本をやり直すこと。決して、「細く長くつまみ食いしながら」なんて素人のタワゴトに従わないように。

 実は、模試関係の仕事がテンパってて、こんなこと書いている場合じゃないんですが、ちょっと看過しかねたので。

 シロウトの方、この時期に無責任なアドバイスをしないように!某A日新聞もシロウトを無責任に使うの止めたらいかが。

| | コメント (0)

2022年11月19日 (土)

灯りの燈る秋

 昨日、我が家は家族会議でした。

 娘(仮称ケミ)の受験校をそろそろ決定せねばならない時期なので、その相談です。

 もちろん、ケミさんの第一志望はもう二年前から確定しています。滑り止めもある程度候補を絞っています。今回の相談は、チャレンジ校を受けるかどうか。

 ケミさんは、今現在、第一志望については模試の判定で安全圏と言われています。しかし、そこが万一ダメだった場合、残りの受験予定校は全て滑り止め。それではちょっと夢がないかしらと。

 塾からもらっている各中学校の受験日と偏差値の表を見て、「空いている日程でどこかチャレンジしたいところがある?」と尋ねてみたところ、散々悩んだケミさんが「どうせチャレンジするなら」と選んだのは、女子の最難関校の一つでした。うひゃー。

 まあ、でもその志は良しとしておきましょう。

 目標が決定して、前方にうすぼんやり灯りが見える気になってきました。

 一方、ワタシの仕事ですが、第十一週が着々と進んでいます。学校とのやり取りで、来年は非人道的な時間の授業は免除ということになりそうだし、ちょっと明るい気分になれています。こちらも前方に灯り。

 んで、今日ですが、ケミさんはワクチンの副反応で休んだ分の塾の教材を一日かけてこなしていました。Yは、ケミさんが持ち帰って来たランプを、そうっとケミさんの部屋の外に灯して

Img_04741

 なかなか良い風情です。~o~

 写真奥は、ケミさん作の版画「月とふくろうは仲が良い?」。

| | コメント (0)

2022年11月17日 (木)

グッドタイミングバッドタイミング

 昨日、二学期第十一週が始まりました。一番ハードな水曜からでした。

 水曜の癒しは例によってラーメン道楽…

 になる予定だったのですが、タイミングが悪いことにYが昼食にラーメンを作ってしまい、まあ、それは美味しかったんですが。

 というわけで夕食は、

2022111618290000

 横浜駅地下の八角さんで「つけ天そばとミニカツ丼セット」。

 非人道的な時間の夜の最後の授業が終わって、ヤレヤレ帰ろうかというタイミングで質問者が来ました。

 この時期は浪人クン達の目の色が変わる時期で、そろそろお尻に火がついてきた人達も出て来る頃です。

 どうもお尻の熱さを感じたんでしょうか、テキストの最初からやり直したのを全部持って来られて…。

 いや、もちろん、今からでもやる気になったのは良いことです。ワタシも自分の浪人時代にはお尻に火がついてから無茶苦茶な努力した経験があります。だから、彼の質問に全て応対してやりたいのですが…、タイミング悪すぎだよ。

 今からこれに全部対応していたら、校舎が閉まる時間になる旨を言って、一部分だけにしてもらいました。

 それでもシッカリいつもの電車に乗り遅れ、帰宅は11時過ぎです。ヤレヤレ。

 帰宅すると、娘(仮称ケミ)はすでに寝付いていました。この日はケミさんのワクチン接種の日でした。

 ケミさんは、二回目が四月であったために、三回目の通知がちょうど九月の誕生日に掛かるタイミングになってしまいました。12才の誕生日を過ぎると大人のワクチンです。

 ちょっと迷っていたのですが、打たずに受験シーズンに突入も出来ず、オミクロンBA5対応の二価ワクチンが出て来るのを待ってこの日になりました。

 一回目二回目に副反応が出なかったので、大丈夫だろうと思ったのですが…。朝学校には行ったのですが、やっぱり昼になって熱が出てしまい、早退してきて寝ていました。先ほど38.5度。まあ、そのくらいなら仕方ないか。

 ワタシも今日が五回目の接種でした。今度は小金井市の大規模接種会場。

2022111714370000

 こんな感じで、

2022111714350000

 こんな感じです。ずいぶんたくさんの人が来てました。

 帰宅したら、このタイミングで例の成績表が届いていて…。

 うーーん、ワタシとしては悪くない数字なのだが、折あしく教科平均が新記録を出しやがって…。

 数字は完全に並んでしまったのですが、「大変満足」の数字でちょっと勝ったから、勝ったことにしておこう。~o~;;

| | コメント (0)

2022年11月13日 (日)

補助動詞ハラスメントまたはひらがなをつかわせたがるひとたちパートⅡ

 昨日のことです。

 PTAのメールを作っていた愚妻Yが悲鳴を上げました。「あったま来る。もう、やだー!」

 Yは、PTAの主催する行事に関して父兄に伝達するメールを、他の役員さんと一緒に作っているのですが、役員の一人から訂正の要求が出たのです。

 「お願い致します」を「お願いいたします」、「して頂く」を「していただく」とするのが正しいというのです。

 実は、その役員さんの書いた下書きには「いたします」「いただく」となっていたものを、Yが漢字に直していたのです。その時、相談を受けて、「補助動詞は平仮名書きするのが正しいという考え方があって、それに従っているんだろう」と答えていたのでした。

 「どっちでも良いことだと個人的には思うけど、直さない方が良いんじゃないの」と言っておいたのに、「アタシ、平仮名書きは気持ち悪いから」と直してしまったのでした。

 こーのガンコ者め。~o~

 「こんなの補助動詞ハラスメントだよー」とはガンコ者の嘆き節です。

 もう14年も前に、平仮名を使わせたがる人達のことを記事にしたことがありました。その時はろくに調べずに書いたので、今回、ちよっと調べてみました。この補助動詞平仮名表記の話は、どうやら昭和45年の国語審議会で出てきた「当用漢字改訂音訓表(案)」の前文あたりで始まるらしいのです。ところが、答申された「当用漢字改訂音訓表」前文には、補助動詞の表記については出て来ません。何等かの理由で削られたものかと思います。

 その後、昭和56年の内閣訓令第一号に、「していただく」を平仮名書きにする話が出て来ます。この訓令は平成22年の内閣訓令第一号に受け継がれ、どうもそれが現代にいたるらしいです。

 この動詞は漢字補助動詞は平仮名という考え方の問題点については、14年前に書いたので、今回はこの「補助動詞ハラスメント」の問題点について書きます。

 仮に、内閣訓令第一号の考え方が日本語表記の上で正しい考え方だとしても、今回のことには問題点があります。昭和45年の「当用漢字改訂音訓表(案)」前文でも、内閣訓令でも、適用の対象が公用文に限られているということです。

 「当用漢字改訂音訓表(案)」前文などはわざわざ「適用の範囲」という項を立てて、「文芸または個々人の表記にまでこれを及ぼそうとするものではない。」と断っています。つまり、補助動詞平仮名表記を言い出した学者さんすら、これを一般に及ぼそうとは考えていなかったということです。

 つまり、補助動詞平仮名書きは単なる公用文を表記する際のガイドラインに過ぎず、「正しい表記」などではないのです。それなのに、補助動詞漢字表記は誤った日本語表記であり、平仮名表記が正しい表記だと誤解させちゃったのは、こういうオヤジ達ね。~o~;;

 んで、前記のPTA役員さんは、どこかでこういう「正しい表記」を訳知り顔に吹聴するオヤジに教わっちゃったんでしょう。たかがPTAの伝達メールを公用文の表記法で書かなきゃいけない道理はないんですけどね。

 日本語の表記はもっと自由であって良いはずです。「お上が指定する表記法が絶対的に正しい」だなんて、どう考えても変でしょう。

| | コメント (2)

2022年11月12日 (土)

四年後の創造性

 昨日、金曜の第十週が無事終わりました。

 今日の土曜は授業お休みの日。ちょうど娘(仮称ケミ)の小学校では展覧会の日でした。

2022111211380000

 愚妻Yと連れ立って見に行きました。

 ケミさんの学校では、六年生になると展覧会のガイドをします。見に来た父兄に対して、六年生が各コーナーで待ち構えており、「ガイドさせていただいても良いですか」などと話しかけ、「この作品は、和紙を張り合わせて…」などとやるわけです。

 ケミさんのクラスのT君、Nちゃん、親友Sちゃんなどなど、普段ケミさんとの会話で頻繁に出て来るクラスメイト達の実物を確認しました。

 みんな成長したなー。

 ケミさんの作品は、いずれも二年前よりもさらに丁寧に時間を掛けて作ってあり、しかも個性的。和紙を張り合わせたランプシェイドなんて、他の子は丸か四角か何かの物の形を象っているのに、ウチの子は正八面体です。

 算数のやり過ぎですかねえ。

 一二年の時に担任をしてくれたY先生と出口でお会いしたら、「ケミちゃんのランプ良いですね。ケミちゃんらしくて」と笑いながら褒めてくださいました。

 四年前には、この小学校のお兄さんお姉さんの創造力に感嘆したものですが、ウチの子もその端くれになれたのかしらん。

 かなり面白い子に育ってます。

| | コメント (0)

2022年11月10日 (木)

励ましと検診のはざま

 昨日の水曜は、二学期十週目でした。一番ハードと言い続けていた水曜ですが、やはり疲れます。十週目が無事終わってホッとしました。

 疲れる水曜の癒しはラーメン道楽と決めていたのですが、昨日、何気なく通りかかったら、なんと「伍年食堂」さんが夕方も営業していました。

 「伍年食堂」は、夏の間ずっと昼のみの営業だったので、ワタシはとしては本意ない御無沙汰ということになっていたのですが、いやー、久しぶりです。

2022110917370000

 約半年ぶりの「つけ麺 海苔増し」。やっぱりコレ美味しいです。多分横浜のつけ麺ではNo.1。

 ここが夜の営業を再開してくれるとは、なんだか二学期の最後ガンバレと励まされている気分でした。

 んで、替え玉まで頼んで食べ過ぎました。実は、木曜は二年ぶりのメタボ検診を予約していたのに…。

 昨日は、夜の空き時間にひたすら校舎の階段上り。二階から八階までを二周して、はあ、もういっか。

 今朝は朝食を抜いて、十時から検診でした。何とか計測の数値は無事な数字だったようです。後は尿と血液が…どうかな。~o~;;

| | コメント (0)

2022年11月 9日 (水)

満ち欠けの夜

 昨日、二学期第九週が終了しました。二学期もようやく終盤。

 特別な第六週は過ぎたし、気分的には楽に授業できます。講師によっては、「消化試合」とうそぶく人もいるし、「これからは好きなことを言わせてもらう」と教室で公言する剛の者もいます。

 ワタシはと言えば、楽に緊張せず話す分、淡々と進んてしまう週と盛り上げ過ぎてしまう週が出て来るかも。

 昨日は、立川の仕事の後、小金井駅へ下りてみると、駅前で、皆さんなにやら写真撮影をしています。振り返ってみたら、アレ、月の形がなんだか…。

 月食の夜だとは知りませんでした。娘(仮称ケミ)に頼まれたとかでYが写真を撮ろうするのですが、苦戦していたので、代わってワタシがパチリ。

Img_04731

 アップしてしまうと、見にくいですが、割とよく撮れたのではないかと。

 そのケミさんですが、この日から塾は新しいクラスでした。前回の月例テストで大失敗して、アルファクラスから大きく落ちていたので。

 気落ちしないと良いのだが、と思ったのですが、どうやら杞憂でした。授業内テストで「一番だったー」と御機嫌で帰って来ました。

 そりゃまあ、今までより八つも下のクラスだからねえ。~o~;;

 今いるクラスでもシッカリ勉強してくれれば、志望校は大丈夫。気分の満ち欠けが無ければ問題ありません。

 この夜は、就寝間際に夫婦でちょっとした口論になってしまい、我々の気分はダウンして寝たのですが、今朝になってケミさんにその事を詫びると、満月のような笑顔で応えてくれました。

 我が家の平和は娘のおかげだねえ、Yよ。

| | コメント (0)

2022年11月 7日 (月)

無干渉と安寧の日

 昨日、ワタシはこの秋唯一の特別授業でした。朝から横浜です。

 一方、娘(仮称ケミ)の方は塾の日曜特訓。ちょうど時間が同じで、久々にケミさんと一緒に電車に乗りました。

 少し前まで、ケミさんは通塾の電車でもぼーっとしていることが多く、模試の日の電車でぼーっとしていたので咎めたところ、「塾に行ったら集中しなきゃいけないから、今ぼーっとしていたいの!」と反論されたこともありました。

 ところが、昨日は乗車してすぐに小さなメモ帳を取り出して見ています。ちょっと覗き込んだら、「三国干渉は?ロシア・フランス・ドイツ」などなど書いてあったりして。

 親は何も干渉してないのに、立派な受験生になったもんです。~o~

 その夜は、例によって、安寧息災を祈る日でした。

Img_04401

 小金井駅前の亀屋本店は、庶民的な感じの店構えに意外と本格派の和菓子店です。この亥の子餅も我が家の評判は良かったようです。

 「ようです」というのは、十時過ぎにはワインが回り過ぎてて、ちょっと覚えてないと。~o~;;

| | コメント (2)

2022年11月 5日 (土)

二刀流の一番長い日

 金曜日、ワタシは池袋で夜の授業だったのですが、7時20分に授業終了後、すぐに校舎を飛び出し帰宅は8時10分でした。

 入浴と食事を手早く済ませて就寝は9時15分。授業終了後二時間経っていない早業でした。

 12時45分に起床しました。この日、娘(仮称ケミ)は軽井沢の早朝TRに参加することになっており、ドライバーYは午前1時出発を宣言していました。

 本当は小金井-軽井沢は普通に走れば二時間半です。4時15分頃までに到着すればTRには間に合うので、1時半出発で楽勝なはずなのですが、小心者Yはそれを承知せず、「1時までに出発しマス」と強硬に主張します。「せめて1時に出発でどうだ」と掛け合い、実際は1時10分に出発しました。

 それで結局、軽井沢到着は3時40分でした。そりゃそうだよ。~o~;;

 今年も午前5時からTRスタートです。

2022110504530000

 ワタシはリフト乗り場付近で見学、Yはスキースクール父兄との情報交換という名の井戸端会議でした。

 ケミさんは、初滑りでした。スクールで一番の仲良しR子さんに今年も会えて、楽しく滑れたようです。

 技術的なことを少し心配したのですが、まーったく杞憂でした。

2022110507130000

 初日にしては、かなり乗れてます↑。ニューブーツも具合よさげでした。

 この日の早朝TRは空いていたため、7時半のTR終了時までにデラを除いて18本ほどは滑れたようです。

 帰路もYはドライバー。行きはかなり眠かったそうですが、帰りはシッカリしていました。

 一方、ワタシは行きはYを心配して起きていたのですが、帰路は睡魔に勝てず、かなり居眠りしました。ケミさんは、行き帰りとも車中で爆睡。

 帰宅は11時過ぎになりました。ケミさんとワタシはここから二刀流です。

 ワタシは午後の町田の授業に出掛ける電車の車中で、ほぼ意識を失い、朦朧としたまま奇跡的に町田到着。

 それでも授業出来てしまうから不思議です。~o~;;

 ケミさんは昼過ぎから夜の7時まで塾でした。夜中に小金井を出発した時間から18時間経過しています。

 先ほど帰宅しました。眠くなかったそうです。若いってスバラシイ。~o~

| | コメント (0)

2022年11月 4日 (金)

初陸上とリベンジ計画

 一昨日、ワタシは一番ハードな水曜の仕事でした。二学期第九週が粛々と進んで行きます。

 それにしても、改めて水曜は疲れます。

2022110217350000

 この日のラーメン道楽は駅地下にある街中華の名店「龍味」の五目ソバ。いつも夕食時は行列ができているのですが、この日はたまたま空いていたので入ってみました。相変わらず、これで660円はハイコストパフォーマンス。

 昨日の木曜、我が家は昼から揃って出かけました。

 実は、この日、市民運動会が行われると知った娘(仮称ケミ)が出たがって、100m走にエントリーしていたのでした。なにしろ、かけっこで自信をつけたので。

 学芸大構内の陸上競技場で行われました。

2022110313390000

 本格的に陸上トラックを走るのは、ケミさん初めてです。

 集まってきている人たちもなにやら本格的。

 六年生女子は9人出場。二組に分かれました。何だか、背の高い子ばかりです。

 それでもケミさんは自信があったのでしょうが…。

 二組の二位。全体で六位でした。まあそんなモンだろ。~o~

 本人はちょっとガッカリしたようでした。でも、ケミさんより速かった子は、みんな良い体格してて、本格的に陸上をやっていたみたいだからね。

 帰宅してすぐ、ワタシは仕事に出掛けました。この日は池袋で高校生の授業があったので。

 夕餉はババちゃんのおごりで某銚子丸さんのお寿司でした。

 Img_04391

 写真はワタシの分です。ケミさんたちは大皿で仲良く食べたそうです。ケミさんは、惨敗の悔しさから立ち直り、16貫の新記録を立てたとか。

 この子は今145.6cmで、着々と大きくなっています。その食べっぷりなら、来春には150cmを超えるでしょう。来年は背を伸ばして中学生になってリベンジだね。

| | コメント (0)

2022年11月 2日 (水)

肖りたい来客とカキの宴

 昨日の火曜は午後立川で授業でした。これで二学期第八週が終了。

 帰宅途中、イトーヨーカドーに寄って、注文していたものを受け取り帰宅しました。

 この日、茨城のYの実家から一年ぶりにお義母さんが来てくれて、夕餉はお義母さんの好物のカキフライだったので。

 Img_04381

 写真奥は、同じくお義母さんの好物一番搾り。その右は、カキに合わせた白ワイン。

 Reserve de la Verdiereは柑橘系の香りとシャープな酸の辛口で、この日のカキフライに素敵にマッチする食中酒でした。

 この日、娘(仮称ケミ)は通塾で帰宅は10時頃になるため、まずは大人だけの宴となりました。

 ケミさんの運動会のビデオを見せました。孫娘の活躍とハイタッチにお義母さんも大満足したようでした。

 この日、お義母さんは八十一才の誕生日でした。ケミさん、帰宅後、バタバタと食事と入浴を済ませて、就寝前に大好きなババちゃんにプレゼントを渡していました。

 この人を見ると、いつでも幸せな年の取り方だなあと感心します。肖りたいもんです。

| | コメント (0)

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »