« ヤマを越えてのアプローチ | トップページ | ウクライナからの翼冬の始まり »

2023年10月19日 (木)

工夫の楽しみとキンモクセイ散歩

 娘(仮称ケミ)は、今日が中間テスト最終日でした。

 「平穏な日常が戻って来てほしいよ」などとナマイキなことを言っていましたので、ホッとしているでしょう。

 ケミさんを学校に送り出してから、両親は今日も出かけました。

 夕食前に、娘が試験勉強しているのを良いことに我々も笹原さんの動画でお勉強。Yは良いイメージをもらっていたようです。ワタシも笹原流のアプローチを予習して、さて、どうかしらん。

2023101910380000

 Yは最初、昨日のダメダメを引きずってなかなか当たらなかったのですが、突然当たり出しました。

 昨日の笹原さんの動画でテイクバックの時に左手がよく伸びているのを思い出し、それを実現するためにグリップを工夫してストロンググリップにしてみたら、当たり出したとのこと。

 ふーーん、コイツなりに考えてるじゃないの。

 一方、ワタシはこの日不調でダメモードになりかけ、笹原流を試して余計にダメになり、そうか、笹原流だとオレは右の壁が作れないんだと右側の壁に意識を集中したら、突然良くなりました。

 アプローチは笹原流を試して二人とも良い感触でした。

 いろいろ工夫するのが初心者の楽しみだよね。

 帰り道は、普段と違う遠回りをしました。この季節、小金井は街中にキンモクセイの香りが漂うのですが、その中でも、

2023101911220000

 コイツはその親玉でしょう。小金井公園たてもの園前の大キンモクセイです。我々も初めて見ました。

 手前の人物と比較すると大きさが判ります。

|

« ヤマを越えてのアプローチ | トップページ | ウクライナからの翼冬の始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマを越えてのアプローチ | トップページ | ウクライナからの翼冬の始まり »