« ウクライナからの翼冬の始まり | トップページ | 狐につままれて冬支度 »

2023年10月23日 (月)

涙と食欲と吉

 昨日は、三人で相模湾沿いの街にある母の入居している施設に面会に出掛けました。

 十月月初めにYが娘(仮称ケミ)を連れて面会に行ってくれていたのですが、その後、姉から連絡があって、「最近、お母さん食欲が落ちているらしくて、認知症も進んでいるし、何があっても…」というので、早めに三人で面会しておこうかと。

 ところが、予想していたよりも元気でした。話す声に少し張りがあります。また、よく話してくれました。我々が話しかける暇がないほど。

 でも、内容的には…。うーーん。

 どうも、少し被害妄想が入ってきたようです。「アタシ何も悪いことしてないのに」「死んだら化けて出よう」を何度も繰り返します。

 Yとワタシが手を握り手をさすり、ケミさんも一生懸命手をさすっているうちに、少しトーンが変ってきました。

 「死んだら化けて出るの止めた方が良いかねえ」「お母さん、死ぬの止めといた方が良いよ」

 ケミさんのことはちゃんと認識して、「大きくなった」「ケミちゃんありがとね」と言ってくれました。

 ケミさんは、認知の進み具合に驚いたのか「死んだら」という言葉に反応したのか、母親の手を握りながら涙ぐんでいました。

 多分、この日面会に来て良かったんだと思います。母親の頭と心にとっても、またケミさんにとっても。

 職員さんの話だと食欲も気分も波があるらしく、もっと機嫌のよい日もあるらしいです。体の方はそれほど心配しなくて良いのかなという印象を持ちました。

 帰り道、駅の近くの商業施設に入っているトンカツ屋で昼食を取りました。

 その頃には、ケミさんもすっかり元気になって、育ち盛りの旺盛な食欲を見せてくれました。

 実際、ここのトンカツ屋さん、観光客向け商業施設に入っているのにも関わらず、美味しくて値段も手ごろ。ここは、もう一度来ても良いなあ。

2023102212380000_20231023053601

 「吉」が訪れるかもしれないし。~o~

|

« ウクライナからの翼冬の始まり | トップページ | 狐につままれて冬支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウクライナからの翼冬の始まり | トップページ | 狐につままれて冬支度 »