« 達人との旅その一 | トップページ | 冬の兆す北信越めぐり »

2023年12月17日 (日)

達人との旅その二

 土曜日の朝はゆったりと始まりました。

 金曜夜に雨が降り、朝も降り続いていました。普通の人はかぐらへ行くのに気が進まないような状況。

 でも、滑りたがりYがゆったりしてくれるのは「さくり」効果です。ヨカッタよ「さくり」にして。

 午前十時頃、みつまた到着。

2023121610010000

 ロープウェイ行列はチケット売り場の少し先まででした。これも、スキー運搬があるためで、

2023121611160000

 車の入りは土曜日なのにこんなもの。

2023121611340000

 ゴンドラに下るリフトは大行列になっていたので歩いて下り、

2023121612030000

 かぐらはこんな感じ。金曜に比べてかなり雪が減っていました。

2023121613290000

 でも、人数はかなり増えていて、滑っていてややストレス。おまけにガスがひどくなり、Yさん、あまり楽しくなさそうでした。

2023121613360000

 メインの最後の急斜面を降りた和田小屋前の緩斜面です。ガスの中にたくさん人がいるのは、本来ならここに上って来ないかゴンドラコースへ下るかしている初心者の皆様。ほぼ中国語ワールドです。

 こういう視界の悪い中で座り込んでいる初心者をみていると、自分の初スキーを思い出します。蔵王でした。45年前…。~o~;;

 4本滑ったところで、ナント、Yが上がりたいと言い出しました。帰りのリフトが激コミになるのは明らかだし、「スキーより、さくり」。CP達人の境地、そこまでとは…。

 せめて昨日と同じだけ滑ろうと、6本滑って2時前には上がりました。

 宿に帰って、風呂にゆっくり入り、5時半から早々と生ビール。Yクン至福の時だったようです。

2023121618180000

 この日、ワタシはカラスガレイの煮つけ定食。

 翌日の朝食は、こんな感じ。

2023121707310000

 お見事に必要最小限ですが、キチンと作ってくれているので不満はありません。

 でも、これを「ゼイタク~!!」って言われちゃうと、ねえ。~o~;;

|

« 達人との旅その一 | トップページ | 冬の兆す北信越めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 達人との旅その一 | トップページ | 冬の兆す北信越めぐり »