« お値打ちの色々 | トップページ | Road to JOC24'~野沢への道 »

2024年2月13日 (火)

Road to JOC24'~津南への道

 昨日の月曜まで野沢で娘(仮称ケミ)の南関東ユースというレースがありました。東京都のK2はこのレースがジュニアオリンピックの選考レースになります。

 土曜日には南関東ユースのための事前トレーニング会が野沢で行われるはずでした。ところが、これが雪不足でコース保全のために中止。ケミさんのレーシングスクールでは急遽、津南でのトレーニングを企画してくれました。

 金曜夜に苗場に入りました。苗場から津南までは1時間半ほど。

2024021008140000

 マウンテンパーク津南スキー場は現在一般営業をしていません。この日は新潟のチームと一緒にバーンを一日借りてのトレーニング。こんなに斜度があって広い一枚バーンなのに、営業していないとは勿体ない。

 営業していないので親は当然滑れません。他の親御さんはバーンの下で子供たちの滑りを見守っているのですが…。我が家の滑りたがり母がそんなことをするはずもなく…。~o~;;

 ケミさんを送り届けて、すぐに苗場にUターン。

 苗場スキー場は、この時以来です。いやー、懐かしい。日帰りセンターは少し変わりました。

 第三ゲレンデを普通に滑るだけで何故だか楽しいです。いやー、苗場って練習じゃないと楽しいゲレンデなんですねえ。

2024021011210000

 筍山山頂に上りました。何故かお客さんが少なく、快適。

2024021011280000

 ゴンドラを二本。筍山山頂~男子リーゼン、筍山山頂~女子リーゼンと滑って昼過ぎに苗場を出ました。朝から津南への道を一往復半して津南に戻った時には午後二時過ぎ。

2024021014140000

 ケミさんは仮想野沢カンダハーコースで十分なトレーニングを積めた模様。

 津南を四時頃出て野沢へ回って翌日からのリフト券を購入。野沢の宿が取れなかったために、この日の泊りは戸狩温泉のロッジ「Pュア ヨシゴエ」さんでした。とても広い部屋を用意してもらって母娘は大満足だったようです。

|

« お値打ちの色々 | トップページ | Road to JOC24'~野沢への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お値打ちの色々 | トップページ | Road to JOC24'~野沢への道 »