« ロング&ワインディングな切り分け | トップページ | 試乗三昧の旅GS篇 »

2024年4月 9日 (火)

苦い会議と春のうたげ

 土曜日、娘(仮称ケミ)はみつまたでTR。Yは奥只見へ出かけてペンションY一行と遭遇。異郷奥只見のスキーを楽しみました。

 一方、ワタシは会議でした。ちょっと苦い言葉を吐かせてもらいました。 

 正直、昨年度夏のストレスをそのままには出来なかったので。

 会議終了後、急いで大宮に向かい新幹線に飛び乗って浦佐へ。Yの迎えでペンションYに入りました。急遽、ペンションYの奥只見ツアーに参加することになったためです。

 土曜夜はペンションY常連さん達との和やかな宴があり、日曜はペンションYのバスで、いざ奥只見へ。

 さしもの奥只見も今年は雪が少ないそうです。

2024040713340000

 わかりにくいけど、第一リフトのフェンスの外の雪を寄せてコースを作っています。

2024040710250000

 第二リフト沿いのかもしかEコースは、雪が付いているように見えますが、例年になく雪が薄くオープンしていませんでした。

2024040710380000

 かもしかBは相変わらずコブ天国。ここは、まだコブ底が見えません。

 昼食は一番下でBBQでした。我々がBBQをしている向かいでは、

2024040713170000

 全日本木ソリ選手権というイベントが行われていました。

 昼食後もYはコブを滑りまくり、へそ曲がりのワタシはコブラインの間の狭いスペースの小回りを楽しみました。

 難しいんですよ、コレ。~o~

 二人ともかなり滑って、奥只見を後にしました。急いでみつまたのレーシングスクール指定宿にケミさんを迎えに行き、小金井帰宅は九時半過ぎていました。

 翌日、ケミさんは新学期。この日から二年生です。もうあの日から一年かぁー。

 一方、ワタシはチューンナップショップに行って雑用をこなし、夜は、

 Yが日曜早朝にペンション近くで狩をしてきた獲物を、

Img_00371

 我が家の春の定番、「フキノトウのペペロンチーノ」と天ぷらにしてくれました。いつもの春のうたげです。

 フキノトウの天ぷらは、ペンションY常連のI夫人にコツを教わって来たとかで、段違いに美味く出来てました。I夫人に感謝。~o~

|

« ロング&ワインディングな切り分け | トップページ | 試乗三昧の旅GS篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロング&ワインディングな切り分け | トップページ | 試乗三昧の旅GS篇 »