« 残雪ブルモリ試乗コブ板篇 | トップページ | ギリギリ人並みGWその一 »

2024年5月 3日 (金)

残雪ブルモリ試乗マニア板篇

 その他、マニア向け板のレポートです。

試乗日4/28  晴れ

試乗場所 かぐらスキー場 少しボコボコになりつつあるメインバーン、和田小屋正面のコブライン。

・Bluemoris S-Potion Ltd.+ロングプレート 165cm R=12.5  119-65-102

2024042811510000 

 野沢でも乗ってみた選手用のS-Potionに、また乗ってみました。かぐらのコブでどうかしらと思ったので。

 結論から言うと、ぜーんぜんオッケー。特に跳ねられるということはありませんでした。

 でも、やっぱりコブ以外の面白さという点で、普通のS-Potionが優る気がします。

 多分、硬いところに行けば、こっちの方が頼りになるんでしょうけどね。

・Bluemoris  JAZZY80 167cm R=13.0  120-80-97

 この板、実はワタシは履いていません。なので写真もないのですが、Yが履いて大変気に入ったようなので、記事にしました。

 まず、ひじょーに楽だそうです。何をやるにも楽だとか。

 軽量で前後のバランスが良く、太過ぎないので板が重なることもなく、荒れた斜面もコブも楽チン。

 あんまり楽過ぎるので、気を抜き過ぎて気付いたらリカバーできなくなることがあるって言ってました。

 三年前にコイツの昔のモデルにワタシが試乗して感じたのですが、ワイルドなバーンに向いてるってことですかねえ。

・Bluemoris  JONDANO 177cm R=15.5  129-105-126

 2024042813230000

 やっぱり最後にはイロモノマニアの血が騒いで、変った板に乗ってみました。渡部浩司さん使用のフリーライドコンペモデルだそうです。

 軽いのにかなり足元にシッカリ感があります。また、荒れた斜面でも小回りがしやすいです。トップとテールが細くなってロッカーしているので、小回りする時に使うエッジの長さは150cmくらいなんじゃないかしらと思いました。そのくらいの小回り感。コブでも使えます。

 ただし、普通に小回りしようとすると、板がカチカチ触れ合ってちょっとうるさいです。

 多分、フリーライドコンペという競技だと威力を発揮するんでしょうが、一般人がコイツに乗るシチュエーションを、ちょっと想像できませんでした。まー、一般的にはイロモノそのものですね。~o~

|

« 残雪ブルモリ試乗コブ板篇 | トップページ | ギリギリ人並みGWその一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残雪ブルモリ試乗コブ板篇 | トップページ | ギリギリ人並みGWその一 »