« 心置きない土曜髪を切る日曜 | トップページ | おまけの日ないまぜの感想 »

2024年5月29日 (水)

ケアレスミスを出さないためのただ一つの方法

 一学期第六週が坦々と過ぎていきます。

 今年は楽なスケジュールになり、肉体的な疲労感はありませんが、気分的には疲れることもあります。

 やりたくない教材とかね。

 この季節はテキストの現代語訳を持って来る子の添削などもあり、訳をする際の基本的な約束事などを話したりします。

 「模試などで『已然形+ば』確定条件の『見れば』という古文をウッカリ『ミレバ』って訳しちゃうことがあります。本人はケアレスミスって言うんだろうけど、こういうのは、普段、予習の時に『接続助詞「ば」を見たら上の言葉の形を確認』っていう基本を繰り返し繰り返しやっていれば絶対に出ません。『ケアレスミス』ってのは、受験じゃ怠け者の言い訳です。繰り返し練習して体で覚える、それがケアレスミスを失くす唯一の方法です」

 なんてね。

 ところがこういう偉そうなことを言う父親の娘さんが…。

 定期テストの答案が返却されてきて、代数が補習になりそうだと言うので我が家はちょっとした騒ぎになりました。あんなに頑張ってたのに、と思ったんですが…。

 中学に上がってから初めて答案を見せてもらいました。平均点に20点ほど足りないそうです。因数分解が範囲でした。うーーん、ワタシで判るかしらん。

 と思ったんですが、判りました。内容は難しくありません。それなのに間違えが多かったのは…ケアレスミスだー。

 単純なケアレスミスだけで20点以上あります。何しろ、XとXを掛けている式のはずなのに、答えの方に二乗を示す2が書かれていなひ…

 これが三つもありました。~o~;;;

 単純な計算ミスやプラスとマイナスの符号間違えなど、「普段、基本を繰り返し繰り返しやっていれば」絶対に出ないようなミスのオンパレード。一昨年の六月危機を思い出しました。

 英語でもケアレスミス連発だと我が家の英語担当が言ってました。

 こりゃトレーニング量を増やすしかないぞー。

|

« 心置きない土曜髪を切る日曜 | トップページ | おまけの日ないまぜの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心置きない土曜髪を切る日曜 | トップページ | おまけの日ないまぜの感想 »