2024年2月 3日 (土)

一年の成長とささの湯信仰

 水曜日、娘(仮称ケミ)の帰宅を待って、我が家は午後4時に出発しました。

 2/1・2/2は、こんなことのあった日。あれから1年経ちました。いやー、信じられない。あの小学生が今や立派な中学生のお姉さんですものねえ。

 というわけで、ケミさんの学校は入試休みです。当然、我が家は越後です。

 まず、ケミさんをレーシングスクールの指定宿に連れて行きます。以前からケミさんはそこでの宿泊を楽しみにしていたのでした。

 我々は、苗場に泊り、翌日は11か月ぶりに復活と憎悪のポールTRでした。今回はワタシもレーシング板を履いています。まあ、SL板ですが。

 2024020109510000

 この日は曇りで小雪がちらついていました。昨年のこの時からここの常設ポールに来ているのですが、ここは素人レーサーにとってかなり使えるスキー場です。

2024020110190000

 スタート地点はこんな感じ。リフトを購入する時にビブを1000円で購入すれば誰でもポールコースの中に入れます。斜度も雪もセットも、素人がTRするのに最適。平日だとリフト一日券に食事1000円券付きセットで2900円はかなりお得。

2024020111520000

 お昼はカツ丼セットでした。ここのゲレ食は手作り感があり、このカツ丼セットも1050円にしては美味しいです。

 楽しかったので、一日でワタシは12本Yは15本滑りました。久々にしては滑り過ぎ。

 少し背筋が張ってしまって、マズいなあと思いながら、帰路につきました。

 道中、風呂に入っていこうということになり、この街道近くではおそらく最安の「ささの湯」さんに向かいました。

 かなり以前から丸沼帰りには良く使っていた温泉です。普通の民家のような建物で、お風呂はなかなか風情があるのですが、ちょっとぬるめの温泉です。

 背筋が温まるまで出られないなあと思い本当にゆっくり入浴。泊り客のお爺さん達と同じように30分以上は浸かっていました。こんなにゆったり入浴したのは生まれて初めてです。

 別に温泉の効果なんて期待していなかったのですが、風呂から上がって奇跡が起きました。あんなにしつこかった背筋の張りが淡雪のように消えています。

 いやー、ここの温泉って、もしかしてトンデモナイ名湯なのかしらん。~o~

| | コメント (0)

2023年11月29日 (水)

待ち望む気持ちの休日

 月曜日、ワタシは一番大変な横浜→吉祥寺移動で七時間授業の、二学期第十二週でした。つつがなく終了。

 さあ、あとはフロイデの日を待つばかり。

 一方、Yはこの日、娘(仮称ケミ)の学校の授業参観でした。金土月のどの日に行っても良かったのですが、金土は、我が家行けませんから。

 Yは二つの授業を参観しました。片方はケミさんからツマラナイと聞いていた授業で、同級生の皆さん、父兄参観にも関わらず非常に自由に振る舞っていたとか。

 まあ、早い話がクラスの半分が居眠りしてたと。~o~;;

 もう片方は、面白い授業で、クラス中で和気あいあい生き生きと盛り上がっていたらしいです。

 Yは、「楽しそうだし、仲が良いクラスだって伝わってきマシタ」とのこと。

 まあ、自主性と自由を求めてこの学校を選んだわけですから、この雰囲気がまさに我が家の望んだものってことですね。ヨカッタよ。

 昨日は受験生の第十二週最後の日でした。無事終了。

 今日はお休みの日ってことで、

2023112909070000

 二週間ぶりの打ちっぱなしでした。ワタシは絶好調。一方Yはあまり調子が上がらなかったんですが、最後にボールを置く位置を少し変えたことで調子が良くなり…。

 これだけ良くなると、次の段階を望んでみたくなります。

 帰宅後、デスクワークのためにコーヒーを入れる支度をしながら、ずっと言い出したかったことをYに伝えました。

 昨年、義兄夫婦から我が家には不釣り合いな高級チョコレートを頂き、半分食べた残りを貧乏性Yは冷蔵庫の奥に大切に保管していました。ワタシが食べようとすると、「もったいないから駄目デス!」

 もうその状態で長い時間が経ちました。気になってしょうがなかったので、恐る恐る言い出したところ、「えっ、そんな物がありましたっけ?!」

 忘れてやがる。

 早速開けて食べようと言うことになり、

2023112913120000

 ↑の猫の模様のミント味のチョコ、賞味期限の日付は「22.10.23」!!~o~;;;;

 今日は、ずっと待ち望んでいた日でした。

| | コメント (2)

2023年10月 2日 (月)

人気の理由と丸かじり

 昨日は、娘(仮称ケミ)の学校の学園祭でした。

 事前に、この学校の学園祭史上最高の人出になると聞いていました。受験生の学校見学申し込みが大変多かったのだそうです。

 その話をケミさんから聞いて思わず、「ああ、君の入った頃から人気だったよねえ」と言っちゃってから、それがたった半年前だということに気づいて苦笑してしまいました。もう何年もここに通っているような言い方してるよ。去年の今頃は、こうだったのにね。

 学校に着いてみると立派な飾りつけ。

Img_09011

 確かにすごい人出です。Yはまずこの学校の学食名物「ポテカラ」を購入する列に並び、小腹を作ってから、さあ、見て回りました。

 まず、中学生の夏休みの宿題の展示へ。

 実は、夏休みの宿題の優秀者の展示に、いくつか選ばれていると優秀者さんから聞いていたので。

Img_08972

 英語の本の英語の感想文です。英語がからっきしダメだった親父には御立派としか言いようがありません。

 ケミさん以外の展示もいくつか見せてもらって、改めてこりゃあなかなか良い学校だなと思ってしまいました。皆さん、かなりシッカリしてるし早くも自分の個性を上手く主張しています。

 高校生の展示も見ました。高1の夏には自分が大学で勉強したい学部を調べてのレポート、高2の夏には入りたい大学のオーブンキャンバスに行ってのレポートを提出させます。

 皆さん大変に立派なレポートで、ほとほと感心しました。

 でも、入学時の偏差値に比べてこの学校の東大合格者数がイマイチ伸びない理由も判りました。

 子供の幸せを思ったら、この学校のやり方は多分ベストの一つです。でも、このやり方だと、何が何でも東大と生徒は言わないでしょうね。

 大学で勉強したいことなんて考えさせないで、「とりあえず出来るだけ偏差値の高い大学を目指しなさい、可能なら東大を目指しなさい」という指導をした方が東大合格者数という学校の実績は、きっと上がるんです。

 それを敢えてしないというのは…もしかしてこの学校の人気の理由の一つかも。

 ウチは、この学校でヨカッタよ。

 昼過ぎまで見学して、遅いお昼を食べに町に出ました。

Img_09031_20231002060601

 駅近くの中華居酒屋台北餃子Cのテラス席です。

Img_09041_20231002060601

 写真右は「丸かじり青椒肉絲」という珍しい料理。なかなか美味でした。

| | コメント (0)

2023年6月11日 (日)

喜ばしくも恥ずかしくも喜ばしい日々

 昨日、ワタシは仕事だったので、Yが娘(仮称ケミ)の中学校の保護者会に出席してくれました。

 ホントはこういう集まりが嫌いなのでイヤがっていたのですが、イヤイヤ行ってみたら楽しかったようです。

 担任からのお話も楽しかったようですが、スキー部の顧問にお会いできたのが我が家的には良かったかなと。なんだか、我が家の娘は期待されているみたいです。

 いろいろ学校の話を聞いて、あらためて「この学校にして良かった」と思えました。

 授業は入学前に考えていたよりはるかに厳しく、しっかり教えてくれているようですが、期末テストが終わるとかなり自由になる時間を取れるらしく12月の雪上TRの時間を予想していた以上に多く取れそうです。

 どうも、「お勉強はシッカリ教えるけど、自分のやりたいことがあったらドンドンやんなさい」という校風らしいです。

 いやー、ここまでとは思っていませんでした。それこそ我が家の理想。~o~

 Yの報告を聞いている途中でケミさんが帰って来ました。この日、ケミさんは中間テストの結果を持ち帰って来ました。

 ニコニコしながら報告してくれたので、期待していたのですが、ナント、合計点は学年の平均点とほぼ同点だそうです。

 うーーん、キミはあのT岡さんに受かったっていう子じゃなかったっけ?!~o~;;

 まあ、それは良いです。問題は、合計点の足を大幅に引っ張ったのが古典だったってこと。

 いやーーー、恥ずかしくて担任の先生(国語担当)とお話できないよ、パパは。~o~;;

 今日は池袋サンシャインシティに出掛けてスキースクール主任コーチとのマテリアル相談でした。

2023061115080000

 カスタムフェアはこの時以来かも。

 相談はすぐに終って、ケミさんのSL板を予約。その予約確認でガラポンをやったら、

2023061119570000

 こんなものをもらってしまいました。

 相談が終わって時間があるので、ビアガーデンにでも行くかという事になっていました。実はビアガーデンは結婚して以来のYさん宿願です。

 ビール大好き、テラス大好き、BBQ大好きなYは、当然それらを合わせたビアガーデンというものが大好きです。「何時か行きたいデス」とずっと言ってました。

 ところがこの日は微妙に雨が降ったり止んだり。仕方なく、ビアガーデンは諦めてビアホールに行きました。

 Yクン、銀座ライオンも大好きなんだそうですが、二十数年ぶりだとか。

2023061117460000

 ビールが美味しいです。Yクン大感激でした。飲んで食って帰宅。

 帰宅後、すぐに組み立ててみたら、

Img_06061

 いただいたのは、こんな御立派な物だったと。

| | コメント (0)

2023年5月23日 (火)

リモートと深海の淵

 昨日は一週間で一番ハードな月曜の第六週でした。今学期もヤマを越えられました。

 それとともに、この季節のちょっとしたストレスの元になる某東大対策添削第一回も提出してきました。今年は、何だか出来が…。

 一部のよく出来る子を除いて、過半数の生徒さんがとんでもなく基本的なことを知りません。

 「今の浪人クン達は高1の時にリモートだったから基本的な知識が欠けている」と言う説を同僚講師のサイトで見たばかりでした。うーーん、もしや、これがソイツですか、ねえ。

 さて、我が家の娘(仮称ケミ)ですが、今日から初めての定期テストです。実は、ケミさんは中学へ入学して以来一昨日の日曜まで、自分の部屋で勉強していませんでした。英語は台所の英語教師Yに教わっていることもあり、その他の教科の宿題もリビングに持ち込んでやっていたのでした。

 せっかく、中学受験で自分の学習机での学習のクセをつけていたのに…。

 とお父さんは残念に思っていたのですが、ようやく、自分の学習机に戻ってくれました。

 中学受験では、志望校に入った後、学習の習慣を忘れてしまい成績が最下層から浮かび上がれない子のことを深海魚と呼んでいるのだそうです。

 ケミさん、何とか、深海の淵からは逃れ出てくれたかしらん。

 先ほど定期テスト第一日目から帰宅しての第一声は、「楽しかったー」でした。ホッ。

 としたのも束の間、「でも古典が出来なかった―」だと。

| | コメント (0)

2023年4月10日 (月)

賑わいの山努力の山

 土曜日も娘(仮称ケミ)は早速通学。中学生第一日でした。

 ピカピカの一年生です。六年前にはピカピカの初迷子になっていた娘が、この日は通学定期券での電車通学でした。

 ケミさんの帰宅を待って我が家は越後へ出発。ケミさんはレーシングスクールの指定宿に入り、日曜はみつまたでTR。我々は苗場に泊って日曜は野沢へ。2019以来の野沢試乗会です。

 日曜朝、ナント、苗場の駐車場でも雪が積もっていました。

2023040907300000

 野沢には9時過ぎに着いたのですが、驚いたことに駐車場満車。第三駐車場へ入れさせられたのは初めてです。なんだろ、この混雑は。

 他のスキー場に雪がないのと前夜降雪でこの日快晴という予報とやまびこゲレンデで行われたレースと試乗会と各メーカーが行っていたレッスン会と…そういう要素が重なったせいらしいです。

 例によって長坂ゴンドラ乗り場の辺りは、ほぼ畑状態なのですが、

2023040909490000

 やまびこまで上がると別世界でした。試乗レポは明日にでも。

 午後2時まで試乗してみつまたへ回り、ケミさんを拾って帰京。帰宅は午後8時頃になりました。

 今日からケミさんは普通に一学期です。ワタシはまだ仕事が始まらないし今日は紙ゴミの日なので、この時期にやってしまおう。

2023041009470000

 Yと一緒にケミさんの塾の教材を整理しました。これで約三分の二ほど。あの子が二年間で積み重ねた努力の山です。Sピックスの教材はドリル式なので、ほぼ全ての教材にマジメな書き込みがあります。 

 ワタシは商売柄、こういう真面目な努力が全て実るわけではないということをよーく知っています。しかし、真面目な努力のないところに成功の果実は実らないということも、よーく知っています。

 実ってくれてヨカッタよー。整理してて充実感があるもの~。~o~;;

| | コメント (2)

2023年4月 8日 (土)

ハレの場共有

 昨日は、娘(仮称ケミ)の中学の入学式でした。

 学校の近くの駅でお義父さんお義母さんと待ち合わせして登校。イマドキのこととて体育館に入れるのは新入生一人につき、保護者2人までと制限されています。校門のところでワタシとお義母さんだけが中へ入りました。

 なにしろ、Yは「式」というハレの場が大嫌いなので。

 入学式自体は、厳かな中にもフレンドリーな雰囲気で終りました。ケミさんは、塾での一番の仲良しWちゃんと同じクラスという僥倖に恵まれてシアワセ一杯だった模様。

 式終了後、父母会の説明やら子供の学級会やらがあって、かなり時間を費やしてから帰宅の途につき、途中からYに電話を入れたところ、「アタシ達もさっきまで見てマシタ~」

 Yとお義父さんは校門のところから帰ったはずだったのですが、校門にいた学校の先生が事情を察して、「一番後ろから見ていただいて良いですよ」と計らってくださったとか。

 夕食は、お義父さんお義母さんを交えての入学祝の宴となりました。

Img_05711

 近所の魚屋さんで刺身身盛り合わせを頼みました。写真右上はこの日のために取っておいた四ツ谷鈴傳購入の埼玉県滝沢酒造さんの「饗(あえ)の光 純米大吟醸 槽汲み」です。

 武蔵ワイナリーというワイナリーで造ったお酒で、繊細な酸と瓶内発酵の炭酸の刺激があり確かに美味しいのですが…うーーん、課題は値段との釣り合いですかねえ。

| | コメント (0)

2023年3月 6日 (月)

トイレとトレーニングと初弁当

 一昨日の土曜日、我が家は朝からドタバタでした。

 娘(仮称ケミ)は、この日、入学予定の中学校の説明会でした。当初はそのために家族全員で帰京する予定だったのですが、苗場のマンションから新幹線で往復すれば早朝にTRできるということになり、できるだけ早く、ケミさんをみつまたへ送り出すことになっていました。

 ところが、マンションのトイレが朝からトラブル。ワタシがケミさんを七時にみつまたへ送り出し、Yはその間トイレトラブルの対処…

 を済ますはずだったのですが、なかなかトラブル解消せず、すったもんだの末、奇跡的に解消。やったぜ、Yさん。

 早朝トレーニングを済ませたケミさんとワタシは、安堵して新幹線へ。Yさんは八海山へ。

 湯沢駅で購入した駅弁を新幹線で食べました。

2023030410280000

 ケミさんは、初駅弁でした。湯沢駅の「すきすき弁当」に大興奮。

 この日はいつまでもいつまでも駅弁の美味しさを語っていました。

 説明会はつつがなく終了。ケミさんは、塾での仲良しWちゃんと再会できてお互いの合格を喜びあっていました。

 やはり、この塾の吉祥寺校からは、今年もこの学校にたくさん合格していた模様。

 日曜日、ケミさんをみつまたに送った我々は、八海山へ。

 快晴でした。八海山日和。

Img_20230305_091144

 ロープウェイ山頂駅からチャンピオンコースを望む。

 キレイに圧雪が掛かっていました。Yとともにロープウェイのコースをグルグル回ります。朝のうちは放射冷却でガリガリ。硬すぎるバーンに苦労して滑るうちに雪は柔らかくなり、丁度良い具合…

 に一回だけなってくれましたが、その後は一回ごとにグズグズになっていきました。

 小回りし続けましたが、なかなか満足な滑りはできません。八海山は難しいです。我々はホンモノじゃないからね、Yよ。

 まあ、これだから飽きないんですけどね。

| | コメント (0)

2023年2月 6日 (月)

今なら書ける中学受験~危機を乗り越える

 五年生の間、娘(仮称ケミ)の成績について、我が家ではあまり心配していませんでした。マンスリーテスト組分けテストでは時々失敗して、設定した目標クラスの幅から外れることもありましたが、五年生入塾で理社科の知識が欠けているのは判っていたので、あまり気にしませんでした。

 実際のところ、理社科の成績は六年生になって改善されて行きました。特に、六年後期からの単科講座で社会を取ったのが効果的だった模様。六年生前半まで偏差値50になかなか達しなかった社会が、六年後期には五回分の平均偏差値が53まで伸びて、大きな武器になってくれました。

 五年生までは成績を気にしなかった我が家ですが、六年生の三回の危機は心配しました。

 一回目の危機は六年生六月の算数の失敗でした。志望校判定模試で算数の偏差値38を取った時には驚きました。

 結局、この時に決めた再始動の二つの方針

・間違えた問題はすぐに答えを見るのではなく、なるべく自力で解き直す。

・毎朝、計算練習問題集を1ページやる。

これを試験日まで愚直なほどに続けてくれました。その結果、解ける問題の範囲がひろがっただけでなく、解けない捨て問題の判断が出来るようになりました。また、大問一の計算問題のミスが激減し、算数の成績が平均偏差値46~8ぐらいで安定するようになりました。

 二回目は六年生十月の国語の大ゴケでした。直近の五回分平均偏差値64だったものがこのマンスリーは突然45.5でした。七つもクラスが落ちました。

 おそらく、急激に上がったクラスが合わなかったんだと思います。自分がαだということを意識し過ぎたのかもしれません。この時は、結局、すぐに国語が立ち直ってくれたので、安心出来ました。

 この子の国語の力は、もちろん豊富な読書量に支えられた読解力に根差しているのですが、意外と馬鹿にできなかったのは漢字の力だったと思います。四年生の漢検で六年時に習う漢字を完成していたのが国語の得点を下支えしてくれました。すぐに立ち直れたのはそのおかげもあるかと。

 漢検なんて、別に中学受験対策で始めたわけじゃなかったんですけどね。ラッキーでした。

 三回目は六年生一月のこの時。この時は、本当に上手く立ち直ってくれました。ケミさんのポジティブな性格がものを言ったということでしょうか。

 これら三回の危機以外にも、我が家には潜在的な危機がありました。この人の弱みが顕在化して重圧に耐えられず途中で暴発していたら、どうなったことやら。よくぞ耐えてくれました。

 志望校決定の時から無理なチャレンジ校を第一志望にしなかったのは、そういう理由もあってのことでした。

| | コメント (0)

2023年2月 5日 (日)

今なら書ける中学受験~あがるさがる

 娘(仮称ケミ)の塾通いが始まりました。

 ケミさんの通うSピックス吉祥寺校は、Sピックスの中でも比較的大きな校舎らしく、五年生だけで200人以上在籍しているようでした。それを成績上位者からα1~6、P~Aの22クラスに分けていました。ケミさんは入塾テストの成績でK組に振り分けられました。だいたい真ん中です。

 この学力別授業というのがクセもので、毎月のマンスリーテストや何か月かおきの組分けテストなどの成績でクラスが動きます。六年生になると、毎回の授業内テストでも数人はクラスの上下があります。子供のモチベーションを高めるためなのだと思いますが、これが親の一喜一憂のもとになります。

 我が家の子は、志望校の偏差値とこの校舎の合格実績から考えて、L~P組の間くらいにいてくれれば良さそうでした。だから、比較的落ち着いてられたのですが…。

 塾の学習自体は大変順調だったようです。授業は面白かったらしいので。

 宿題は大変でした。この塾では、クラスに応じて宿題の量が変わります。下位クラスの間は、そんなにたいした量でもなかったのですが、クラスがアップすると宿題の量がハンパではなくなります。たとえば、ケミさんの二年間の最高クラスα5のクラスの宿題は本当に大変でした。量も大変だったのですが、質的に高く、「こんな難しい問題、ケミの志望校じゃ出ないよ」というものが多かったようです。

 そういう毎回の宿題に忙殺されるのに、クラスのあがるさがるでかなりストレスが生じるようです。子供もそうですが、親の方に。

 ケミさんがG組あたりにいた五年生夏の頃、とてもよく出来る男の子の話を聞きました。恐らく男子御三家あたりを志望していたのだと思います。「こんなクラスにいたら、ママに殺されちゃうよ」としきりに嘆いていたとか。

 また、これは六年生の最初の頃でしたが、同じクラスの男の子が授業中に何かを熱心にやっているので、何だろうと思ってよく見たら、ナント、執拗に自分の眉毛を抜き続けていたとか。

 やはり、その頃、授業内テストでの明らかなカンニング常習者の女の子の話も聞きました。

 「あがるさがる」のストレスが原因なんだと思います。そういう話を聞いて、我が家ではなるべく「あがるさがる」を気にし過ぎないように努めました。

 マンスリーテストというのは、六年生の前半までは出題範囲が決まっていてテストの直前に詰め込み的にマンスリー対策の勉強をすることができます。でも、我が家ではマンスリーテスト前に特にマンスリー対策をしませんでした。宿題だけで忙しいし、子供にストレスを掛け過ぎて眉毛が無くなっちゃ困りますから。

 ケミさんの勉強が比較的順調で、最初に設定したL~Pの範囲に収まってくれることが多かったということもありますが、けっこう上手くケミさんのストレスをコントロールできたと思っています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧