2024年6月15日 (土)

疲労困憊父娘の金曜

 昨日の金曜日、朝刊を取るために郵便受けを見たところ、ウチの予備校の封筒が入っていました。昨日、気付かなかったのか。

 驚いたことに、例のワタシの成績表でした。今年は、少し早くアンケートを取っていたようだったのは知っていたのですが、こんなに早く郵送してこようとは。

 朝食前に計算してみて…。うーーむ。

 ここのところ、授業で失敗というのをほとんどしなくなっているので油断していたのですが、うーーーむ、浪人の教科平均が異常に高い。

 苦手なはずの高校生は平均を上回っているんですが、得意なはずの浪人でヤラレました。そういえば、学力低位クラスの空気を掴みそこなっていたか。

 こういう気分で仕事に出掛けるのは、ちと疲れるのですが、仕方ありません。金曜の授業のクラスは高い評価をしてくれているので、彼らのせいじゃないからね。

 疲労困憊してはいても、この日はノンビリできません。授業後、一旦自宅へ帰った上で、今度は娘(仮称ケミ)を池袋のICIカスタムフェアに連れて行かなければなりません。

2024061417070000

 昨年同様、池袋サンシャインシティのカスタムフェアでコーチにマテリアル相談でした。ワタシはその後、池袋で授業があります。時間的にはかなり切迫しています。

 娘と学校近くの駅で待ち合わせてそのまま池袋へ。相変わらず、池袋は大変な人出です。田舎者のケミさんは、人の多さにゲンナリしていました。

 カスタムフェアも大変な人出でした。

2024061417080000

 東京でスキーする人ってまだこんなにいるのか、と思わされるほどですが、これで金曜ですからねえ。土日はどうなるんでしょう。

 板の相談を済ませて、ケミさんにブーツを試し履きさせました。ブーツの中の足の感覚をコーチと一緒に聞いてみるのですが、かなり詳細に答えてくれます。

 うーーむ、レーサーってスゴイ。

 ワタシ自身、ブーツを試し履きしてこんなに詳細に感覚を語れるかどうか、自信ありません。ヤッパリ、本物はスゴイな。

 とこちらは感心ばかりしていたのですが、ケミさんは、カスタムフェアの人の多さに相当疲れたらしいです。

 結局、相談途中でワタシだけ仕事に出掛け、ケミさんはブーツを決定して一人で帰宅しました。疲労困憊していたとか。

 まー、こういう日もあるよ。

| | コメント (0)

2024年6月 1日 (土)

恒例23-24シーズン総決算

 シーズン終了は早かったのですが、この日の恒例なので半月遅れのシーズン総決算。今シーズンはこんな感じでした。

 2023年10月から2023年5月までの滑走日数は、ワタシが53日、Yが61日、娘(仮称ケミ)が79日でした。ケミさんは夏のNZ合宿を入れると94日です。ワタシは三年ぶりの50日越えでした。一方、Yは意外と伸びませんでした。12月と5月の小雪の影響とケミさんの土曜登校に付き合ったためでしょう。ケミさんは土曜に学校があった割にはかなり滑れました。でも、裏山を活用できたら、100日行ったかも。

 23-24シーズンにワタシが滑ったスキー場は、みつまたかぐらが12日、八海山と菅平がそれぞれ6日、戸隠と奥只見がそれぞれ4日、野沢温泉と尾瀬戸倉と軽井沢がそれぞれ3日、かたしな高原と志賀とよませと松之山が2日、イエティと苗場と富士見パノラマと田代がそれぞれ1日でした。国土エリア券で20日。一応元は取れてたかな。

 一方Yは、みつまたかぐら15日、八海山9日、菅平8日、奥只見5日、軽井沢4日、尾瀬戸倉3日、かたしな高原と野沢温泉と戸隠と志賀とよませと松之山がそれぞれ2日、狭山、苗場、富士見パノラマ、八方尾根、田代がそれぞれ1日でした。ケミさんは、みつまたかぐらが28日、菅平が10日、軽井沢9日、ほろたち8日、志賀5日、尾瀬戸倉、田代がそれぞれ3日、野沢、戸隠、よませ、松之山がそれぞれ2日、八海山、イエティ、狭山、津南、奥只見がそれぞれ1日でした。

 今シーズン我が家で購入したスキー用品は、ワタシのオールラウンド板SL板ウェアとゴーグル、Yのファットスキーブーツ、ケミさんのSL板とストックとヘルメットでした。

 ワタシのオールラウンドは試乗を重ねての購入なので、大納得。おそらくワタシのオーラウンド板史上最高の一台です。満足度は当然の★★★★★。一方SLは勢いで買っちゃったけど、マグレ当たりで満足度★★★★★。ウェアとゴーグルも納得できました。今シーズンはマテリアル的に大満足のシーズンでした。

 Yのファットは一度しか使ってないけど、本人とても満足していた模様。ブーツはシェルを硬くした関係で少しデリケートだったようですが、最後は上手くやれた模様。

 ケミさんのSL板は本人満足していたようですが、イマイチ結果が出なかったかな。

 雪不足のシーズンだったけど、ワタシ的にはかなり楽しいシーズンでした。身体が動いたから。レーサー復活なんかもあったし、まだまだいろんな可能性が残っていそうで、自分に期待したいです。

 ケミさんの今シーズンはNZ合宿での大幅な技術的進歩を受けて始まり、期待は高かったのですが、結果がもう一つだったのは、小雪の影響不運もあったとは思います。

 でもこんなこともあったし、来シーズンに大いに期待したいところです。

| | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

夏に向けた休日

 今日は授業の無い日でした。

 夏に向けて、毎年恒例の網戸掃除をしました。もちろん、Yが。

 こういう時、Yは自分でやらないと気が済みません。でも、「助手がいた方が助かる」と言う理由で、ワタシもそばに待機して、アレヤコレヤ。

 午前中には一応終了しました。ちょっとホッとします。

 一方、娘(仮称ケミ)も今日はお休みでした。学校の創立記念日です。

 昨年は滑りに行けたのですが、今年は定期試験一週間前で、そもそも雪がないしねえ。

 というわけで、彼女は試験勉強です。

 ワタシは基本、デスクワーク。某東大対策添削でした。

 デスクワークの合間に、夏の準備をしています。まず、ケミさんの夏期講習の申し込み。ケミさんと相談して取る講座を決定し、申し込ませます。

 それと、今年も予定されているNZ合宿の相談。

 それに、雪がなくなるとYが見に行きたがるJリーグのゲームの下調べもしました。去年の味スタに味をしめちゃったからね。

 今年は、チケット代を払って見に行くことになります。Yクンは、お金払ってサッカー見に行くのは初めて。

 「1800円くらいですかぁ」

 うーーん、昭和40年代の野球観戦じゃないんだからね。

 この人の金銭感覚で世の中が動いたら…。

 世界恐慌だろなー。~o~

| | コメント (0)

2024年5月13日 (月)

母が解放される初夏

 日曜日、Yは午前5時起床でいろいろを支度し、午前6時過ぎに出発しました。母の日のこの日は、Yが解放されて滑る日でした。

 午前9時過ぎにはみつまたに着いたそうです。さすが滑りたがり。

Img_20240512_110010

 シーズン最終日のかぐらは曇りだったそうです。

Img_20240512_122617

 毎年のお定まり、ブタやクマも来ていたとか。

 当然、八海山の常連さんも来ていて、YはAちゃんやTさんと御機嫌で滑りまくったらしいです。

Img_20240512_122822

 もちろん、最後はかなりのコブになったらしいです。

 一方、ワタシは、朝、競技会に出掛ける娘(仮称ケミ)を送り出した後は、毎年恒例の某東大対策添削のデスクワーク。

2024051212540000

 お昼は、恐る恐るくじらの醤油ワンタン麺、メンマ増し。ラーメンってスープを全く飲まないように食べると、ちょっと物足りないものだったんですね。

 夕餉のための買い物を済ませてYの帰宅を待ちます。ケミさんも帰宅して準備。

 Yクン帰宅後、母の日スペシャルディナーとなり、

Img_00501

 左は、ワタシがYAOKOで買ってきた、母の日スペシャル一口寿司。真ん中はYクンの最近のお気に入り「アサヒマルエフ」。右はYが昨日、自分のために作った久しぶりの得意料理ローストビーフ

 ディナーの掉尾を飾ったのは、

Img_00521_20240513063001

 我が家恒例のトルコキキョウの下にあるのは、ナント、ケミさんがタブレットで調べた超簡単レシピデザートの「マシュマロとフルーツ缶のヨーグルト和えミント添え」。ミントは猫除けに庭に植えた我が家自家栽培。

 まあ、娘が自分で調べて自分で買い物に行って作ったものですから、母には多分美味しかったし、楽しかったんで良かったんじゃないでしょうか。~o~;;

| | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

夫が解放される初夏

 土曜朝、ワタシは愚妻Yに促されて午前8時前に家を出ました。

 Yは常軌を逸した滑りたがりなので、自分が滑る日ではない日でも他人を滑らせたがります。

 娘(仮称ケミ)は、今週、土曜に授業があり日曜に陸上の競技会があってスキー場に行きません。ということは今シーズン終了。

 でも、両親はまだ終わってない。ケミさんが東京にいるので二人で滑りに行くわけにはいきませんから、この日はワタシの単独行になりました。

 いくら滑りたがりYが五月蠅く言おうと、一旦出かけてしまえばこっちのもの。志ん朝さんを聞きながらノンビリと運転してみつまたは午前11時でした。

 みつまたはすでに全く滑れなくなっいました。ロープウェイ降り場からは板を運んでくれるキャリーサービスがあり、

2024051111350000

 人間はリフト乗り場まで歩きます。

2024051111360000

 ゴンドラ乗り場までは下りリフト。ゴンドラ乗り場はすでに初夏の深い緑に囲まれています。

2024051111540000

 かぐらまで上がると、すでに12時。定点観測地点のBBQ台は、

2024051112160000

 写真手前に雪がありません。でも、コース右サイドはかなりキレイに雪をつけてくれています。

2024051112290000  

 上から見ると、すでにかなりボコボコです。左サイドには深いラインコブが二本刻まれています。

2024051113550000

 お客さんはかなり来ていましたが、リフト待ちは無し。

 この日、ワタシは「どうせもうコブなんかろくにないだろう」と高を括って、今シーズン初めてブルモリS-Potionを持ち出しました。何を踏んでも良い古い板…のつもりだったのですが、どっこいコイツまだ元気でした。かなり板が走り、身体が置いて行かれます。

 最近、古いモーグル板H社F17が多かったので、コブの中で身体が楽を覚えてしまっていたかも。S-Potionで初めてコブの滑りにくさを感じました。

 まあ、ちょっと滑れば修正できそうな程度ではあるんですが…。

2024051114280000

 最後にはメインコースは全面ボッコボッコ。

 結局、カツカレーミドルの昼食をはさんで営業終了の午後3時半まで、リフト11か12本程度滑り、ちょっと疲れました。

2024051115500000

 営業終了時にはコース全部コブコブコブ…。

 みつまた駐車場を出たのは午後5時過ぎ。帰宅は午後8時過ぎでした。

 これでワタシの今シーズンは終了です。雪上51日目でした。

| | コメント (0)

2024年5月 8日 (水)

初夏への切り替え

 月曜で娘(仮称ケミ)の雪上シーズンが終わりました。

 レーシングスクールは今週末まで雪上活動をしているのですが、今週末は陸上の都予選に出たいとのことなので、今週から彼女はランナーです。

 本当は再来週くらいまではアルペンレーサーしていてほしいんですが、今年は雪もないしねえ。

 ワタシの方は一学期第三週が粛々と進む中、今日は仕事のない日なので、ちょっと早いけどタイヤ交換に行ってきました。

 「ちょっと早い」というのは、数年前までの感覚です。かつて異郷奥只見は五月中旬でも吹雪になったりしたので。

 今年は、奥只見も月曜でクローズドしちゃってるからねえ。~o~;;

 初夏への切り替えが進む中、我が家では、初夏の「獲物」達が食卓を飾っています。

Img_00441

 ペンションY土産で作ったアスパラのコンソメ醤油バタースパゲティ。これは絶品でした。「コレ毎日でも良い」とはケミさんのお言葉。

Img_00451

 山ウドのキンピラ。これも絶品でした。山ウドのエグ味を微妙に残している塩梅が絶妙。辛口ながら含み香を絶妙に残す「大盃 桶六十七号」にピッタリ。「コレ毎日でも良い」とはワタシの正直なところ。

| | コメント (0)

2024年5月 7日 (火)

ギリギリ人並みGWその三

 日曜日の早朝は山菜取りではじまりました。

2024050505480000

 ペンションYの周辺はフキと蕨の季節になっていました。

 ペンションYの奥さんによると、今年の山菜は進み方が速くてフキノトウやコゴミのシーズンはアッと言う間に過ぎたとか。

2024050506210000

 早朝の八海山スキー場。緑が濃いです。

 Yクン、得意料理の材料を採りまくって、大満足。

 この日も娘(仮称ケミ)はみつまた泊でかぐらTR。我々夫婦の奥只見着は九時半頃でした。

2024050510170000  

 リフト脇はコブシの花盛り。

2024050511080001

 土曜日にかなり土が出ていたカモシカBは、夜の間に雪出しをしてくれたそうです。

2024050510430000

 この日も山頂丸山ゲレンデではSLを張ってました。

 ケミさんも速さを認める東京都の実力者Sさんも来てました。体格は普通で力強さ派手さはないけど、基本に忠実で無駄やミスの少ない滑り。ナルホド、こういう滑りがウチの娘の理想なのか。

 奥只見では二時半まで滑って体力をギリギリまで使い切りました。ヘロヘロになって、ワタシだけ浦佐から新幹線で帰京。

 Yはこの日、ペンションYで旧友Tちゃんと再会。旧交を温めました。

 月曜、ワタシは朝から横浜の仕事。Yはみつまたに行ってみたのですが、この日、みつまたロープウェイは強風でほとんど運行せず。ケミさんのチームは坂戸山に山登りTRに行きました。Yはみつまたでひたすら山菜ハンターだったとか。「獲物」をたくさんお土産に持って帰って

Img_00421

 夕餉には、ペンションY土産の新鮮なアスパラとちまき、Yの「獲物」のコゴミ、それに高崎在住Tちゃん土産の高崎市牧野酒造さんの「大盃 特純 桶67号」が並びました。

 これからしばらくは「獲物」がいろいろ並ぶらしいです。初夏のお楽しみです。~o~

| | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

ギリギリ人並みGWその二

 土曜日、娘(仮称ケミ)はみつまたのレーシングスクール指定宿泊でTRでした。

 一方、我々夫婦は苗場に泊って異郷奥只見へ。

2024050410000000

 一番下の第一リフト沿いです。少ない雪をしっかり固めてくれています。

2024050410250000

 一番上の丸山ゲレンデではポールセットを立てらるほどしっかり雪がついていました。

2024050410360000

 ブナ平ヒュッテ上のカモシカBコースは中央の雪が薄く、ちょっとコレは拙いです。午後には↑の写真以上に薄くなって、いやー、このままでは日曜に滑れるかしら。

 気温がどんどん上がり、暑くてYさんバテ始めました。持ってきたお茶を飲みほしたところで撤収。午後三時半には出発していました。

 この日の宿泊はお馴染み八海山ペンションYでした。

2024050416460000

 ビールが、んまい!!

 ペンションYは、この日山菜まつりでした。

2024050418370000

 ↑は山菜スペシャルディナー。下中央はキノメのクレープ包み焼き。コレは、アルデンテに茹でられたキノメの歯ごたえとほろ苦さがチーズとマリアージュして本当に絶品でした。左下はキノメに削り節。左中はコゴミ。上中央はエビチリコゴミ添え。右は山ウド二種。これに山菜の天ぷらと蕎麦と銘酒八海山がついて、いやー、満足満足。~o~

| | コメント (2)

2024年5月 5日 (日)

ギリギリ人並みGWその一

 今年のウチの予備校は、ほぼカレンダー通りに休んでくれます。5/3から三人とも連休でスキー!いやー、夢のようです。

 ところが、その夢が本当に夢と消えかねませんでした。まず、5/2にワタシの仕事があったこと。忘れてました。立川で9時20分まで仕事です。それが終わってから出発かー。

 さらに、5/2の朝、娘(仮称ケミ)が、「喉が痛い」と言い出します。学校から帰宅したケミさんの検温をしてみると微熱があります。うーーーん。

 五年前なら笑って無視する程度なのですが、万一のこともあり得るから…。とりあえず出発時間まで寝ていてもらうことになりました。ワタシは仕事に出掛けます。

 もし万一、熱が上がっていたら…。何かに感染している可能性が…。

 ドキドキだったのですが、ワタシの仕事が終わる頃、目覚めたケミさんを検温してみたら、36.9℃。

 セーフ!

 ギリギリの出発でした。道中、渋滞などもあり、苗場は午前1時半近くでした。

 翌金曜日は、まずケミさんをみつまたロープウェイ運行開始時間に送り、我々はマンションに帰って朝食。再び出かけて来たのは午前9時でした。

2024050309120000

 新緑のロープウェイ乗り場。午前9時の段階で駐車場は中央の売店くらいまでしか埋まっていませんでした。

2024050309280000

 みつまたには全く雪がありませんでしたが、みつまた第一クワッド降り場からかぐらゴンドラ乗り場までの斜面は雪を張り付けていてくれました。

2024050310100001

 定点観測地点はこんな感じ。昨年の5/7に近いですかね。

2024050310150000

 リフト沿いのテクニカルコースは全く雪がありません。

2024050310420000

 しかし、メインコースは大丈夫。

2024050314000000

 この日、リフト待ちはほとんどありませんでしたが、ゲレンデはレッスンのお客さんで混雑していました。

 ケミさんは午前中レーシングスクールの雪上TR。午後はフィジカルTRでした。我々夫婦もそれに合わせて午後2時頃には撤収。

2024050314440000

 みつまたの帰りは下りリフトでした。

 夕方は、レーシングスクールの主任コーチと3者面談。我が子が他人に説明する姿はめったに見られないのですが、なかなか落ち着いて理路整然としゃべるなぁ。

 「同じ学年で速い子というと?」と聞かれて、ライバルMちゃんHさんの名前を挙げずに、東京都でMちゃんと並ぶ実力者「Sさん」と答えたのはちょっと意外。この子独特の感じ方を聞くことが出来て貴重な体験でした。

| | コメント (0)

2024年4月29日 (月)

金色と田代ブルーと残雪と

 土曜日は再び、娘(仮称ケミ)の帰宅を待っての出発でした。このところ何故か、ウチの予備校は比較的カレンダー通りに近く休んでくれます。そうなると、GWは子供のいる者にとってまさに金色の輝き。

 日曜日、我が家は6時50分マンション出発で田代へ。みつまたに雪が無いのでケミさんのトレーニングは田代です。

2024042808180000

 田代ロープウェイ降り場からの眺めです。いやー、先週から比べても雪がなくなったー。

2024042808300000

 でも、空は素晴らしい田代ブルー。

2024042809030000

 トレーニングバーンは緩斜面ですが、スラロームセットをしっかり張ってくれました。

 我々夫婦はケミさんの一本目だけ見てかぐらへ移動。かぐらでブルーモリスが試乗会をやってくれていました。

 レポートはまた後日。

 日曜はレッスンが多くゲレンデには人がいましたが、

2024042809560000

 リフトはそれほど混みませんでした。んで、十分試乗を楽しめました。

 二時過ぎにケミさんはトレーニング終了。下へ降りて風呂を済ませた我が家はみつまたへ下り、

2024042816340000

 三人で、山菜ハンターでした。

 月曜も、

2024042908230000

 午前中はなかなか良い天気。

 残雪の中、ケミさんは今シーズン最後のスラロームトレーニング。

2024042914360000

 本人的には、かなり手ごたえがあったらしいです。「ケミ、来シーズンSLがすごく速くなっちゃうかも」って、キミは楽観的すぎないか。

2024042913150000

 最後に定点観測地点。昨年同時期と比べると、いやー、少な過ぎるよー。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧