2021年7月 7日 (水)

棚からバタバタの三日

 三日間、バタバタと働いていました。

 月曜は一番ハードな日。朝から横浜ですが、このあさイチ横浜も一学期最後です。ハードだったけど、最後だと思うと頑張れます。

 火曜は、午後からあざみ野、そこから藤沢へ移動して夜九時まで授業。藤沢まで行って九時はツライけど、これも一学期最後ですから、まあ何とかなりました。

 そして、今日の水曜は、本来ならもう一学期終わっているはずなのに、オマケの補講でした。しかも他人の。

 仙台の先生が倒れてしまったので、その補講の代講です。朝八時に小金井出発で仙台へ。

 この仕事を言われた時に、「代講で仙台だよ」とYに言ったら、「えー、いいなー(オレ、仕事なんだよ)。お土産買って来てくださいネ(だから、仕事だっちゅーの)。」

 というやり取りがあり、今朝は今朝で、「棚からぼた餅みたいな仕事なんですから、稼いできてクダサイ」

 他人様の病気をボタモチ言うなぁーーー!

 とは思ったのですが、まあ、この収入で娘(仮称ケミ)の来期の板が買えると思えば、頑張れるかしらん。~o~;;

 頑張りました。午前11時から夜九時半まで九時間連続授業。こんなキョーレツな代講は初めてです。

 そういえば、今日は棚ボタならぬ七夕なんですねえ。

 2021070707540000

 三人で書いた短冊です。今年のケミさんは、「Mちゃんに勝ちたい」という定番に加えて、「ジュ二オリにも出れますように」が加わりました。Yは、「ポールトレーニングに取り組んで今年こそスキーが上手くなりますように」

 まだ上手くなる気かよ、このオンナわっ。~o~;;;;;

| | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

入れ込み未満バタバタの結果

 今日は、某東京都スキー連盟さん主催のフィジカルテストに、娘(仮称ケミ)を連れて西葛西まで行ってきました。

 某東京都スキー連盟さんが、ウチのケミさんを育成候補選手に選んでくれたのだそうです。

 というと、何だか凄そうですが、公式レースの成績が学年五位以内なら選ばれるのだそうで、要は、某都連所属でちよっと本気でレースやってると選ばれちゃうらしいです。

 でも、これになっておくと学校サイドにウケが良いらしく、将来、いろいろ学校に融通を利かせてもらいやすいとかナントカで…。~o~;;

2021062709200000

 某都連の方の御挨拶。皆さん、神妙に聞いてます。

2021062709420000

 近くの公園で準備運動とシャトルラン。

 シャトルランはこの子の得意技なので、このメンバーの中に入っても、かなりイケてました。

 しかし、他の種目はそれなりに苦戦した模様。キミは筋力と体格不足だよねー。

 子供たちがテストを受けている間、父兄は建物の外で一時間以上立ったまま待っていたらしいです。入れ込みクラブの皆さんは、このくらい何でもなく待ちます。

 入れ込みクラブに未入会の我が家は、ワタシのみが西葛西に連れて行き、テスト中は西葛西から御茶ノ水に移動してYと合流、30分ほどスキー街で買い物の後、トンボ帰りしてケミさんを連れて帰りました。

 来期のワタシのスキーパンツがバタバタと20分で決まりました。~o~;;

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

梅雨空のスタート

 昨日は、娘(仮称ケミ)のレーシングスクール陸トレの日でした。フィジカル測定がありました。

 都立大泉中央公園は、我が家からもそれほど遠くなくてなかなかステキな陸上トラック↓のある公園です。

2021060608060000

 雨が降ったり止んだりの天気でしたが、かなり多くの種目をこなせました。ワタシは大半の時間、駐車場の車の中で仕事をしていたのですが、時折見に行くと、こういうことが大好きなケミさんは、かなり生き生きと動いてます。

 圧巻は12分間走。中学生の目標と言われていた2400mを走り切りました。持久走速いだろうとは予測していたけど、小五女子としてはかなり御立派なんじゃないかしらん。

 午後は、主任コーチのお店に出掛けて、来シーズンのマテリアル相談。ケミさんの来シーズンはもうスタートしています。

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

恒例20-21シーズン総決算

 今日は、たまたま夏期講習申し込みでお休みの日なので、毎年恒例シーズン総決算ものんびりできます。

 2020年10月から2021年5月までの滑走日数は、ワタシが53日、愚妻Yが83日、娘(仮称ケミ)が94日でした。昨シーズンと比べて、ワタシは微減、Yはほぼ変わらず、ケミさんは二年前と並ぶ最高記録でした。

 ワタシの滑走日数は、97年にスキー馬〇生活を始めて以来の最少記録をまたまた更新してしまいました。年々減少しています。09-10シーズン以前は、こんな感じだったのですが、10-11が60で、以下、63、75、67、88、76、74、72、58、57、んで今年53。困ったモンだ。

 ケミさんが小学校入学してから減ってます。逆にYとケミさんは四年前から増えてます。ケミさんが増えたのは当然なんだけど、Yクン、キミはどうして増えているのかね。~o~;;;

 20-21シーズンにワタシが滑ったスキー場は、みつまたかぐらが14日、狭山が8日、八海山が7日、菅平が6日、戸倉が5日、田代、よませ、軽井沢がそれぞれ2日、ほろたち、カムイ、苗場、イエティ、神立、丸沼がそれぞれ1日でした。Yは、みつまたかぐらが29日、八海山が11日、軽井沢が8日、狭山、菅平がそれぞれ6日、田代、戸倉、奥只見がそれぞれ5日、苗場、よませが2日ずつ、ほろたち、カムイ、イエティ、神立が1日ずつでした。ケミさんは、みつまたかぐらが42日、狭山が13日、軽井沢が8日、田代が7日、菅平が6日、ほろたち、戸倉が5日ずつ、八海山が3日、よませが2日、苗場、イエティ、奥只見がそれぞれ1日でした。

 国土のエリア券は、ワタシが24日、Yが47日使用。まあ、途中で苗場みつまた八海山はクローズドしていたわけですから、これだけ滑ったら御立派ってことでしょう。

 今シーズン我が家で購入したスキー用品は、ワタシのB社小回り板とYのH社小回り板、ワタシのブーツケミさんのF社GS板、SL板、GSポール、SLポール、ジャケット、N社ブーツ、ワンピ。

 ワタシの小回りは、試乗を重ねての購入だったので、予想通りの満足度でした。不満は、この板を実戦で使えなかったことか。満足度★★★★★、おススメ度★★★★★。

 Yの小回り板は、試乗したものとビンディングを替えたので、どうかなと思ったのですが、お見事に彼女の滑りにハマりました。推定満足度★★★★★、推定おススメ度★★★★★。ワタシのブーツは、シーズンを通して全く当たらず、久しぶりに気持ちよく滑らせてもらったという感じ。満足度★★★★★、おススメ度★★★★★。

 ケミさんの道具については、多分、全て満足してくれているでしょう。そういう子なので。

 今シーズンは、いろいろなアクシデントがあり、波乱万丈な感じでしたが、終わってみれば、Yは準指に合格してコブが上達し、ケミさんもホンモノになってライバルMちゃんの後ろ姿を捕らえた実り多いシーズンとなりました。

 まあ、ワタシに関しては…、仕方ないですね。~o~;;

| | コメント (0)

2021年5月25日 (火)

シーズンはガスのかなたへ

 土曜日、愚妻Yと娘(仮称ケミ)は、例によって朝五時出発でした。この週末はかぐらの最終日。天気予報は雨だったので、ロープウェイも混まないだろうと予想して出かけたら、やはり混まなかったそうです。

 ワタシの方は例によって、午前はデスクワーク、午後町田で授業。今度は電車の中で寝ないよう、必死で起きてました。

 越後湯沢に迎えに来てもらって、二人と合流。ケミさんは、スキーTRの後、コンデイショントレーニングをして、その後、塾の宿題までやったそうです。忙しいこと。

 翌日曜も天気予報は悪かったのですが、朝のみつまたは、こんな感じでした↓。

2021052308290000

 爽やかな初夏の山って感じですね。

 ところが、かぐらに上がると、ガスでした。定点観測地点のBBQ台は、こんな感じ↓。

2021052309140000

 雪が無いです。メインコースとクワッド乗り場までの道は、硫安で固めて確保していますが、コブ底はかなり悲惨に岩が露出していました。

 ガスは所々晴れたりしましたが、基本、立ち込めていました。

2021052309390000

 ケミさんは、スクールの小学生グループで何本もトレーンをしていました。楽しかったそうです。

 Yは、ずっとコブラインの中でした。ワタシも恐る恐る入ってみたのですが、イヤハヤ、かなりえぐれていて、油断するとアウトしてしまいます。そんな中をYさん、ヒュンヒュン板を走らせて安定した滑りでした。クソ、また上手くなりやがった。~o~;;;

 ケミさんの雪上TRは午前中で終了。まだまだ滑っていたいYは、コントレしたがるケミさんの説得に失敗し、不満タラタラで一緒に下ることになりました。あははは。~o~

 ケミさんは、下る時もゴキゲンでスキップ↓。

2021052312430000

 みつまたクワッドの下りも楽しんだ模様↓。

2021052312470001

 とりあえず、かぐらの通常営業は終了しました。我が家のシーズンもほぼ終了。

 今シーズンは、最初良さそうだったのですが、いろいろあった末に、最後は雪不足になり、ガスのかなたへと去っていくようなシーズンでした。

 しかし、ケミさんは、ホンモノになってくれたみたいだから、まあ、良いシーズンだったのかも。

| | コメント (0)

2021年5月18日 (火)

波乱のち親〇鹿オーライ

 土曜朝、例によって愚妻Yと娘(仮称ケミ)は早朝出発でした。

 もっとも、前夜が塾だったので、四時出発というわけにもいかず五時出発。それでも七時十五分頃にはみつまたに着いていたらしいのですが、ロープウェイは見た事も無いような長蛇の列だったとか。

 一方、ワタシは二人を見送ってからデスクワーク。昼過ぎに家を出て町田の仕事に向かいました。町田での仕事を済ませてから例によって新幹線で越後に向かう手筈でした。

 ところが、早朝の見送りの影響なのか行きの電車車中で眠気が襲って来て…。朦朧とした状態で町田に着いた時に、荷物を中央線の荷物棚に置き忘れたことに気づきました。どっひゃー。

 それでも仕事はせねばならず、平静を装って授業しました。授業後、町田駅に行って駅員さんと相談してみたら…。なんと、ワタシの荷物は東京駅に先に着いていました。~o~;;

 東京駅で荷物を受けだして、そのまま新幹線乗車。越後でYと合流しました。

 翌日曜日、荒れる天気予報だったので、早めにみつまた駐車場に行き、スキーを車から降ろしていたところで放送が掛かりました。「強風のため、かぐらスキー場は全面運休といたします」だとー。

2021051610270000

 ロープウェイ駅舎はシャッター閉まってます↑。

 ケミさんは、実は、レーシングスクールの早朝トレーニングのため、すでにかぐらに上がっていました。エライことになった。

 どうなるやらとスキー場係員に尋ねてみたところ、全面運休にするほど風が強いのはゴンドラの所だけで、かぐらに上がった子供達は、安全にトレーニングしているとのこと。帰りもスキー場側がバスで下ろしてくれるとは、こりゃありがたい。

 しかも、他のお客さんが全く来られない環境だったので、普段の早朝よりも少し長めにトレーニングできたらしいです。ラッキー。

 我々夫婦は、もう自分達が滑れないのなんて関係なく喜んでいました。ケミさんさえ十分にトレーニングできていれば我々はどうでも良いよね、なんて。

 ワタシなど、荷物一時紛失という波乱の後に新幹線で駆け付けて、それで全く滑ってないんですけどねへ。

 ケミさんが山から下りて来るまでの間に、Yがみつまた駐車場近くでキノメを摘んでくれました。

P1100916

 これで親〇鹿には十分満足な週末となりましたとさ。~o~

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

窮も亦た楽しみ通も亦た楽しむ

 先週土曜日、娘(仮称ケミ)と愚妻Yは、またまた五時前に家を出ました。この日はGW明けということもあり、それほど道路は混まなかったようです。

 ワタシは、また例によって町田で仕事でした。夜は、上毛高原でYと合流。

 翌日曜、ケミさんは、レーシングスクールの早朝トレーニングでした。営業前の硬いバーンにポールセットを張って貸し切り状態のゼイタクなトレーニングですが、なんせ朝が早くて大変…。

 と思うのは親だけで、ケミさんは非常に楽しみにしていたようです。スクールサイトの動画を見ると、かなり生き生きと滑ってます。硬い状態はほんの数本で、すぐに荒れてくるのですが、その荒れたコースも楽しんでいるように滑ります。たいしたモンだ。

 我々夫婦は、七時半頃にみつまた駐車場へ。もうすでにロープウェイ行列はこんな感じです↓。

2021050907240000

 みつまたは細い廊下だけが残っていました↓。

2021050908170000

 かぐらはこんな感じ↓。かなりコブ底が出ています。

2021050908430000

 でも、人はいます。高速クワッド待ちは、最長でこんな感じ↓。

2021050911400000

 天候が悪くなる予報だったのですが、雨はほとんど降り出さず、昼過ぎにガスが降りて来た頃にケミさんのトレーニングは終了。この日も頑張って滑りました。

 翌月曜日。ケミさん通塾開始の日でした。今日から塾だねと話を向けると、「塾、たのしみー!」

 ウチの娘は、何故か全てにポジティブで、大抵のことを楽しんでくれるのですが、まさか塾まで楽しみにしてくれるとは思いませんでした。

 「窮も亦た楽しみ通も亦た楽しむ」とは『荘子』の言葉ですが、我が子ながらたいしたモンだね。

 ただし、その塾で出された宿題だけは、あんまり楽しめなかった模様。~o~

| | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

紙一重の向こうと最後の試乗レポⅠ

 昨日の火曜日、娘(仮称ケミ)は、田代でスクールが行ってくれたタイムレースでした。

 レースと言っても、昨年同様タイムを計測して順位をつけるだけです。しかし、レースと名が付けばレーサーのモチベーションにはなります。SLだけだったのですが、ケミさんかなり奮闘した模様。小四~小六の男女混合のカテゴリーで三位でした。上位二人は六年生のお兄さんお姉さんです。

 スクールのアップしてくれた動画を見たのですが、かなりキレイに旗門をクリアしています。ところが、優勝者の六年生、仲良しのR子さんとは40秒ほどのコースで2秒以上の大差がつきました。

 この二人、技術的にはほぼ同じレベルなのですが、ケミさんが紙一重で旗門に触らずにクリアしようとするのに対して、R子さんは、旗門に当たることを嫌がらないライン取りで旗門をかき分けて行きます。

 これだと一旗門につき、ゼロコンマ何秒か差が付くなぁー。

 この子の性分で、「すり抜け」という言葉にこだわるらしいのですが、ケミさん、紙一重の向こう側に出なければ…。

 一方、ワタシは一昨日も昨日も仕事でした。授業に加えて、紙一重で一皮むけようという生徒さん達のお手伝い。結果、眼が…。~o~;;;

 さて、それとは関係なく、今年最後の試乗レポ第一弾です。

試乗日5/2 晴れ後曇り 試乗場所 かぐらメインコース 軟雪の荒れた中斜面と深いコブ

・Bluemoris M-Potion 171cm R=15.8 115-68-99 

2021050210290001

 こいつの大回りを是非、春の軟雪で試してみたかったのだが、試してみたらオッケー、大丈夫。特につんのめったりしませんでした。どうも、紙一重でセーフな感じです。

 もう少しでもビンディングが前よりだったら、アウトだったかもしれません。そういう意味では、前目に乗る癖のある人は要注意かも。

 また、この日、愚妻Yも、M-Potion161cmと168cmを連続で試乗しました。ものすごく気に入ったようです。「コブでの返り方がさいこー!」とのことでした。168はプレート付だったのですが、その方がYには良かったみたいです。

 このYという女は、普段、H社SL板に乗っているので、コブである程度返って来る板を好みます。そういう意味で、M-Potionはドンピシャだったようです。「コブでテールを使い易い」とも言っていました。

 この日のかぐらメインコースのコブはかなり深くえぐれていたのですが、二人とも、上手く対応できたし、適度な返りを楽しむことができました。やはり、コイツは最高のオールラウンドです。

 女性でも、Yのようなコブ好きのクラウンホルダーならオールラウンドにイケます。逆に言うと、コブ好きじゃなかったら、この返りは扱いきれないかもしれず、試乗してからの購入をお勧めします。

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

違い違わぬ山の初夏

 土曜日、娘(仮称ケミ)と愚妻Yは越後に向けて朝四時半に家を出ました。この日は事実上のGW初日ながら悪天候の天気予報と緊急事態宣言下。いったい高速の渋滞はどうなるんだろう。

 全く予想がつかなかったのですが、ガラ空きだったそうです。いつものGWとは様相が違います。

 みんな自粛したのかしら…。

 とその時は思ったのですが、昨日の三日はロープウェイ大行列、リフトもゲレンデもゲキ混みだったそうですから、やっぱりいつものGW。~o~;;

 一方、ワタシは午後町田で仕事でした。町田の市街は人通りも多く、飲食店も普通に営業しているように見えました。

 でも、きっと夜になると違うんだろうな。

 と思いながら、夕方の町田を後にし、新幹線で越後湯沢へ。Yと合流しました。

 翌日曜は、家族三人で田代でした。田代も雪が消えつつあります。今年は雪消えが早いです。

2021050209030000

 田代第二ロマンスリフトは、残雪の春スキー日和でした↑。悪天候予想だったのですが、荒れるのが遅れた模様。

 第一高速クワッド沿いのケミさん達のトレーニングバーン↓。

2021050209430000

 斜度はありませんが、基本的なエクソサイズをするには十分な雪があります。小まめに手入れをしてくれて、バーン状況も悪くなさそうでした。ケミさん充実のトレーニング。少しずつ上手くなっているのが分かります。

 この子はマジメな子なので、コーチに言われたことに対して一つ一つ取り組んで着実に進歩しているようです。飛躍的な上達がないのは親としてはもどかしいけれど、長い目で見て遠くまで行ってくれたら、それで良いのかしらん。

 ケミさんのトレーニング見学はそこそこで終えて、我々夫婦はかぐらに向かいました。このGWに、かぐらでブルーモリスの試乗会が行われているので。

 へっへっへ。~o~

 菅平で試した板を春のかぐらの軟雪で試してみたかったんです。

 満足な試乗が出来ました。レポートは近日中に。

 昼までかぐらにいたら、ナント小雪が舞い出しました。トレーニングが終わったケミさんと合流してロープウェイを下る頃には、下界ではかなりの雨が降り出しました。いつもと違って今年は越後の山に雨の多いGWです。

| | コメント (2)

2021年5月 1日 (土)

辛そば辛口木曜日

 木曜日の祭日は、世間的には自粛しつつのゴールデンウイーク初日というところだったようですが、ワタシは、当然のごとく仕事。Yと娘(仮称ケミ)は、当然のごとく越後でした。

 この日は関東も越後も雨で、越後へ行ったYは高速ガラ空き、スキー場もガラ空きだったとか。

 ケミさんのレーシングスクールは、みつまたに雪が無くなって田代に移動。一日雨は降り続けたようですが、雪面はグッドコンディションでキープされていたらしく、動画を見ると非常に良いトレーニングが出来ていた模様。

 一方、ワタシは夜の仕事に備えて、昼間は小金井でデスクワーク。昼食は、例によってラーメン道楽でした。

2021042912150000

 麺工豊潤亭さんの変化球、「辛そば 大油」↑です。一口含んだ瞬間にガツンとやられました。コレ、鮮烈でした。ラー油系の辛味と大油の甘味が絶妙にマッチしています。マーボー麺の上に甘い背脂が載っている感じです。

 チャーシューと挽肉でかなり肉肉しい感じになり、ボリューム過多になりそうですが、その分、麺を少な目にしているかもしれません。ワタシには良いバランスでした。しかし、多分、炭水化物中毒の愚妻Yなら、「麺が足りマセン!」と切り捨てるでしょうね。

 その辛いラーメンを食べながら、ケミさんが前日卒業した公文式のことを考えました。実は、この半年ほど、公文式は我々夫婦にとってちょっとした悩みの種になっていました。

 以前は、公文式にかなり期待していました。ケミさんが毎日熱心に公文式の学習を進めているので、これで中学受験の算数も安心なんじゃないかと楽観していたんです。

 しかし、中学受験用のドリルなどをやらせてみて、ちょっと驚きました。アレレ、公文ってあんまり役に立ってないんじゃないかしらん。

 結局、公文式で取り扱うのは単なる計算であって、それ以上のものではないんです。中学受験の算数はまるで別物。仕方なく、図形問題やら比の考え方やらつるかめ算植木算やらは、ワタシがYに教えYがケミさんに教えるという形で学習を進めざるを得ませんでした。

 ちょっと辛口の言い方をすると、公文式からケミさんが得たものは、基礎的な計算力と毎日勉強するという習慣だけだったんじゃないかしらん。

 もちろん、それがとても大事なもので、他では得難いものであることも確かなんですけどね。

 何にせよ、今が最高の止め時だったかもしれません。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧