2024年2月19日 (月)

三者三様に滑る

 土曜日、娘(仮称ケミ)の学校からの帰宅を待って、我が家は越後に向かいました。

 日曜日にケミさんが、レーシングスクールのみつまたのトレーニングに参加するためなのですが、ナント、三人ともみつまたかぐらで滑る日は、今期この日が初めて。我々夫婦のみつまたかぐらもこの時以来で今シーズン三日目です。

 どういうわけか、日曜なのに朝の駐車場は空いていました。七時過ぎに到着して、この日レーシングのトレーニングに参加するYとケミさんは七時半の一番のロープウェイに乗車。

2024021809250000

 ケミさんは中学生以上の選手達とSL。久々に落ち着いてTRできたようです。

 一方、Yは小学生達と一緒にGS。主任コーチから有益かつ辛口のアドバイスをもらって、小学生女子トップのAちゃんに肉薄するタイムを出したらしいです。

 ワタシの方はかぐらに移動しようとして、

2024021809530000

 なぜかここだけ混んでいたゴンドラの行列に阻まれていたのですが、

2024021811120000

 昼前頃に上がってみると、定点観測地点BBQ台はかなり出ていました。昨年同時期と比べて、50cmほど少ないかも。

2024021811250000

 でも空いています。唯一、人が集まっていた第五ロマンス。

2024021811300000

 山頂からはこんな感じです。結構快適なお遊びコースでした。

 昼過ぎにみつまたへ降りて来て、今年目をつけていた駐車場の

2024021813080000

 長岡醤油ラーメンの店「神楽屋」さんで昼食。

2024021813110000

 生姜の効いたスープはワタシの好みなのですが、この麺で950円という値段だと評価しない人もいるでしょうね。

 午後二時にトレーニングは終了。

 Yクンは、他のお子さんの父兄から、「ケミちゃんは、賢さが滲み出てますね」と言ってもらったとかで御機嫌でした。最近、ケミさん、このスクールの父兄の間で評判良いみたいです。

 まあ、以前から、こんんなことも言われていたし。~o~;;

 渋滞を避けるために、風呂に入り板のチューンナップを済ませて夕食まで取ってから高速に乗り、帰宅は10時半でした。

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

回る想い回らない寿司

 水曜日は我が家のお祝いの日でした。

 実は、一年以上前から、娘(仮称ケミ)が中学に入ったらお祝いと社会勉強を兼ねて回らない本格的なお寿司屋さんにケミさんを連れて行こうと計画していました。

 なかなか念願が果たされなかったのですが、先々週の予定変更からのYの苦労に対する慰労とケミさんのJOC出場決定および六位入賞のお祝いの、このタイミングはまさに絶好の機会。近所の寿司屋さんを予約しました。

2024021418020000

 菊寿司さんは小金井一という評判の寿司屋です。以前ランチで入って親方の腕と親方夫婦の接客の良さは確認済み。

2024021418130000

 まず人数分の突き出しがついて、

20240214181600001

 刺身盛り合わせと六位入賞者。この刺身が見事です。左手前のミナミマグロは、

2024021418290000

 あんまりキレイなんで個別に撮ってみました。

2024021418220000

 ケミさんの特上は巻物の切り口がお見事。

2024021418330000

 ワタシの上はカッパを鉄火に代えてもらっています。

2024021418260000

 Yの頼んだ中も良いマグロを使っていてお得。魚卵系が苦手なYさんにピッタリ。

 もっと食べたかったら追加しようと言っていたのですが、ネタが大きめなのでこれだけで十分満腹になりました。この内容にジュースとお燗四合ついて13640円は「達人」Yも大きく頷くCPでした。

 食事中の話題はやはりレースの回想。今回のレースはDQDFが多く、それに対する父兄の対応が様々で、いろいろ考えさせられました。息子のDQに口惜しさをじっと堪えているお父さんや、DFした娘の良かったところを褒めて前を向かせようとするお母さんなんかがいる一方で、DQして号泣する娘にグラブ投げつけて怒鳴り散らす大馬〇親父なんかもいて、いやー、人は様々です。

 我が家は、親孝行娘のおかげでそういう立場にならずに済んで、ホントに良かったヨ。~o~

| | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

Road to JOC24'~菅平への道

 月曜日はGSでした。

 我が家は前日の通り、まず娘(仮称ケミ)を長沢に送ってから、我々夫婦は出直し。前日の轍を踏まないように。

 この日は日曜ほど混んでいませんでした。7時半過ぎでも長沢のC駐車場に入れました。

2024021208010000

 長沢トリプル降り場からカンダハーコースを望む。この日は朝のうちは曇っていました。

 一本目は17番スタートでした。コースはまだ荒れたいなかったのですが、少し難しいセットだったらしくDFDQが続出して少し気をもみました。

 一番上からなのでゴールゾーンからはスタートが見えません。ケミさんが斜度の変わり目に姿を現して、まず、ホッ。去年GSではこんなことがあった所だから。

 実は本人も去年のアレを気にしていたらしく、朝は少し心配そうでした。親としても、何とか去年の失敗を乗り越えてくれと願っていました。そういう意味で、ホッ。

 姿を現してからは少し大人しい滑りでしたが、そつなく滑り、少し前のスタートのお姉さんがDQで号泣する中をゴールゾーンに入って来た時は、「よしっ!」と叫んでしまいました。一本目無難に8位。南関東枠の三番手です。ヨシヨシ。

 二本目も堅実に…と我々は思ったのですが、他の父兄の方から、「ケミちゃんはもう昨日JOC決まっているから」と言われて、ん?

 実は、JOCはSLとGSを別々に選ぶのではなく、トータルのポイントで選ぶらしく、しかも、ケミさんは前日のSLの成績でそのポイントを満たしていたとのこと。勘違いしていた父兄は我々だけだった模様。~o~;;

 ケミさんはそのことを他の選手から聞かされ、二本目は安心して少し攻めたらしいです。二本目7位。合計で6位入賞でした。これはさすがに嬉しかったようです。

2024021214510000

 表彰式を待って帰宅の途につきました。

 これでJOCが行われる菅平への道筋はつきました。あとは、菅平に三月末まで雪が残っていて大会を開かれるのを祈るのみです。もしかしてそれが一番の大変かも。

 三連休後の渋滞を避けて苗場で一泊し、午前4時に苗場を出て小金井は6時半着。我が家、お疲れ様でした。

| | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

Road to JOC24'~野沢への道

 日曜朝の戸狩は雪でした。我が家は4時50分に起床。

 まず、娘(仮称ケミ)を長沢の駐車場に送るということになっていました。そこでチューンナップをお願いしていた本番板をコーチから受け取り、ケミさんだけがレースの行われるカンダハーコースへ向かってゼッケンを受け取り、我々夫婦は一旦戸狩に戻って荷物をまとめて出直してくるという段取りです。

 6時半に予定通り長沢の駐車場に到着。雪が降り続いています。その雪の中を上がって来る車が早くも数珠つなぎになっています。ふーーん、三連休中日だからかねえ。

 とノンビリ考えていたのですが…。

 戸狩から野沢へ上る道の交通量が多いです。途中から渋滞し始めます。これはイカンと抜け道を通ってようやく柄沢の第三駐車場に入れた時は8時過ぎでした。ここからだと長沢までシャトルバスを使わなければ。ヤレヤレ。

 と思いつつ板を下して、さあ出かけようとして…、あっ!ブーツ何処だ。

 二人ともブーツを積み忘れてました。

 もう一度宿に戻って、野沢に着いた時には第三駐車場は満杯。一番下の中尾駐車場からシャトルバスで上がった時には、雪も止んでケミさんの一本目も終わった時刻でした。

 他の父兄から「ケミちゃん一本目は頑張ってた」と聞かされて、まずはホッ。

2024021111100000

 雪が柔らかくて少し荒れたらしいですが、堅実に全部すり抜けたらしいです。一本目の10位は、まあ、まずまず。この時点で、7人枠のあるジュニアオリンピック南関東代表候補の三番手に着けています。

 どうやら、戸倉の時と異なり、中途半端な逆手が通用しないコンディションになってくれたようです。

2024021110480000_20240215100701

 しっかりした娘を持った能天気な父母は、一本目と二本目の間にユートピアコース↑の新雪&ボコボコを楽しみました。この日のユートピアは最高のコンディションでしたが、子供のレースに来ていた父兄でこんなものを楽しんでいたのは多分ウチだけ。さてはて、コレで良いんだろうかね。

 二本目の競技開始の12時近くにまた小雪が舞い始めました。小雪の中を、今度は我々の見ている前でケミさん元気よくスタート。

 ほぼ全部すり抜けだったのですが、驚いたことに、この急斜面この難易度の高いポールセットの中を、ほぼフルカービングしてます。すげー。

 今度は7位でした。

 でも、あれだけ 高度な足元のテクニックがあるんだから、逆手が使えたら…ねえ。

 結局、トータルで8位、南関東枠の三番手を守りました。

 「とりあえず、SLの代表は確定!明日頑張ってGSの代表も取るぞー。」

 と、この時は思ってたんですけどね。~o~;;

 レース終了後、三人で上ノ平に上り、上ノ平のゲレ食「はくぎん」さんでお昼でした。

2024021114290000

 ↑はYの頼んだ胡麻味噌ラーメン。コレ、かなり美味です。

| | コメント (0)

2024年2月13日 (火)

Road to JOC24'~津南への道

 昨日の月曜まで野沢で娘(仮称ケミ)の南関東ユースというレースがありました。東京都のK2はこのレースがジュニアオリンピックの選考レースになります。

 土曜日には南関東ユースのための事前トレーニング会が野沢で行われるはずでした。ところが、これが雪不足でコース保全のために中止。ケミさんのレーシングスクールでは急遽、津南でのトレーニングを企画してくれました。

 金曜夜に苗場に入りました。苗場から津南までは1時間半ほど。

2024021008140000

 マウンテンパーク津南スキー場は現在一般営業をしていません。この日は新潟のチームと一緒にバーンを一日借りてのトレーニング。こんなに斜度があって広い一枚バーンなのに、営業していないとは勿体ない。

 営業していないので親は当然滑れません。他の親御さんはバーンの下で子供たちの滑りを見守っているのですが…。我が家の滑りたがり母がそんなことをするはずもなく…。~o~;;

 ケミさんを送り届けて、すぐに苗場にUターン。

 苗場スキー場は、この時以来です。いやー、懐かしい。日帰りセンターは少し変わりました。

 第三ゲレンデを普通に滑るだけで何故だか楽しいです。いやー、苗場って練習じゃないと楽しいゲレンデなんですねえ。

2024021011210000

 筍山山頂に上りました。何故かお客さんが少なく、快適。

2024021011280000

 ゴンドラを二本。筍山山頂~男子リーゼン、筍山山頂~女子リーゼンと滑って昼過ぎに苗場を出ました。朝から津南への道を一往復半して津南に戻った時には午後二時過ぎ。

2024021014140000

 ケミさんは仮想野沢カンダハーコースで十分なトレーニングを積めた模様。

 津南を四時頃出て野沢へ回って翌日からのリフト券を購入。野沢の宿が取れなかったために、この日の泊りは戸狩温泉のロッジ「Pュア ヨシゴエ」さんでした。とても広い部屋を用意してもらって母娘は大満足だったようです。

| | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

予定外の末の切り分け

 土曜から我が家には予定外が続きました。

 土曜日曜はそのまま越後にいるはずだったのですが、急遽帰京することになりました。

 帰京してみたら、月曜の小金井は雪。

2024020516100000

 積もったのは1~2cmなんですが、これでも東京じゃ大雪です。

 火曜水曜と我慢していた我が家でしたが、木曜日、Yと娘(仮称ケミ)は4時半出発。この週は全中・インターハイと大事なレースがあるため、ケミのレーシングスクールは休講の予定だったのですが、急にこの日にSLのトレーニングをやってくれることになり、急遽駆け付けたと。

Img_20240208_102014

 ケミさんをみつまたに残してYはかぐらへ上がったそうです。

Img_20240208_104723

 かぐらはBBQ台がようやく隠れつつあります。Yにとって一月半ぶりのかぐらです。12月半ばにはこんなだったんだから、随分良くなりました。でも昨年同時期はこうだから…ね。

 ワタシは午後から立川で質問待機。夕方池袋で高校生の授業でした。こういう時の憂さ晴らしはラーメン道楽。

2024020812540000

 立川ラーメンスクエア活龍さんの「魚介豚骨つけ麺」。真面目に作ってるのはわかるし、美味しいんだけど、この程度だと他でもよくあるって感想になっちゃうのは気の毒かも。

| | コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

信仰とパッチンのゆくえ

 「ささの湯」効果は翌朝まで続き、久々に背筋を気にせずに眠れました。

 結局、翌朝動き出すと、すこーし張りの予感がし始め、金曜のスキーが終わる頃には確かな張りを感じることになりました。

 それでも以前よりはマシだし続けてみようかと思い、小金井に帰ってからぬるめの温度で30分入浴をしてみました。それなりに効果はあったかなと思うのですが、やはり「ささの湯」さんほどではなかったかも。信仰は続く…ってことかしらん。~o~;;

 金曜は、前日楽しかったので再びかたしな高原の常設ポールでした。

2024020210050000_20240204104101

 この日は快晴。この日、ワタシもGS板にしました。久々のGS板です。大丈夫かしらん。

 雪のコンディションは前日よりもかなり悪く、コロコロが散乱していました。しかし、滑りの方は何とかなりました。年の功ってヤツか。

 この日のワタシのテーマは「パッチン」でした。「パッチン」というのは、娘(仮称ケミ)のレーシングコーチの言葉で、旗門を肩でかわす時に両手を合わせる動作のことで、速いレーサーの半分くらいがやってます。松之山のTRでケミさんの後輩がやらされていたのでマネしてみました。

 最初はなかなかタイミングが合わずに何のための「パッチン」なのやらの感じだったのですが、次第にタイミングが合ってきます。「パッチン」をするためには旗門に入る前の作業を素早く済ませねばならず、「パッチン」を意識することで滑りが安定してくるのが判ります。

 鬼コーチYからも「様になって来た」とお褒めの言葉をいただきました。レーサー復帰イケるかしらん。

 と思ったのですが、もう一人の若い鬼コーチに報告したら、「『パッチン』は旗門の横でエッジングを強めるためにやってるんだから、『パッチン』のための『パッチン』じゃ速くならない。他のことが出来てからの『パッチン』じゃなきゃ」だと。

 ナマイキになりやがって。~o~;;

 この日の昼食は、

2024020211440000_20240204104101

 山菜ソバセット1050円でした。手作り感のあるマイタケおこわがグッド。

| | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

一年の成長とささの湯信仰

 水曜日、娘(仮称ケミ)の帰宅を待って、我が家は午後4時に出発しました。

 2/1・2/2は、こんなことのあった日。あれから1年経ちました。いやー、信じられない。あの小学生が今や立派な中学生のお姉さんですものねえ。

 というわけで、ケミさんの学校は入試休みです。当然、我が家は越後です。

 まず、ケミさんをレーシングスクールの指定宿に連れて行きます。以前からケミさんはそこでの宿泊を楽しみにしていたのでした。

 我々は、苗場に泊り、翌日は11か月ぶりに復活と憎悪のポールTRでした。今回はワタシもレーシング板を履いています。まあ、SL板ですが。

 2024020109510000

 この日は曇りで小雪がちらついていました。昨年のこの時からここの常設ポールに来ているのですが、ここは素人レーサーにとってかなり使えるスキー場です。

2024020110190000

 スタート地点はこんな感じ。リフトを購入する時にビブを1000円で購入すれば誰でもポールコースの中に入れます。斜度も雪もセットも、素人がTRするのに最適。平日だとリフト一日券に食事1000円券付きセットで2900円はかなりお得。

2024020111520000

 お昼はカツ丼セットでした。ここのゲレ食は手作り感があり、このカツ丼セットも1050円にしては美味しいです。

 楽しかったので、一日でワタシは12本Yは15本滑りました。久々にしては滑り過ぎ。

 少し背筋が張ってしまって、マズいなあと思いながら、帰路につきました。

 道中、風呂に入っていこうということになり、この街道近くではおそらく最安の「ささの湯」さんに向かいました。

 かなり以前から丸沼帰りには良く使っていた温泉です。普通の民家のような建物で、お風呂はなかなか風情があるのですが、ちょっとぬるめの温泉です。

 背筋が温まるまで出られないなあと思い本当にゆっくり入浴。泊り客のお爺さん達と同じように30分以上は浸かっていました。こんなにゆったり入浴したのは生まれて初めてです。

 別に温泉の効果なんて期待していなかったのですが、風呂から上がって奇跡が起きました。あんなにしつこかった背筋の張りが淡雪のように消えています。

 いやー、ここの温泉って、もしかしてトンデモナイ名湯なのかしらん。~o~

| | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

1.5Hの煩悶たちと「結果」たちその二

 土曜の宿泊はこの辺りで滑る時の定宿「Kのみてらす」さんでした。

 実に二年ぶりです。オーナー夫妻は娘(仮称ケミ)の成長に驚きつつ喜んでくれました。

2024012718330000

 例によって、「Kのみ」さんの夕食はスペシャルです。写真は下が切れちゃったのが残念ですが、海老とマイタケ天に大根。大根は片方に柚子味噌、片方にフキ味噌が敷かれています。右奥は里芋と野菜を寄せたもの。左奥はニンジンサラダ。

2024012719050000

 ステーキの下は金山寺味噌。ケミさんは1.5H宙づりが少しお腹に影響しているとかで、ステーキを少し残しましたが、

2024012719400000

 デザートは二人分ペロッと。

 日曜はSLでした。まだ逆手テクニックを完全に自分のものにしていないケミさんは、中途半端な逆手がマイナスに働く難しい状況だと通用するのですが…。

2024012808500000

 インスペクションです。

2024012811200000

 スタート地点からはこんな感じ。どうも、雪の状態は悪くないようです。コースも特に難しいところがなく…。

 緩斜面の叩けるところは本人も頑張って叩いていたようですが、ニ三年生のお姉さん達、気持ち良く逆手を使えるコンディションだった模様。

 一本目は11位、二本合計で12位は、結果だけ見れば惨敗と言っても良い成績です。

 しかし、本人はあくまで前向きに捉えているようです。「これからドンドン速くなるよー」と「速くなる」宣言が飛び出しました。

 問題は、次のレースにそれが間に合うか、ってことですかね。

| | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

1.5Hの煩悶たちと「結果」たちその一

 金曜日、娘(仮称ケミ)の帰りを待って、我が家は沼田に向かって出発しました。土曜日から尾瀬戸倉スキー場で娘(仮称ケミ)のレースです。この日は、沼田のビジネスホテルを予約していました。

 コストパフォーマンスの達人Yクンは、以前からこのビジホ泊りを楽しみしていました。夕食時間の前にビジホに入り、ビジホのレストランで夕食。ハイコストパフォーマンスの夕食にYクンご満悦でした。

 翌朝土曜は、ビジホで朝食を取り、沼田のホテル7時10分発。これで余裕をもって間に合うはずが…。

 沼田ICの辺りから渋滞。なかなか進みません。こんなことは初めてです。

 ドライバーYは小心者なので、ギリギリが堪えられません。渋滞に対して悪態をつくだけでなく、家族に対しても悪態をつきだします。

 コイツ、大人だよなぁ?

 だんだん彼女のフラストレーションは高まっていきます。

 「○○さん、間に合うんですかっ?」

 何度目かのこんな叫びに対して、ケミさんが「ママ、一度落ち着いて」とクールに反応したのには驚きました。コイツ、中一生だよなあ。

 普段なら50分で余裕持って着く道のりに一時間半かけてようやくレース会場の尾瀬戸倉に着きました。急いでケミさんをリフトに乗せて、何とかインスペクションにギリギリ間に合いました。ホッ。

 レースはK2女子から始まります。インスぺ後、すぐにケミさんは荷物と本番板を持ってリフトの乗ります。ワタシもすぐ後に乗りました。ところが…。

 我々が乗った直後にリフトが止まります。後で聞いたのですが、小雪のため動かしていなかったリフトが昨日やっと稼働し始めたためだとか。

2024012709390000

 この状態で↑。最初はケミさんはスタートに間に合うかしらと心配していたのですが。いつまで経っても動き出さないリフトに、だんだんそんな余裕もなくなります。

 ワタシはリフト乗車直後だったので、30分後くらいにワタシだけリフト係に掛け合って数十センチ飛び降りさせてもらいました。しかし、ケミさんは、そのまま宙づり。

2024012710100000

 我々もリフトの横にいてケミさんを励まし続けました。

 一時間半後、ようやく、リフトはゆっくりと動き出します。ヤレヤレ、また一時間半かよ。

 結局、レースは大きく予定変更になり、GS2本だったものが1本になって午後のスタート。

2024012712300000

 小雪の降る中を再度インスペクション。

 朝の一時間半があり、さらにリフトの一時間半があって、メンタル的にどうなのかと心配されたのですがケミさんは平常心でいてくれたらしく、軟雪で荒れたコースに対して非常に安定した滑りでした。多分、現在のこの子のベストの滑りでした。

 結果は、今まで格上と見られていた2年生のお姉さんと同タイムの4位でした。いやはや、えらいモンだ。

 二年前も同じコースで4位でした。その時はトップと3.35秒差。今回、トップのライバルMちゃんとは4.23秒の差がありましたが、二年前とは中身が違います。今回は三年生のお姉さんも含めてのK2カテゴリーでの関東四位ですから立派なものです。

 しかも、1.5Hの煩悶を二つ乗り越えての「結果」ですからねえ。

 いろんな意味で、えらいモンだ。~o~

| | コメント (0)

より以前の記事一覧