2023年1月21日 (土)

+フレイバーと師説再び~『源氏物語』に関する些細なこと20

 昨日、共テ後授業が終わりました。これで今年度の受験生の授業は来週の某W大対策を残すのみ。なんだか、スッキリ爽やかな気分です。

 昨日から我が家では、どういうわけかタンタライジングフレーバーという言葉が流行っています。もともと調味塩の入れ物に書いてあった英語なのですが、娘(仮称ケミ)が面白がっていろんなところに使っています。

 んで、このケーキにも。

Img_04931

 Yのアップルケーキの新作です。紅茶入りなのだとか。これはかなり傑作で食欲をそそる香りがします。

 さて、それと関係なく「些細なこと」です。

 「空蝉」の巻冒頭。方違えで泊った紀伊守の家の人妻「空蝉」と逢瀬を持ってしまった源氏は、再び紀伊守の家を訪れ空蝉に迫ろうとしますが、察知した空蝉に渡殿へ逃げ出され、和歌の贈答のみで夜深く源氏が帰宅した直後の、空蝉の心情を語る一節です。

 「やがてつれなくてやみたまひなましかば、うからまし、しひていとほしき御ふるまひの絶えざらむもうたてあるべし、よきほどにて、かくて閉ぢめてん」

 この本文に対して、『新編日本古典文学全集』は、次のような現代語訳を付します。

 「もしこのまま、何事もなくそれきりになってしまうのだったら、恨めしいことだろうに、かといって、むりやり無体ななさり方がこれからも続くのであったら、これも情けないことだろう、いいかげんなところで、こうしてきまりをつけてしまおう」

 これのどこが「些細なこと」かというと、「やがて…やみたまひなましかば、うからまし」を「このまま何事もなく」と訳していることです。この「やがて…ましかば」は、反実仮想の仮定条件なのですから、「これから先、このまま現状が変わらなかったら」という訳にはならないはず。これは明らかに文法を無視した訳です。

 この「このまま」説は、『島津久基 源氏物語講話』『旧日本古典大系』『玉上琢弥 源氏物語評釈』『完訳日本の古典』『新日本古典文学大系』『岩波文庫』など近代の諸注釈に共通して見られるものです。例の文豪もこれに追従し、円地瀬戸内両訳も同様。

 近代の主な注釈書でこれに異を唱えるのは、唯一『新潮日本古典集成』の石田清水の両先生。頭注の「あのまま音沙汰なしでおやめになってしまったら、つらい思いをしていることだろう」は反実仮想の訳と思われます。こりゃ『集成』一人勝ちか。

 と思われたのですが、『旧日本古典文学全集』の頭注に、「そのまま。最初のときに逢ったきりで。」「『ましかば…まし』は事実に反することを仮定する。」を発見してしまいました。故A先生!。

 『旧全集』も現代語訳は「このまま」ですから、訳担当の故I先生と頭注担当の故A先生の間で意見が割れたのでしょう。昨年三月の「須磨」冒頭の時と同じ事情と推測されます。

 反実仮想を強調して訳すとこんな感じになります。

 「もし、あの最初の夜のまま何事もなく私との関わりを終えておしまいになったならば、情けなかっただろうに。でも、無理やりのお気の毒な御振舞が絶えないとしたら、それも嫌なことに違いない。適当なところでこのまま終らせてしまったら良い」

 この訳だと、空蝉は、「これから先、このまま源氏が言い寄って来なかったら恨めしい」と思ったのではなく、「最初のときに逢ったきりでそのまま何事もなかったら、情けなかったろうに、再び訪ねて来てくれて一夜だけの女にならずに済んだことは良かった」と思ったことになります。

 コレ、かなり違った読みになると思います。つまり、空蝉は、源氏二度目の訪問を、拒否しつつも内心ひそかに喜んでいたということになるのです。

| | コメント (0)

2023年1月15日 (日)

おだやかにテクノな日

 昨日、娘(仮称ケミ)の塾の先生と電話で話をして、S中のA特待合格についてうかがいました。

 この塾の模試で言えば、偏差値50台半ばくらいから上の子がもらう合格なんだとかで、「本人が実力を発揮できたってことです」とのこと。

 どのくらいホメたら良いか分からなかったので質問してみたのですが、「ホメても舞い上がってしまうタイプではないと思いますから、ホメてあげてください」と言ってもらいました。お父さん、ちょっとホッとしました。

 それにしても、中学受験塾の先生は大変です。迷える大人の心配もしなきゃいけないからね。~o~;;

 昨日は共通テスト初日でした。今朝、新聞を開いて、またまたホッとしました。

 問題文は1100字前後、対比型ではあっても、それは形式的なことに過ぎず、語句解釈と和歌(連歌)が出題される一方、文学史問題は出ず、教師と生徒の対話型設問は平易だが時間が掛かる。

 前日まで共テ対策講座で言った通りになりました。つか、穏やかな出題だったので、当たり前の予測 を言ったらその通りになったと。

 でも、こういう当たり前の予測を書いてくれない「分析」を載せちゃう本もあるので、わざわざ言って良かったです。「文学史も確認しておこう」なんて直前に言われたら、理系の子は動揺しちゃうよ。

 何でも勉強しろ憶えろって言えば良いというものではありません。

 ホッとして今日はテクノをヘビロテしてのデスクワークでした。

2023011517520000

 ユキヒロさん若い!ワタシが大学に入った頃のアルバムです。

 ご冥福をお祈りいたします。 

| | コメント (2)

2023年1月13日 (金)

長い忍耐の終わりとサバの祝い

 やっと直前講習が終わりました。今年は、長かったー。

 今年度は12月24日から本格的に冬期講習が始まり、今日1月13日までお休みは元旦のみ。しかも20日間のほとんどが二階建て。よく働きました。

 しかもしかも、「こんな教材」と思っている共テ対策を四回もやらされました。よくぞ耐えきったモンだね。

 これからはしばらく、ゆったり…。

 となりそうなものなのですが、今日は駅から息せき切って走って帰ってきました。

 娘(仮称ケミ)の初戦の結果発表の日だったので。

 すでに午前十時には発表されていたのですが、ワタシが帰宅してからYと一緒に見ることにしていました。

 「合格してたら、どんな合格であっても祝ってあげよう。本人に自信をつけさせなきゃいけないから」

 S中学は単なる合格だけではなく、特待制度があってABCのランクがついています。たとえ特待にならなくても合格は合格なので、それは本人の自信づけに利用しなければね。

 と話し合っていました。PCをリビングにセット。小心者Yは「ドキドキする~~」などと言っています。コイツにはこれも予行演習だな。

 出願サイトを開き、合否照会をクリック。

 「おめでとうございます。今回試験の判定結果は合格です」

 よしよし。

 結果はA特待というものだそうです。うんうん、ヨカッタヨカッタ。

 と密かに喜びを嚙みしめるワタシに、Yが言い放ちました。 

 「今夜のお祝いなんですけど、サバが美味しそうだったんでサバの竜田揚げでいいですよね、ほら、揚げ物だし」

 サバかよ~~~~~~。~o~;;;;;

 このオンナの感覚にはどうもついていけなくなる時が、未だにあります。

 結局、話し合った結果、サバとは別にケーキを買ってお祝いすることにしてもらいました。~o~

| | コメント (2)

2023年1月10日 (火)

役に立つビッグビジネスとお疲れ父娘

 昨日、我が家は三人とも午前五時起きでした。娘(仮称ケミ)の初戦があったからです。

 長野県S中学のお試し受験でした。会場は、市ヶ谷の法政大学でした。

 起床時間も準備も、すべて、第一志望の日の予定通りに進めました。それがお試し受験の意義でもあります。問題なくスムーズに出来て七時過ぎに家を出ました。まずはホッ。

 ワタシが同行しました。市ヶ谷の駅を降りて交差点を渡ると、早くも親子連れの列が出来ていました。

2023010908250000  

 数百mにわたる長蛇の列です。このご時世のため、入場に時間がかかるようです。

 結局、入場に30分ほどかかりました。その間、ケミさんとゆっくり話せました。ちょっとこの子にしてはおしゃべりだったかもしれません。

 正門の所で「普通にやってきなさい」と送り出しました。

2023010908320000

 ワタシが正門から離れた時も、正門は黒山の人だかり、駅からの道はまだ長蛇の列でした。

 結局、この日、この会場だけで2359人の受験者がいたようです。受験料が20000円ですから、この会場の半日で4700万円ほどのお金が動いたことになりますが、この日は御茶ノ水の順天堂大学会場もあり、大阪会場もありますから、一日で一億円以上でしょうねえ。ビッグビジネス。

 ワタシはすぐに帰宅し、昼食を取ってから横浜へ出勤。ケミさんのお迎えにはYが行きました。

 横浜では前日から共通テスト対策の講座と親の顔が見たい単語講座の六時間連続授業でした。両方とも時間ピッタリで終わらせられたのは我ながら熟練の技です。

 共テ対策講座は、前回と同じ感慨、「こんな教材でこんなに生徒さんの役に立つ授業が出来るとは」。

 でも、こういう仕事はひどく疲れます。

 終ってからヘビーな質問もあって疲労困憊してお父さんが帰宅すると、ケミさんはすでに就寝していました。

 Yによると、さすがに受験生は慣れない場所に疲れたらしく帰宅してすぐに昼寝したそうです。

 でも、本番に向けて良い予行演習ができたと思います。このビッグビジネスも受験生の役に立つ点では同じことか。~o~

| | コメント (0)

2023年1月 4日 (水)

ついで弁当とドキドキと

 三が日とやらだったようですが、普通に働いてます。~o~;;

 午前横浜夜池袋、大移動付の六時間授業ですから、フル稼働と言っても良いでしょう。困ったモンだね、まったく。

 娘(仮称ケミ)も今年は正月特訓というのがあり、二日三日は一日塾でした。そのために愚妻Yは、お弁当作りで早朝起床。我が家的にもフル稼働です。

 ケミさんにお弁当を作るついでにお父さんにも同じお弁当が出来上がります。まったく同じサイズなのですが、若干、娘の方がおかずが多いとか。お弁当食べながら、こんなに食べるようになったのかと感無量でした。

 最近のワタシにしては珍しく、電車の移動中は読書しています。例の「勇者」を買ってしまったので。

2023010406490000

 やはり感情移入しやすく、けっこうドキドキします。

 でも、こんなに大手塾のダークサイドを書いてしまって、訴訟にならないんでしょうかね。ちと心配になってしまいます。

 まあ、それも含めて、我が家にとっては他人事のようで、ヨカッタヨカッタ。

| | コメント (0)

2022年12月31日 (土)

切り分けられた年越し

 今日は午前中、吉祥寺で故カリスマA師のテキストでした。

 もう何年も担当していた講座なので隅から隅まで分かっています。知的好奇心を刺激する楽しいテキストでもあるのですが、生徒さんに不親切で我がままなテキストでもありました。

 もう、このテキストも今年で最後です。最後まで、良い部分と悪い部分を味わうことになりました。

 午前中で今年の授業は終了。「良いお年を」と言い残して午後一時に校舎を後にし、午後二時半前には家を出ていました。開放感に浸りながら、のんびりゆっくり運転して途中寄り道をし、午後六時半にペンションY着。夕食を取ってお風呂をいただき、恒例年越し蕎麦の振舞いを待っています。

 今年は娘(仮称ケミ)が今日まで塾の正月特訓ですが、そうでなくても滑りに来る余裕はありません。12年ぶりにYクンとケミさんは二人で東京の年越しです。

 お父さんがこちらに来なければならないのも12年前と同じ事情です。今年は、八海山の神様に合格をお願いしなければなりません。

 今年は人類にとって大変な年でした、来年こそは、と一昨年去年も書いてきました。でも本当に本当に来年こそはと祈らずにいられません。

 来年は、ケミさんが中学生生活を普通に楽しめる年になりますように。そして、このブログをご覧の皆様が良いお年を迎えられますように。

| | コメント (0)

2022年12月29日 (木)

始まる日の採算

 昨日、朝食がケーキでした。

 一昨日、いただき物のリンゴを生食して美味しかったのでYが宣言していました。「このリンゴでアレを作りたい!」

 Yは、今年買い替えたオーブンレンジで、いつかケーキを焼いてみたいと言っていたのでした。

 レシピを調べて簡単そうだというので挑戦してみたら全然簡単ではなく、一日ドタバタと苦労したそうですが…

Img_04841

 すったもんだでこんなもの↑が出来、

Img_04851

 食べてみたら、あらら、こりゃイケてるんじゃないか。

 素材の良さを生かすシンプルな味に仕上がってました。これでしばらく、我が家はケーキブームだな。

 朝食後、手を洗い口を濯いで身を清め神社のお札に拝礼してから作業にかかりました。

 実は、数日前からこの作業が出来るのは判っていたのですが、この日を待っていました。大安吉日だったので。

 我ながら、こういう時だけの縁起担ぎは恥ずかしいのですが、でも、親としては…ねえ。

 というわけで、娘(仮称ケミ)の第一志望校の出願手続きをインターネットで済ませました。いよいよ、です。

 受験料の支払いもコンビニでできました。便利ですねえ。

 この日は午前、夜とお父さんはフルに授業。この日、得た労働の対価は奇しくも支払ったケミさんの受験料とほぼ同額でした。

 採算はトントンってわけです。~o~

| | コメント (0)

2022年12月27日 (火)

ふと気づいたら

 ふと気づいたら、クリスマス終わってました。~o~;;

 今年はクリスマス前日に忘年会をやったこともあり、イブもクリスマス当日も帰宅の遅くなる仕事だったこともあって、完全にスルーしてしまいました。

 もちろん、娘(仮称ケミ)にプレゼントは買ってありました。本人の希望で針なしホチキスとカレンダー。クリスマスの朝渡して感謝はされたのですが、それだけでした。去年から偽装がなくなっているので。~o~

 ふと気づいたら、今年、タイヤ交換がまだでした。

 今年はしばらくスキーに行けないので油断していました。慌ててオートバックスの予約を入れようとしたらすでに年内は一杯とのこと。しかたなくディーラーに泣きつき、昨日、Yクンが行って来てくれました。

 今朝、ノーマルタイヤを倉庫に仕舞ながら、うーーん、こんな力仕事はいつまで出来るんだろう、と考えてしまいました。まあ、いざとなりゃタイヤ保管サービスでも利用するんだろうけど。

 ふと気づいたら、昨日授業に行った横浜の校舎でネクタイしている講師はワタシだけでした。

 予備校屋は服装規定がないため、服装は自由。かなりオシャレな人、派手な人がいる一方で、無頓着にTシャツジーパンの人もいます。ネクタイ派も少数存在していたはずなんですが…。

 男性講師が20人ほど入れかわり立ちかわりしていたのに、ネクタイしてたのはワタシ一人。

 ただの偶然なのか、それとも…絶滅危惧種なんですかねえ。~o~;;

| | コメント (0)

2022年12月24日 (土)

忘れた人もボーネンかい

 昨日は、ワタシの仕事はお休みで、娘(仮称ケミ)の小学校が終業式でした。塾もお休みだし、このタイミングだな。

 ということで我が家の忘年会でした。去年は外食にしたのですが、今年は新コロナも落ち着いていないし受験生を抱えていることもあって大事を取りたいし。ということで自宅忘年会でした。

 小金井市から地域応援券ももらっているし、地元のお店でパッと使おう。

 ということで駅前にある幸寿司さんから出前を取ることにしました。まあ、出前と言ってもこちらで取りに行ったので、テイクアウトになりますが。

 Yと二人で受け取りに行く道すがら話をしました。「今年はアンタも大変だったからなあ」「へっ、何がデスカ??」

 もう忘れてるよ、コイツ。~o~

 受け取った出前寿司はこんな感じ。

Img_04791

 風呂敷をほどくと、

Img_04801

 刺身の盛り合わせの下から

Img_04811

 写真は、ケミさんがお好みで選んだ九貫です。

 注文の段階でケミさんには予算を言い渡してその範囲で収まるように、お好みメニューから一人前を組み立てさせました。貝が三種類も入っているのがちょっと個性的。

Img_04821

 写真左は我々の普通の特上。右がケミさんの注文握りです。写真上はワタシの好きな高知県亀泉酒造さんの「亀泉 純米吟醸cel24」。フルーティな香りと爽やかな甘旨味がんまい!

 お寿司はYとケミさんに大好評で、特に、ケミさんは自分で選んだだけあってとても楽しんでくれた模様。

 ワタシ的には、うーーん、出前だってことを割り引いても、シャリにボリューム感あり過ぎか…。

 忘年会は、途中からYが眠気を訴え、彼女を起こし起こししながらの進行になりました。実は、この日、入院していたお義父さんが退院する日で、早起きして茨城まで日帰りしていたのでした。

 何とか、Yに食べる物を食べさせて忘年会は終了。今年のYはPTAの仕事に加えて、六月からケミさんのお勉強に対するコミットを強めていたので大変だったと思いますがよくやりました。

 ケミさんも六月十月に危機があり山あり谷ありだったのですが、上手く乗り越えてくれました。九月から始めた過去問は、11回分をこなして今のとろこ全勝です。このまま行っちゃってください。

 ワタシの仕事の方は今年大きな変化があったのですが、何とか乗り越えました。

 三人とも、今年を上手く乗り切りつつあります。まあ、良い年だったんじゃないしらん。

| | コメント (0)

2022年12月22日 (木)

共テ対策のアドバイス

 一昨日、冬期講習の共テ対策シリーズが終わりました。

 今年の冬は珍しいことにこの講座を三回もやらされました。イヤハヤ、ちょっと疲れたかも。

 一昨日は質問待機の仕事などもあったので、横浜で昼食。

2022122012480000

 ワタシとしては大変珍しく、大戸屋さんで「牡蠣入り八宝菜定食」でした。なかなか美味でした。

 共テ講座の受講生から質問がありました。「直前の演習は、共テ型問題集とセンターを含めた過去問と、どっちをやったら良いですか」

 そりゃ、こういう聞き方したら、予備校屋はの答えは決まってますよ。「両方やれー!」。~o~;;

 でも、どっち重視かと言われたら、過去問でしょうね。

 共テはセンターと形式的に違いますが、それは表面的なことでたいした違いではありません。対比だの対話型設問だのを何問かやって慣れてもらえばオッケー。

 一方、選択肢を削るという本質的な作業の演習には過去問が優ります。センターの過去問は選択肢が良く出来ているから。

 それに共テ型問題集には、こんなクオリティのものもありますからね。

 この本について、今日、もう一つ、ヒドイNGを発見してしまいました。99年国語Ⅰ追試に共テ型設問を追加した第八課。問1(ウ)の解説は、ちょっと噴飯モノ。

 「いかでかいませし」を説明して、

 「『います』は、ふつう四段活用で『いらっしゃる』と訳すが、まれに下二段活用の場合があり、この場合は『いらっしゃっていただく』という意味」

 とあって、下段の注で

 「下に連用形接続の『き』があるため、『いませ』は連用形になる。『いませ』が連用形であるのは下二段活用の方である」

 と書いています。

 うわわわ、マズイよ、こりゃ。

 下二段の「います」について触れているということは辞書を引いたんでしょう。だったら、「いらっしゃる」の意味の「います」には四段とサ変があると書いてあったはず。助動詞「き」のサ変に対する特殊接続をご存じありませんかねえ、この先生わ。~o~

 助動詞「き」はサ変とカ変には特殊な接続をするので、「き」はサ変の未然形「せ」に接続しちゃうんです。当然、「いませし」は、「いませ(サ変の未然形)+し(助動詞「き」の連体形)」。

 コレ、ちょっと出来る受験生なら判るはず。当然、プロはみんな判らなきゃいけません。赤本で出てきたとしても、かなーりレベルの低いNGでしょうねえ。

 この人、この本の時は、本を売るためにわざと簡略化した間違えを書いているのかと思いました。プロフェッショナルファウルみたいなモンかと。

 しかし、この解説を読んでハッキリ判りました。参考書を書いてはいけない学力の人だったんです。つか、この学力でよくぞ予備校の教壇に何年も立ってられますねえ。逆に感心しました。

 ま、こういうこともあるので、共テの演習は過去問重視がいいかなと。~o~

| | コメント (0)

より以前の記事一覧