2021年1月 9日 (土)

蘇りパパのアドバイス

 昨日の夕方、共通テスト対策の演習授業がありました。

 内容的にはキチンとしたことをしゃべれたつもりですが、兎に角、声が出ません。声を張り上げようとすると、咳き込んでしまいそうで、時節柄それが恐ろしくて、ワタシとしては異常なくらい小さなボソボソ声でしゃべってしまいました。

 自分では何かに感染してこうなったのではないと確信しているのですが、やはり教壇で咳き込むのは、ちょっと出来ませんからねえ。

 内容的には、共通テストに向けて良いアドバイスが出来たと思います。詳しくはまだ営業機密なので言えませんが、もしも今この記事を受験生が見ていたら一言だけアドバイスを送りましょう。

 共通テストの最大のキモは「時間」です。センター時代と違って過去問で時間の使い方を練習できないので、どうしてもそこで大失点する人が出て来ます。その点をあらかじめ考えておくと良いでしょう。

 授業でもその点を中心にいろいろ細々と話しました。ボソボソ声で。

 喉の痛みの方は今朝の朝食を取る頃まで続き、朝食時には愚妻Yに心配されるくらい元気が出なかったのですが、徐々に回復して、今はほとんど大丈夫。蘇った気分です。まあ、授業やらなきゃ大丈夫ってことですね。

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

穏やかにまとまる日

 昨日、直前講習第一ラウンドが無事終了しました。

 町田立川と移動しながら、嫌いな共通テスト対策解法講座親の顔が見たい単語講座の六時間授業は、やはりちょっと消耗します。特に、この乾燥した空気の中でしゃべり続けるのは、喉への負担が大きく、最後はガラガラ声を絞り出してなんとかフィニッシュ。

 でも、両方とも上手くしゃべれて、理想的な進行で時間ピッタリにまとまったのには、やってるこっちが驚きました。

 我がことながら、熟練とは恐ろしいモンです。~o~;;

 帰宅すると、久々に我が家に明るい光が灯っていました。ホッ。

 二人とも元気に戻ってきてくれました。本当に久しぶりの一家団欒です。

 今回は、帰宅したYもリビングの掃除をホメてくれました。でも、「やれば出来るじゃない、〇〇さん」って何様のつもりなんでしょうね、コイツは。~o~

 ともあれ、我が家も久々にまとまりました。めでたしめでたし。

| | コメント (2)

2021年1月 6日 (水)

淡々と燃えると変わらずゴキゲン

 一昨日昨日と、ワタシは池袋の夜の授業でした。

 回復基調と言いながら、都心へ夜出かけるのは気が進みません。昼間は比較的暖かかったのですが、出かける頃に気温も下がり、テンションも下がり…。

 もはや風呂に入ることだけが救いです。やんなっちゃうなあ。

 その池袋が終わったと思ったら、今日から町田で共通テスト講座。実は、昨年まで嫌で仕方なかったセンター対策講座の後釜講座です。昨年はもうやらなくて良くなるとホッとしていたのですが、今年もほぼそのままの形で残りました。うへー。~o~;;;

 ところが、これを淡々と上手くしゃべれちゃうのも昨年度のまま。~o~;; 

 夜の立川で親の顔が見たい単語講座。こちらはもう慣れたもので淡々と進められます。

 などとワタシが淡々と仕事をしている間に、娘(仮称ケミ)は燃えていたらしいです。

 一昨日はスクールがSLの日で、何だか大人しく滑っていたようなので、ちょっと電話でカツを入れたら、昨日のGSは元気な滑りを見せてくれた模様。

Img_20210105_095728

 おっ、すごい。

Img_20210105_134335_1

 ひえー、上手そう。

 スクールで一番好きなお姉さんの全中予選優勝のニュースが良い刺激になった模様。「近づくと火がつくくらい燃えてる」とはケミさんご本人のお言葉だそうです。~o~

 一方、Yクンは、一昨日八海山で特別なレッスンを受け、昨日はその復習だったそうですが、今日は

Img_20210106_104706

 かぐらの第五リフトが今シーズン初めて開いたそうです。

Img_20210106_101546

 あまりに眩しい青空。「淡々」のお父さんは呆れるしかありません。 

| | コメント (2)

2021年1月 4日 (月)

回復基調と絶好調とゴキゲン

 昨日一昨日と池袋で午前午後の仕事でした。

 電車は空いていて結構なのですが、池袋の街は相変わらず人が多く、不穏です。

 おまけに教室は換気重視で窓を開けっぱなしのため、かなり低温。さらに、教壇の右横の窓を全開にしてあり、教壇左側の入り口も開けてあるため、教壇を寒風がびゅうびゅう吹き抜けて…。

 新コロナにはかからなくても、普通の風邪を引きそうなんですけど…。~o~;;;

 そうかと思うと、変に暖房が利き過ぎて温風が教壇に吹きつける教室もあり、顔が火照って来て…もしや俺、熱が出たかしらん。などと心配になったり、授業以外の所で気がもめて疲労困憊。困ったモンだよ。

 昨日は、帰宅しても意気消沈してしまい、ああーやんなっちゃうと思っていたのですが、風呂を沸かしてゆっくり入浴。ようやく蘇りました。

 今まで独りの時はシャワーで済ませていたのですが、やっぱり日本人は風呂だねー。~o~

 とワタシが回復基調にある今日、娘(仮称ケミ)は絶好調でTRしている模様。Yからの伝え聞きですが、毎日元気溌剌で楽しんでいるとか。チューンナップの合間のYクンの算数教室でも冴えたところを見せているらしいです。羨ましひ。

 でも、まあ、ケミさんの元気溌剌絶好調ってのは、ワタシにとっても幸せの根源ですからね。

 一方、YクンはケミさんをTRに送った後、八海山でコブをゴキゲンで堪能していたとか。

Img_20210103_122318

 昨日の八海山はとても穏やかな天候で楽しかったようです。

Img_20210103_112831

 人もそこそこ来ていた模様。まあ、正月ですからね。

| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

「嵐」の過ぎる年末

 今、テレビで「嵐」が終わったようです。

 我が家にとっても「嵐」が過ぎる年末でした。Yと娘(仮称ケミ)は、昨日のTRを終えて、今日は数年に一度の大寒波の中を八海山に移動。Yクンは、車の運転だけでヘトヘトだったそうです。

 ところが、その八海山でケミさんは突然、「ボードがやりたい」と言い出し、レンタルコーナーのお兄さんの御厚意で最初の滑り出しを教わって、リフトに乗ったら、二本目から転ばなくなったとか。

Img_20201231_141839

 サマになってます↑。

 ワタシ、以前ボードもやっていたので分かるのですが、ボード初心者は半日は転びまくるはずなんですが…。

 ブレイブボードをやっていた効果なのか、第二リフトもテクニカルコース(通称林間)も制覇したとか。信じらんねー。

 一方、ワタシですが、昨日の夕方、ワタシの指摘した「教材の粗」に関して電話があり、予想外の「嵐」発生。

 全くワタシのせいではなく、他人さまのせいで頭を抱える羽目にななりました。昨夜まで頭を抱えていたのですが。今朝ほど、メールがあって事態が改善。あざみ野での授業を終えて帰宅したら、「嵐」は収まっていました。

 それを確認してから、小金井の家を飛び出し、新幹線に乗って大寒波の浦佐駅へ。Yに迎えられて、今は例年通り、ペンションYの年越しです。

 さしもの人気の宿ペンションYも今年は少し静かですが、やはりここの年越しは格別。これから、年越し蕎麦の振舞いがあって二年参り。

 今年は、日本だけでなく、全人類にとって大変な年になりました。しかし、「嵐」の後には虹が掛かる…来年はそういう年になってほしてものです。

 我が家にとっても、このブログをお読みになっている皆さまにとっても、是非、来る年が幸い多い年になりますように。

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

年相応に進む日々

 昨日から、娘(仮称ケミ)と愚妻Yは、毎年恒例の越後です。

 昨日は二人で八海山に行ったそうです。八海山も今年は当然雪がたっぷりあります。

Img_20201227_141317

 定点観測地点のロープウェイ降り場は、早くも階段がなくなりました。昨年同時期とは雲泥の差。しかも、今年は空いていました。しかし、雪が柔らかすぎて全山ボコボコだったとか。

Img_20201227_144958

 そのボコボコ急斜面を、ケミさんはかなりのスピードでカッとんでたらしいです。お会いした常連の皆さんに口々にホメていただいたとか。ちょっと調子に乗り過ぎて大転倒したらしいですが、まあ、ご愛敬か。

 今日は、かぐらでのシーズン初トレーニングだったそうですが、ここでも合宿での進歩を見せつけている模様。

Img_20201228_124142

 何だか、クロ―チングフォームに「ホンモノ」感が漂ってきました。いいよなー、子供は簡単に進歩して。

 一方、Y君はかぐらに遊びに行って、定点観測地点の写真を撮って来てくれました。

Img_20201228_120525

 BBQ台の上が凄いことになっています。12月中にはちょっと見た事ないほどの積雪です。これで、年末年始はまた大寒波だと言うんですからねえ…。

 さて、娘の技術とスキー場の積雪量が飛躍的に進んでいる一方、ワタシの方はそれなりに。

 北海道の道中で、他人様のテキストの粗を見つけてしまい、かなーり思い悩んでいたのですが、何とか意見としてまとめて今日午前中に提出できました。同時に今年初めて担当する講座のテキストについても、かなーり悩んでいたのですが、今日やってみたら何とかなるじゃん。

 やっぱり、何とか胡麻ツキながら仕事が進んで行くのは年の功ってものか。~o~

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

宴の万感と無事報告

 いやー、モノスゴい冬型です。関越自動車道の立ち往生のニュースには驚かされました。

 もちろん、我々は越後が日本一の豪雪地帯だということとは承知しています。しかし、それゆえに新潟県の除雪隊の備えは日本一なんです。例えば群馬や長野と比べても、国道も高速も降雪後の除雪の早さと丁寧さは群を抜いています。その越後であれは…。

 昨日、施設の母に電話したところ、「あんた達、あそこに行ってやしないかと思って心配しちゃったよ」と心配されてしまいました。母は92才ですが、なかなか息子夫婦を分かってらっしゃる。~o~;;

 しかし、ワタシは、一昨日まで仙台で仕事でしたんでねえ。

 一昨日仙台の仕事を終えて帰って来ました。仙台の最後の授業は、ちょっと万感迫るものがありました。こういうご時世でということもありますが、来年度の仙台出講はないかもしれないという予感があるので。

 まあ、まだわかりませんけどね。~o~

 でも、そんな気がしたので、一昨昨日は最後かもしれない仙台の夜を堪能しました。仙台の銘居酒屋「大石屋」さんを来訪。

 さしもの「大石屋」もこのご時世とあって、ボックス席は賑わっているもののカウンターはほぼワタシだけでしたので、心ゆくまで飲ませてもらいました。まず、珍しい所から

2020121718310000

 「会津龍が沢 純米大吟醸 一回火入れ」。見た事なかったので最初に頼んでみましたが、福島県栄川酒造さんの別ブランドでした。んまい!

2020121718510000_20201220073501

 「楽器正宗 Session3」。これも見た事なかったのですが、「自然郷」の福島県大木大吉酒造さんの復刻ブランドでした。これはサラッと軽い。

2020121719090000_20201220073501

 続いて、「会津娘 純米生」。福島県高橋庄作酒造さんの生酒らしい逸品。これはお懐かしい。生っぽさは昔のままです。

 2020121719310000_20201220073501

 こちらもお懐かしい福島県曙酒造さんの「天明 美山錦純吟50」。結婚前後によく飲んでました。相変わらず、んまい!

2020121720010000_20201220073501

 福島ばかり続いたので最後は宮城県と思い、これまた見た事がなかった「田林 純米吟醸 美山錦50」。聞いたことないと思ってたら、「真鶴」の田中酒造店さんの別ブランドでした。こりゃ、んまい!もう、酔っぱらって細かいこと判らなかったけど、間違いなく、んまい!~o~

 料理は、当然の刺し盛。

2020121718360000_20201220073501

 相変わらずの包丁の冴え。こちらの造りは、いつも身の角の立ち方で美味そうだと思わせてくれます。包丁で食わせるお造りです。

 その他の食べ物も美味しかったんでけど、キリがないのでこの辺で。

 最後かと思うので、思う存分気の済むまで飲み食いしてしまいました。帰ってきたら、体重計がちょっと怖いことになってました。~o~;;

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

こだわりの白い杜の都

 火曜日から仙台に来ています。

 仙台で共通テスト対策とカリスマA師のテキスト。

 共通テスト対策講座の方は、昨日、無事に終了しています。

 さて、天候です。仙台はかなり寒く、昨日から雪。今朝はお見事なまでの雪景色でした。

2020121708030001

 仙台に通ってかなりになりますが、こんなに雪が降ったところを見るのは初めてです。しかし、車は普通に走っているし、人々は雪に慣れている感じ。驚いたのは、自転車が多いこと。みんな雪道馴れしてます(某〇ーバーイーツが走ってたのには笑いましたが)。仙台って、雪の降る所だったんですね。

 昨日から、昼食に仙台の醤油ラーメンの名店「麺匠ぼんてん」さんを利用しています。なぜか今まで使ったことなかったんです。

2020121612170000

 んん、んまい↑。

 ディテイルにこだわっている感じが良いです。親方は、常に麺の縮れ具合に気を使っている模様。暇さえあれば、麺を押しています。こんな風景はラーメン屋で初めてみます。スープは、鶏らしいのですが、微妙に生姜が効いているようです。チャーシューがなんじゃこりゃというほど柔らかい!

 宿泊は、いつもの格安ビジネスホテルなのですが、自慢のバイキング朝食はちょっと品数を減らしています。

 しかし、このくらいなら良いと言えるか↓。

2020121708030000

 新コロナ禍の中、細部にこだわって何とかこれだけの物を提供するのは御立派。

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

The「今年」の年忘れ

 昨日は、我が家恒例の忘年会でした。ワタシの仕事の関係で昨日しかなかったので。

 今年の忘年会はギリギリまで、場所で迷いました。昨年の「まさ竜」さんを是非使いたかったのですが、他のグループと一緒になってしまった時に「密」の不安があり、使いきれませんでした。

 んで、困った末に、えーい、ウチでやっちゃえ!

P11007671

 というわけで、我が家史上初の自宅忘年会↑となりました。

 とは言え、忘年会ですから何か特別な物をということで、

P11007701

 まず、小金井の街の魚屋「村田水産」で刺身盛り合わせ、5000円也↑。村田水産のオヤジの渾身の刺し盛です。コレは本当にネタが吟味されていて、良いマグロ使ってくれたらしく大トロは口中でサラリと溶け、中トロもマグロの香が素晴らしく、イヤハヤ口福。

 イカもホタテも良かったけど、我が家で意外と好評だったのは、赤貝(多分)。潮の香が鮮烈で日本酒が欲しくなります。貝類が苦手なYもこの貝は美味しい美味しいと食べましたし、海の物大好きの娘(仮称ケミ)はもちろん大喜び。

P11007681

 ケミさんは大好きなカルピスソーダ、Yは大好きな黒ラベル、ワタシは大好きな鳩正宗大吟醸↑で乾杯!

 この一杯は本当に染みました。もちろん、鳩正宗が美味だったということですが、心にも染みる一杯でした。

 今年は、一月から雪不足都技選惨敗新コロナ自粛と立て続けにトラブルがあり、Yとケミさんは越後暮らし、ワタシは自己監禁の日々などあり。

 「3月9日」の日々は暗かった。~o~;;

 Yもその頃は、越後に居心地の悪さを感じていたそうです。ちょっと暗い春でした。

 でも、我が家、よくやったと思います。そこで頑張ったおかげで、ケミさんはスキー上達、Yも立派な算数の先生になったし。~o~

 通常授業が始まってからは、早かったなー、終わってみると。

 良い年だったとは言いにくい年ではありましたが、みんな頑張った年でした。

 残りわずかですが、もう少し頑張ろう!~o~

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

サンタが林檎にキスをした

 昨日、一昨日は昼から夜まで仕事の日でした。

 一昨日は午後、立川から町田を回りました。その間、娘(仮称ケミ)とYは、狭山TR。

Img_20201209_162301

 平日午後の早い時間とあって空いていて練習になったとか。

Img_20201209_175406

 ケミさん、片足ノンストックが飛躍的に上手くなった↑というのですが、ホントでしょうか。まだまだ追いつかれてやしないよねえ。~o~;;

 昨日は午前中、冬のシーズンの予約をまとめて済ませ、午後からあざみ野、池袋と回って五時間の授業でした。およそ上手く太鼓判を押して、いやー、終わったー。

 いつもの二学期終講日だと、徐々に年末気分が盛り上がって来て、「歓びの歌」って感じだったのですが、今年は、バタバタと慌ただしくしている間に気付いたら終わっていて、いやー、今さらながら何もなくてホッとしました。

 正直言って、二学期が始まった時には、学校で何かあってもおかしくないと思っていました。講師はあっちこっちと移動せねばならず、予備校の教室はどうしても「密」になりがち、講師はある程度大声を上げないと商売にならないし、生徒さんは若いから何かもらっても発症せず無自覚に登校してしまうこともあるだろうし…。

 どうなることやら、と思っていたのですが、みんな頑張って気をつけたんだねえ。よくやったよ我々。~o~

 帰宅したら、玄関にこんなものが。

P11007661

 ツリーに掛かっていた林檎が、サンタの上に落ちて来たところだとか。ケミさんがセットしたんだそうです。~o~

| | コメント (0)

より以前の記事一覧