2020年4月24日 (金)

宇宙と小金井と掃除の大切さ

 自己監禁生活十七日目。今朝の検温結果36.84°。

 今朝、TVをつけたら、元宇宙飛行士の方が、自宅待機の仕方をアドバイスしていました。ナルホド、我々は宇宙船の中に閉じ込められているみたいなもんだからなあ。

 ルーティンワークを作ると良いとのことで、なーんだ、そんなのワタシもやってる。この自己監禁生活において欠かさないルーティンは、朝の○○村ランニングとこのブログ書き。この二つを続けることでどうにか一日を過ごす目安を作っています。

 残りの時間は、大抵コーヒーを入れてデスクワーク。 毎年恒例の会議がなくなったことで発生した仕事を、昨日一つ終わらせました。

 お昼頃に昼飯を買いに出掛けます。小金井の街は、ほとんどの人がマスクをしてソーシャルディスタンスを取って…と人々はコロナに気を使って生活していますが、やはり、そこは小金井。なにしろ、22日の段階で小金井市内の感染者は全部で10人。四月に入ってからの三週間で8人しか増えていないのです。

 市民は皆それを知っていますから、「念のために」マスク、「念のために」ソーシャルディスタンスという余裕があります。

 コレ、都心では考えられないでしょうねえ。田舎でヨカッタよ。

 昼食を取ってしばらくは、サッカータイム。2018ロシアW杯のビデオが未整理なので、見直して整理しています。決勝トーナメントは日本vsベルギーがベストバウトと思っていたけど、フランスvsアルゼンチンの点の取り合いや、スペインvsロシアの一方的展開からの下克上ゲームなんかも見ごたえ十分です。

 午後は、またコーヒーを入れて、ここで大抵ブログを書き、一日が終わっていきます。

 今日は、このスケジュールに大掃除が加わりました。いやまあ、大掃除ってほどのものではないんですが、可燃ごみの日だったので。何となくホコリっぽかったリビングの隅の方をこすってみたんですが…。

 驚きました。部屋が明るく輝き出し、何だか気分まで明るくなりました。いやー、掃除って大切なものなんですねえ。~o~;;

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

アップセットを思う日

 土曜日、午前四時起床。
                                                
 ワタシはこの週末、授業と模試採点で外出できません。しかし、もうすぐレースデビューの娘(仮称ケミ)を練習させないわけにはいきません。それに、そもそもウチで大人しくしているわけのない人が一人…。~o~;;
                                                
 というわけで、愚妻Yとケミさんは、四時半に越後へ出発。ワタシは、そのままビデオを見ました。金曜夜のアジア杯決勝を録画していたので。
                                          
 いやー、カタールって強かったんですねえ。
 しかし、これは大アップセットです。どんなにカタールが強くなっても、まだ日本の方がはるかに格上です。
                                                                       
 世上、このアップセットの原因は、カタール育成の成功、予想外のシステムによる日本のプレスの空振りなどが挙げられているようですが、主審との相性は隠れた原因かもしれません。
                                       
 この試合の主審、ウズベキスタンのイルマトフさんは、アジアじゃ名審判ってことになってるけど、トーナメント一回戦vsサウジ戦で、「ちょっと触ると(ファウルの笛を)吹かれる」と日本選手を嘆かせた人です。
                                                             
 カタール一点目のアリのオーバーヘットは確かに「キャプつば」並みのスーパーゴールだけど、体を寄せなかった吉田君の脳裏に「イルマトフさんだから…」がなかったわけはありません。
2019020210160000_2

 

 

 さて、ワタシがガッカリボンヤリしている間にも、愚妻Yは車を走らせ、ケミさんをみつまたで降ろして自身は八海山へ。八海山ガラ空きだったそうです→。
                                       
 この日の八海山は、下部で雨混じりの雪、上部は湿雪が降って、滑りにくい状況だったとか。
                                     
 一方ケミさんは、この日GSトレーニングでした。スクールのサイトにアップされた動画を見て、パパ唖然。

 

 「どれがケミさんだ???」
                                              
 あまりに急速に上手くなって、自分の娘が分からなくなりました。もはや、立派なジュニアレーサーの滑りです。試みに区間タイムを計ってみると、ライバルのあの子が20秒で滑る区間を、ケミさんは23秒。昨シーズンの思いがけない大差から考えると、かなり差を詰めたことになります。
                                     
 まだ普通の状況なら勝てないだろうけど、スキーのレースはいろんなコンディションが考えられるからなー。
                                                        
2019020213480000

 とアップセットの可能性を夢想しながらのワタシの昼食は、留守番の時の定番、「まるしゅう」さんの看板メニュー、「まるしゅう味噌ラーメン」←。

 

 ふくよかで豊かな味噌に隠し味のショウガの効いて、これはやっぱり、んまい!~o~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

打ち上げ・反省・ポッターズ!

 昨日は、一日模試の採点でした。ほぼ一日採点で終始したのですが、夕方、家族で出かけました。以前から、この日は、都技選の打ち上げで外食と決めていたので。                                                               
 外食とは言っても某サイゼリアですから、お安いモンです。でも、愚妻Yには骨休めってところでしょう。                                                                                           
 Yは、男リーの悲劇がよほど応えたらしく、すでに演技直後の男リー下で「もう都技選引退しマス」と引退宣言を出していました。しかし、二日目が上手く滑れたせいなのか、時間が経ったためなのか、打ち上げでは、「来年は出マセン」にトーンダウンしていました。結果は、昨年より上の30位ですから。
                                                                
 まあ、「来年も出マス」となるには、もう少し時間が必要かな。~o~                                                                 
 打ち上げの席で、Yに来年に向けての反省を求められました。結果145位は、要反省ってこと。最悪じゃないけど、昨年より悪いです。16年の84位を最後に100位以内がありませんからねえ。

 

 ワタシ自身考えていたのですが、小回りリズム変化と総滑のバリエーションを増やすってことが課題かな。                                                                        
 滑り自体に関しては、今年は、比較的上手く行っていたと思います。12月に受けた片山元デモのレッスンで基礎を徹底練習させられたのが、大変有効だったと思います。直後の松田レッスンは、状況が恵まれず生かせなかったけど、状況さえ良ければ、出す自信はありました。                                                                                                                                                                                    
 今年は、状況さえ良ければ、もっと力を出せました。ただ、状況、特に視界に恵まれなさ過ぎで…ねえ。~o~;;;                                                                                                      
 多分、今年スタート順に恵まれなかった選手20人を選んだら、確実にワタシ入ってますから。
                                                                  
 ただ、リズム変化小回りと総滑は改善の余地ありです。リズム変化の方はコートの地形に合わせて構成を考え直す必要があります。総滑も、滑らない雪の時にスピードをつなげるパターンはあるけど、滑る雪の時に備えて変化を見せるパターンを作っておかなければ。
                                                                
 などと両親が反省バナシをしている中、娘(仮称ケミ)も楽しそうに食べてくれました。本当に今年はよくサポートしてくれました。ありがとう。
                                                    
 帰宅後、ビデオセットして就寝。今朝はニュース新聞を見ずにビデオ録画を見ました。
                                   
 いやー、森保ジャパン、お見事な快勝でした!
                                                     
 大迫と富安がMOMだとは思うけど、ポッターズ南野と小鬼堂安は、攻守に鬼気迫るものがありました。南野君は、ほぼ3アシストですからねえ。
                                         
 予備校界一のサッカー〇鹿O師は、またまた「生きていく気になった」そうです。~O~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

過ぎていく秋覚醒する秋

 二学期が第十一週に入りました。いよいよ、ラストスパートです。各テキストともラストの太鼓判に向けて順調に進んでいます。
                                                            
 授業は順調なのですが、デスクワークが・・・。ああ、ブログなんて書いてる場合じゃなひ。~o~;;;
                                                                                     
 そんな父とは裏腹に、快調そのものなのが娘(仮称ケミ)のスキー。先週の狭山でのナイタートレーニングが上手くいったのに味をしめ、今週も水木と、愚妻Yに連れて行かせてみました。
                                                                                                                         

 

2018110719460000

 

 週末に野球場で行われるイベントのせいで、狭山スキー場の駐車場が使えず、ちょっと大変だったそうですが、その分なのか、ゲレンデはガラ空きで、気持ちよく滑れたそうです→。
                                                                                                                            
 気持ちよく滑れるので、技術的にも上達したらしいのですが、それ以上に、Yが喜んだのは、滑りたがる姿勢。
                                                                                         
 今までは、一本滑ると、ゆっくりのんびりリフト乗り場に向かっていたのが、木曜は、早く早く滑りたいとばかりにスケーティングしてリフトに乗るようになったとか。
                                                                                             
 ワタシにも身に覚えがありますが、そういう時が上手くなる時なんですよね。
                                                                                                   
 まあ、我々二人の娘だから、そうなるのは当然なんですが、滑りたがりの覚醒というわけです。~o~ 
                                                                                                   
 覚醒と言えば、ザルツブルグの南野君がELでハットトリックを決めたとか。森保ジャパンポッターズでの活躍で、彼も覚醒しちゃったんでしょうか。動画を見たけど、三発ともビューティフルゴール、ワールドクラスのゴラッソでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

ポッターズとオジサン達の生きがい

 今週の火曜は、夜の仕事のない日でした。日本代表のゲームがあったので、我が家はサッカーナイトで夕食を取りながらの観戦でした。                                                                                                                                           
 それほど結果は期待していませんでした。相手のウルグアイはしたたさがウリのチームで、しかも韓国に負けたばかりで、アジアのチームなんかに連敗は避けたいと思っているはず。適当にいなされるんだろうなと。                                                                                                                                                           
 思ってたんですがねー。イヤハヤ。                                                                                                                                                                   
 小柄な魔法使いの少年達がウルグアイ守備陣を切り裂いていきます。中島君、凄すぎでしょう。南野君もあのトラップは半端ないよ。堂安君のゴールも素晴らしい。                                                                  
 この三人、ポッターズと命名。特に、南野君は、ルックス的にもハリーしてるかも。~o~
                                                                   
 ドウアンは、ハリーというよりグリンコッツの小鬼かもしんないけど。~o~;;
                                                
 昨日の木曜に二学期第七週が無事終了。今日は、町田で第八週でした。二学期は順調に過ぎていきます。
                                                                                                                          
 予備校界イチのサッカー○鹿、O師は講師控室に笑顔で入ってくるなり、「いやー火曜日、面白かった。凄かった。これからまだ生きて行こうって気になったよ」とのことでした。しがないオジサンサッカーフリークにさえ生きがいを与えるとは、少年達の魔法もたいしたモンです。~o~;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

騙し人騙され人の日々

 土曜に特別授業があり、赤本チェックや模試の仕事もあって、そこそこ忙しい日々です。
                                
 それでも例年に比べれば、赤本チェックの準備が早かった分だけ楽かも。
                                     
 今年の赤本ですが、全体的に明らかな誤りは減っています。18年度問題に関する解答の明らかな誤りは、立教に一つ、中央に三つ、上智に四つ・・・。ま、まあ、例年よりは少なくなってますよ。~o~;;                                                                                                                                 
 しかし、解説の手抜きは多いなあ。「時間がねーんだよ!仕方ねーんだよ!」という執筆者の叫びが聞こえてくるような解説が多いです。丁寧に説明してらんないから、「敬語に着目すること」で押し切っちゃうとかね。
                                                              
 こういうのを「騙し」と言ってしまうのは気の毒かもしれないけど、お金出して本を購入し、本番が迫ってくる時期に過去問の演習をしていて、こんな解説に当たっちゃったら・・・途方に暮れるよなぁ。
                                                                                                    
 やはり、印刷物という「権威」による「騙し」の一種なのかと。
                                                       
 まあ、このくらいの「騙し」だと、この業界いくらでもありそうです。その大学の入試問題、あなたの学力じゃマトモに解けないでしょ、と言いたくなるような人が、偉そうな合格法書いてたりするの、よく見るモンなあ。
                                                                                                                         
 でも、一度外に目を転ずると、もっとヒドイ「騙し」は世界に満ちているようです。先週、そのうちの一つを確認してしまいました。
                                                                              
 先日、「ドキュメント」に保管してあった古いブログの記事を整理していて、2002年W杯の時に面白かった記事が破損しているのに気づきました。どこかに元記事が転がってないかと検索したら・・・なんと、ワタシが保管していた記事は、全くのデマだったことが判明。しかも、かなり以前にNHKやら新聞やらでデマと報じられていたらしいです。
                                                   
 トマソンと和歌山の少年の美談って「騙し」だったんですねー!
                                                                                   
 W杯のために和歌山でキャンプをしていたデンマークチームのエース、ヨン・ダール・トマソンが、耳の不自由な日本人の少年と交流して、約束のゴールを決めるという美談です。この美談の元記事は、「皐月パパ過去日記」という大変面白いブログだったんです。
                                                                                  
 関西のスポーツ新聞記者らしい筆者が、取材中に知った裏ネタを面白おかしく書き記してくれるブログで、他の記事の信頼度から言って、てっきり事実だと思ってました。まさか、あれが「騙し」だなんて。
                                                                                                                     
 確かに、信じたくなるような美談でした。デンマークチームは好感度の高いチームで、トマソンも人の好さそうな二枚目。2002年当時、日本中が来日した各国チームに好感を持って交流していたという空気感もありました。
                                                                                                             
 加えて、この「皐月パパ」という人の文章力。とにかく面白かったんですよ。適当に笑わせ、適当に泣かせて・・・信じちゃったなぁ。~o~;;;
                                                                                                                      
 世の中は、騙したがる「騙し人」と、騙されたがる「騙され人」に満ちているってことでしょうか。        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

「夏」前の夏休みその二

 一昨日の夜は、愚妻Yの実家毎年恒例の真夏のBBQでした。今年は、思い切り「真夏」。暑かったこと。                                                                                                                                                                                           
 義兄が汗を滴らせ頑張って炭火を熾し、みんなで汗をダラダラ垂らして肉を焼いては食らい、かつ飲みました。                                                                                                                                                                    
 ワタシもBBQマニアに染まってきているので、BBQの面白さが分からないでもないのですが・・・。それでも、こんな暑い日は、クーラーの効いた部屋でガスで焼肉するのではダメなのだろうかとちょっと思ってしまいます。~o~;;;                                                                                                                                                                    
P10907261  娘(仮称ケミ)は、大好きな従妹のIちゃんと花火で盛り上がりました。まあ、こればかりは、クーラーの効いた部屋じゃできませんから、ねえ。~o~                                                                                                                                           
 例によって、かなり飲んでから、W杯の決勝を観戦・・・する予定だったのですが、大部分居眠りしてしまいました。選手の皆さまゴメンナサイ。                                                                                                                                                                                                                     
 まあ、でも、フランスが強いってことはよくわかったし、クロアチアが頑張ったのもよくわかりました。サッカーファンの熱い夏の終わりを告げるホイッスルも聞きました。今大会は、西野ジャパンの頑張りもあって、かなり面白いW杯だったんじゃないかしらん。                                                                                                               
 昨日は、ケミさんをプールに連れて行った後、渋滞を避けるために、風呂に入って夕食を取ってから開通した圏央道を通って帰宅。約二時間半のドライブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

「夏」前の夏休み

 夏期講習第一弾が無事終了して、しばらく間が空きます。                                                                                 
 この期間を利用して、愚妻Yの実家に来ています。娘(仮称ケミ)は、まだ夏休み前なので土曜に家を出て来ました。ジジババ大好きなケミさんは、ジジババに会えるというだけで大興奮。                                                                                                                                  
 ババちゃんが用意してくれていた鰻とから揚げで盛り上がりました。そういえば、この子の初鰻は、この家でした。                                                                                                                                                                  
 昨夜は、子供を寝かした後、三決を鑑賞。いやはや、イングランドもベルギーお見事でした。良いところを出し合ったナイスゲームだったと思います。やっぱ、このレベルの人達は勝ちにこだわり過ぎなければ、偉大なエンターテインメントを作り得るってことですね。                                                                                                     
 P10907171 今日は、車で少し離れたつくば市の公営のプール→へケミさんを連れて行きました。                                                                                                                                           
P10907181  
 その頃に大きいお腹のYと一緒に行ったスリランカカレーのアンマーカリヤさんを再訪しました。                                                                                                        
 ここは、辛い物が苦手なYが食べたがる唯一の激辛カレーを出す店です。ケミさんは、辛くないバターミルクカレー、我々はちょっと辛いカレーを食べました。美味しかったけど、こんな味だったかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

責任の日々

 無責任の日々とは言いながらも、やはり書かずにはいられません、傾向と対策本。
                                                                                        
 というわけで、昨日、第一弾某東北大の原稿を完成。昨日から始まった夏期講習第一日を済ませた後、チェックして、今朝提出しました。責任果たしたー。~o~                                                                                                                                                     
 昨年より六日遅い提出でした。まあ、今年はホラ、W杯の年だから。~o~;;; 
                                                                                                               
 そのW杯ですが、昨日は準決勝のイングランドvsクロアチアを見てしまいました。イヤハヤ、お見事でしたクロアチア。技術があるのは判っていたのですが、よくぞ体力が続いたものです。3試合連続の延長戦で、イングランドより一日厳しい日程だったんですから。
                                                                          
 感動的な試合だったけど、延長の最後は、お互いに精も根も尽き果てていたようで、イングランドがまともにディフェンスできないものだから、本来はゆっくりボール回して時間稼ぐはずの勝っているクロアチアが、どんどんシュート打っちゃったりして。
                                                            
 GK正面に飛んでいたから良かったけど、もし決まって2-0、3-0になってたら、イングランドに対して非難轟轟だったのではないかしらん。
                                                             
 逆にクロアチアの方も、イングランドに有効な逆襲を仕掛ける体力が残っていたら、やっぱりコトでした。
                                                                                  
 そういう意味では、感動のうちに終わって良かったヨカッタ。
                                                             
 さて、始まった夏期講習ですが、最初は例によってセンター対策シリーズ。普段教えていない理系の子や高校生が中心の講座です。まあ、普段、教えてないからといって、無責任なことは出来ませんから、なるべく役に立ちそうな話を、とは心掛けるのですが、たった二日間で、どれほど役に立てるやら・・・。~o~;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

トンボで良いのか~無責任の日々

 このところ、西日本の七月豪雨災害のニュースで日本中暗い日々です。能天気な記事をブログに載せるのもはばかられるかなぁと思っていたのですが、豪雨が予想されてる中を責任者の方達が飲み会で浮かれてたり、災害後の道路を開通させる責任者の方がカジノ作りに血道を上げてたりしているそうなので、無責任なワタシのブログくらいなら極楽トンボで良いんでしょう、きっと。                                                                                                                                                                                                      
 このところ、ビデオを整理しています。                                                                                                                    
 本当は、傾向と対策本の催促が来ているので、そちらに掛かり切りにならなければならないのですが、例によって逃避行動。やっぱりこちらも無責任てことね。~o~;;;                                  
 先シーズンの娘(仮称ケミ)のスキーのビデオを整理しました。お義父さんお義母さんにDVDを焼いてあげるためなのですが、改めて12月からの滑りを見てみると、うーーん、上手くなったなぁ。                                                                                                    
 12月には、レーシングスクールのポールセットの中でも、コースのシュプールを何となくなぞってクリアしているだけなのですが、3月には、ボールセットの中でしっかり板を踏んで、走らせようとしているし、ポールセットの中でも上体が非常に安定しています。                                                                                                                                                                                  
 あのライバルの子の映像と比べても、時々ですが、ケミさんの方が速いと感じます。追いつくのに、ニ、三年はかかると踏んでいたのですが、来シーズンあたり、良い勝負が出来るかもしれません。                                                                                                                                                                               
 あとは、どっちの体が大きくなるか、かも。                                                                                                                                                     
 娘のスキーのビデオだけでなく、W杯のビデオも整理しています。GLのブラジルvsコスタリカを見たのですが、いやはやブラジル危なかった。                                                                                                                               
 初戦のスイス戦に引き分けて、ここで引き分け以下だとGL敗退の可能性もあったのですが、コスタリカ戦はほとんど引き分けでしょう。ブラジルの決勝点はATに入ってからです。   
 しかも、その途中経過が良くありません。ポゼッション率は高いもののただ安全にボールを回しているだけ。特にヒドかったのは、後半34分のネイマールのシミ。演技過剰でしょう。その後、ネイマールチャレンジというネイマールの真似をして倒れる遊びが流行ったそうですが、むべなるかな。                                                                                                     
 最初騙されてPK判定していた主審が、VARでPK取り消しちやったんだから。さすがのネイマールも、その後は気まずそうでした。                                                                                                                                   
 というか、ブラジル全体がその後は気まずい雰囲気で、ヤケになって猛攻仕掛けているものの、何か効果的じゃないなあ。こりゃ引き分けが妥当だな。                                                                                                         
 と思いかけたATに入ってから、コウチーニョのゴール。何とか勝ったけど、このチームは勝ち進めない匂いがプンプンしてました。準々決勝でベルギーに敗れたのは妥当な結果でしょう。                                                                                                                                         
 そのベルギーも先ほど、フランスに敗れました。フランス強いです。ベルギーは、リードされてからののウィンガーをワイドに開いたサイド攻撃も迫力だったのですが、一歩足りませんでした。                                                                                                                                                    
 フランスはどっかのナイーブな東洋の国とは違うってことね。~o~;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧