2019年8月28日 (水)

ムラとH社と和製のオールブラックス

 昨日は、ご近所にお土産を配る日でした。

 娘(仮称ケミ)の同級生S君はラグビー少年なのでオールブラックスのキーホルダーを上げたら、「メッチャ」喜んでくれました。~o~

 その後、ムラの私道で同級生集めてラグビーごっこ。ナント、全員黒いTシャツ着てます。おおお、〇〇村オールブラックス!

 滑走最終日に乗ったHead社のオールマウンテン板も実は、オールプラックスでした。

・Head V-Shape V10 170cm 139-85-121 R=13.6

P11002192P11002181

 Head社の公式サイトによると、日本では販売されていないとのこと。こういうのに乗れるのは、海外スキーのひそかな楽しみです。また、オリジナルデザインは、緑と黒であり、全黒はNZ国内向け特別デザインらしいです。

 オールマウンテンタイプとしては、比較的張りのある板ですが、非常に軽く扱い易いです。基礎風小回りが非常にしやすく、かつ、ヒュンヒュン走ってくれます。うわー、コレ都技選の小回り種目で使いたいかも、と思えるほど。

 荒れた雪の走破性もよく、軽さが生きてコブでも使えます。もう本当にオールマウンテン。乗っていて楽しいです。

 コレ、欲しいかもと思わされたのですが、数少ない欠点は、ハイスピードでややバタつくこととトップ幅があり過ぎて時々自分の板を踏みそうになること。まー、慣れりゃなんとかなりますけど…。

 さらに、もう一つ全黒。NZの全黒と神奈川県熊澤酒造さんがラグビーWカップ記念でコラボした和製全黒。

P11002401

 小金井の栄屋さんで見つけました。やや甘酸っぱ系の良い香りが立ちますが、甘酸っぱくはなく、コクもあり味キレも良い、良く出来た食中酒です。NZで飲んだ全黒が白ワインを意識した軽い造りになっていたのに対して、こちらは全く日本酒モード。アルコール度も15度あり、値段も四合で1500円は、日本的適正価格。

 なにしろ、NZの全黒は二合瓶で35$もしましたからねえ。

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

事後処理の日、NZ拾遺

 昨日は、いろいろ事後処理の日でした。

 まず、旅行中に送られてきていた模試関係の仕事をやっつけました。なにしろ、締め切りが26日だというので。夏期講習終わった後の期間、旅行に出ちゃってる講師多いんだろうから、このタイミングで締め切りのキツイ仕事を送られてきてもなー。

 とは思ったのですが、それを承知していない職員さんではないので、よほど急ぎだったんでしょう。

 午後は、空港から送った宅配便の梱包を解き、帰国便で出来なかった某京大の過去問添削の仕事と赤本NGの仕事をこなしました。今年の某明治赤本はちとヤバい感じです。まさか「なむ」の識別を間違えるような方が書いてるとは…。~o~;;

 家族が集まるとNZの話になります。いくつか思い浮かぶことを書き留めておきます。

 NZ航空は今、「オールブラックス航空」というオールブラックス応援のキャンペーンをやっていて、機内利用の放送にはオールブラックスが登場します。けっこう楽しいビデオに仕上がってます。NZにおいていかにラグビーが愛され、ナショナルチームが国の誇りになっているかが分かります。

 まあ、NZの場合、他に国際的に誇れる物が少ないという事情はありますが、ラグビーはまさに国技。日本で例えると、相撲と野球とサッカーを足したような存在です。

 そこでマオリ系の人達がたくさん活躍しているのですから、マオリと白人があんなに融和して暮らしていける理由というのは案外その辺りにもあるのかも。

 もちろん、マオリの権利を認めて大英帝国に併合するワイタンギ条約以来、すったもんだはあったらしいけど、今、現在、マオリと白人の間に差別は少ないように見えます。

 多分、日本に例えれば、イチローや大谷君、中田ヒデや本田君がマオリ出身だったりするみたいなモンなんでしょう。そういう人達が国際的に活躍しているのを子供の時から見てれば、そりゃマオリが国のアイデンティティーの一部になっても不思議はありません。

 特に、ワタシが来ていなかった十年間でそれは加速したのかもしれません。NZのあちこちで以前よりもマオリ語を目にするようになりました。国内便機内放送のクイズの答えが英語とマオリ語の併記になっていたのはその典型。

 今回も「なかよしの国」と感じたけど、NZの人種融合はこういう下地があってのことなんでしょう。

 QTは、国際観光都市なので、地価が高く、必然的にお店の入れかわりも盛んです。九年前よりもかなり観光都市化した印象があります。まあ、街が賑やかになって観光客としては楽しいんですが。

P11001571

 湖畔を散策する娘(仮称ケミ)と愚妻Yです。

 十年以上前に撤去されていたカードローナのブラジャーフェンスが、ちょっと場所を変えて復活していました。これは、それほど嬉しいニュースってわけじゃないんだけど、でもNZらしくて良いかも。

 今回、最終日にQTのアウトサイドスポーツさんで板をレンタルしました。滑走最終日はトレブルコーンのオフピステを心置きなく滑りたかったということもありますが、出発の朝が早いので、自分の板をパッキングしたかったということもあります。結果的に日本では販売していない面白い板を試乗できました。レポートは近いうちに。

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

We Love なT.Cと燃え尽きない思い

 無事帰国しました。

 24日は再びトレブルコーンでした。初日以上の快晴。土曜だったこともあり、初日より少し混みました。

 この日は、ツアーの皆さんはほとんど滑走終了していたので少人数での滑走となり、スキーガイドSさんの配慮で午前中は我が家はフリー。午後も十分な滑走時間を与えてもらえました。

 P11002201_20190826073901

 サドルベイスン入口付近を移動する娘(仮称ケミ)。広大なサドルベイスンが見渡せます。

P11002211

 サドルベイスンクワッド降り口付近のYとケミさん。

P11002221

 サドルペインからワナカ湖を見下ろすYとケミさん。

P11002231

 サドルベイスンのShooter付近。

P11002251

 Gun Burrelのハーフパイプを滑るケミさん。

 午後は、ツアーの皆さんと一緒でしたが、なにしろ、ガイドはオフピステ大好きのSさんなので、かなりハードでした。

Img_2357

  ホームベイスンメインコースを滑るケミさん、Sさんが撮ってくれました。

P11002271

 残念ながら、この日はMotatapu Basin のHollywood Bowlはオープンしていませんでしたが、Motatapuの端のコース外のオフピステをちょっとだけ堪能。Hollywood Bowlにケミさんを連れて来たかったんだが…、次回までお預けってことです。

P11002281

 サドルベイスンからの帰路、Powder Bowl付近。この辺り、日向の雪が一旦融けて凍ったため、雪質のコロコロ変わる難易度の高い斜面ですが、ケミさん、どうってことなく制覇。雪質の変化に対する対応力がついてきたなぁ。

 帰路のこのコースがトドメになり、さしものYクンも燃え尽きてくれたようです。全身、筋肉痛になったとか。ケミさんも最後は疲れてボンヤリしてました。

 25日早朝、ホテルを出て、クイーンズタウン空港7:00発。オークランドで乗り換えて11:05にNZを飛び立ちました。帰国便が一緒になった良子組の皆さんにも可愛がっていただいてケミさん大満足。CAの女性と「あっぷるじゅーす ぷりいず」「さんきゅ」「You're Wellcome」というコミュニケーションを成り立たせてケミさん大喜びでした。

 我が家は三人とも体力的にはほぼ燃え尽きた九日間でした。ワタシとしては、宿願を果たして大満足。ここでオレの人生燃え尽きるかもと思ったほどだったのですが、Yとケミさんは「来年も来たいねー」。

 その言葉をモチベーションにして、また、一年、仕事に精出してみようかしらん。~o~

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

願いの成就さまざま

>ニラ爺さん

 ありがとうございます。

 ドルはNZドルで今1$=70円ほどだと思います。旅行前に円が高くなってくれて、少し助かりました。

 息子さんお大事に。

__________________________________________________________

 23日は、コロネットピークでした。晴れて寒くもなく暑くもない絶好のコンディション。Yと娘(仮称ケミ)にとっては二度目のコロビーでしたが、本来の姿を見せてくれました。人が多くて硬いバーンです。

 P11002021

 ちょうど同じ時期に中田良子元デモのキャンプが行われていて、Yとケミさんの下に見えるのが良子組の皆さん。

 この日、ケミさんには一つの願いがありました。二日目のコロビーでは悪天候で乗れなかったTバーリフトに乗る事です。コロビーのTバーは二人乗りで距離も長く斜度もある本格的な物。大丈夫かしらと思ったのですが、何とか乗れました。

P11002041

 Yと一緒に降りるところ。

P11002141

 乗っているところを後ろから。こちらも乗っているので、ピントが合いません。

 午前中、Tバーのコースはレーシングのトレーニングて混雑し、二本しか乗れなかったのですが、午後、トレーニングが終わり、ケミさん、満足するだけ乗れました。トレーニング後のコースはガリガリに硬く締まっていて、ワタシの丸くなったエッジでは一苦労だったのですが、チューンから帰ったSL板のYクンは、思い切りかっ飛ばしてこのコースを気に入った模様。

 三人とも滑りまくって、この日の夕食は、初めてのマレーシア料理。テイクアウトしてホテルで開いてみると…。

P11002151

 ほとんどの料理からキューリの香りがっ!!~o~;;;;; 

 Houker&Rollは、我が家では出入り禁止の店と決まりました。

 でも、飲みたいと願っていたNZ産日本酒「全黒」を飲めたからいっか。

P11002162

 かなり白ワインを意識した造りですが、ちゃんとした純米酒です。今風の低アルコールで飲みやすく、価格を少し下げられれば日本でも通用すると思います。

 ケミさんは、この晩、「わん といれっとぺーぱー ぷりいず」でフロントさんからトイレットペーパーを二巻ゲット。大喜びでした。~o~

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

カドロナとケミの一人勝ち

 22日は、カードローナスキー場でした。天候は、晴時々ガス。

 サザンレイク地域ではカードローナが一人勝ちになっているとは聞いていましたが、なるほど活気があります。ゲレンデもリフトもかなりの混雑。でも、以前もリフト待ちはこの程度あったので、輸送力が上がった分、ゲレンデが混んだということでしょうか。

 リフト掛け代わりが一本、新設が一本、新しいコースなども出来て九年ぶりのワタシはウラシマ状態いになりました。「パパは浦島太郎だよ」と言ったら、「パパ、亀なんか助けてないじゃない」とは娘(仮称ケミ)の突っ込み。~o~;;

 滑りの方は、時々視界が悪くなるものの、雪が良く、斜度変化の多いバーン、キャプテンズのシュートなどを楽しんで、昼食はキャプテンズ名物ピザでした。P11001821

 このピザはYにもケミさんにも大好評。少し寒い屋外ベンチで食べたのは、例のバルコニー好きの誰かさんのため。やはりスープはアッと言う間に冷めます。~o~;;

 午後、ちょっとした悲劇が発生。キャプテンズのガスを避けようと移動中のOver Runで、道の脇のオフピステのノートラックが、Yさんには光って見えたのだそうです。「あそこ行きましょう。良さそう」

 「岩場だよ」とは言ったのですが、魔が差すとはこんな時を言うのでしょうか、「ダイジョブ!」。仕方なくワタシが慎重に岩の無さそうな所を滑った後から、Yは結構なスピードで最も岩の多そうな所へ…。「アッ」と悲鳴が上がった時には、YのSL板には、複数の岩の跡が刻まれていました。最も深刻なのはエッジ。かなりヤバいのを食らってます。

 結局、QTのアウトサイドスポーツさんでチューン可能の診断が出たので、大丈夫とは思いますが、この手のダメージは一発で再起不能になりかねませんからねえ…。

 カドロナの帰り道は、いつもカードローナホテルで休憩です。

P11001891

 寒い日には、これが美味しい。名物モールドワイン。

P11001921

 ケミさんは、カードローナホテルのブランコを堪能。ツアーの方達がお相手をしてくれました。

 このツアーに子供が一人ということもあり、皆さん、ケミを可愛がってくださいます。部屋に呼んでスポーツ吹き矢を教えてくれたり、どこへ行っても、どこを滑っても、ケミさん、一人勝ち状態でモテてます。

 夕食は、ツアーの方達のアドバイスもあって、街中のタイ料理Tham Nuk Thaiでした。パッタイと春巻き↓。

P11001981

 パイナップルライス↓は、ケミさんとYに好評でした。

P11001991

 部屋へ帰って、ワインタイム。この日は、マルボロ―地区の白ToiToiでした。

P11002011

 華やかで甘い香りはなかなかのもの。14.50ドルならお値打ちでした。このToiToiさんはピノノワールもなかなかのものでした。

 ケミさんは、なくなったティッシユをフロントにもらいに行き、初めて英会話をしたとか。まあ、「にゅーぼっくすぷりいず」がフロントのお姉さんにどこまで通じていたのかは不明ですが。~o~

| | コメント (1)

2019年8月21日 (水)

なかよしの国の遅かった約束

 19日の滑走初日はトレブルコーンスキー場でした。快晴。

 トレブルコーンはQTから車で一時間四十分ほどかかる所にあります。途中、リフト券購入のためワナカで休憩。P11001461

 湖畔で鳥と戯れる娘(仮称ケミ)です。

 九年ぶりのトレコンは何故か空いてました。雪付きも悪くありません。万全のトレブルコーン。ここに連れて来たかったんだよ。

 まずは足慣らしでホームベイスンのメインコースを一本。ワナカ湖に飛び込むような急斜面に思わず歓声を上げてしまいます。相変わらずスゴイコースだ。

P11001471

 サドルベイスンから、ワナカ湖を望むYとケミさん。こに連れて来たかったんだよ。~o~

 Yもケミさんもトレブルコーンのオフピステを満喫してくれました。初日だから、まず整地で足慣らしなどと言っていたのに、サドルベイスン二本目からバリバリにオフピステ。天然ハーフパイプのガンバレルも三人で制覇。楽しみ過ぎだって。

 QTに帰って、買い物と食事に出ました。実は、今回の旅の目的の一つは、QTの街でキムさんに娘を見せることでした。九年前の約束を果たすためです。

 事前に、インターネットの口コミサイトでKim's Koreaがまだ営業していることを確認していました。きっと、ケミさんを見たら喜んでくれるだろう、と思ったのですが、何故かKim's Koreaは看板が出ているのに改装工事中、営業していません。

 後で、ここに住んでいるガイドのツカサ君に閉店したと聞きました。「二か月前まで営業していたんですけどね」うーーん、遅かりし由良助。

 20日は、コロネットピークでした。この日はコロビーには珍しく湿雪の降る天候。朝はホールドしていたのですが、レストランで待たされること一時間余りで滑り出すことが出来ました。

P11001551

 湿雪の積もるベース付近。ここでこんなに積もるのは珍しいことです。

 柔らかい湿雪のコロビーでした。まるで新潟の雪です。当然、ケミさんもYも楽勝でコロビーを攻略。P11001561

 ちょっと視界が悪かったのですが。

 QTに帰って、この日は中華のレイクサイドパレスでした。

 ホテルの部屋で仲良くしているNZに里帰りのバディ君とパンダのキュー。P11001541

 NZにいろんな人種が暮らしていることを、いみじくもケミさんが言い当てました。「なかよしの国なんだね」~o~

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

ホッとして、宿願への旅立ち

 ホッとして、旅立ちました。

 横浜での授業終了後、自宅へもどってちょっと仕事してから成田へ急ぎました。もう、愚妻Yと娘(仮称ケミ)は成田に行って出発の準備をしてくれています。

 奇跡的なほどスムーズに移動できたため、少し余裕をもって成田でシャワーを浴びて搭乗。17日のブログはNZ90便の搭乗口で書きました。

 この何年も、このために働いていました。一学期に普段しないような仕事をしていたのもこのため。ケミさんをニュージーランドに連れて行きたいというのは、宿願と言っても過言ではありませんでした。ようやくそれが実現します。

 行きのNZ90便は、修学旅行の高校生がいたこともあり満席。少し窮屈でしたが、NZ航空は機内の映画も充実していて、楽しく過ごせました。映画館には絶対見に行きそうもない『翔んで埼玉』と『七つの会議』を鑑賞。どちらも興行成績が良かっただけあって楽しかったです。

 ナイトフライトが初めてのケミさんは、驚くほどよく寝てくれました。ワタシもつられて四時間ほどは寝たでしょうか。起きてみると、NZオークランドは雨。かなり涼しい天候でした。

 乗り継いだ国内便から見た南島の眺めです。P11001331

 小雪の年と聞いていたので、雪を見ると少しホッとします。

 九年ぶりのクィーンズタウンは快晴で冷えていました。気持ちの良い空気でした。愚妻Yも空気に感動していました。ケミさんは、薪ストーブの匂いを喜んでいました。もどって来たぞ、QT。~o~

 QTの街は、少しお店の入れかわりがあり、以前よりも少し観光地っぽさはが増していたけど、基本的な所は変わりません。

 ホテルでのウェルカムディナー。NZ名物のムール貝です。

P11001402

 街中のリカーショップで購入したマルボロ―産白ワイン。P11001411

 素晴らしく華やかな香りは、16ドルじゃお値打ちです。NZワインは品質向上してるなぁー。

 さあ、今日から始まります。~o~

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

南の島に吹きつける風

 昨日、何気なくTVをつけて、「とくダネ」という朝の情報番組を見ていた時のこと。キャスターの小倉智昭がNZ地震についてオープニングトークで得意そうに語っているのを聞いて、ちょっとイヤな気分になりました。

 小倉さんが言うには、NZは日本と同じように地震大国だと思われていて、耐震建築の研究も進んでいるという報道があるけど、それは違う。NZに住んでいた大橋巨泉によると、NZは地震が日本より少なく、そのためNZは地震に対する備えがなくて、プレートの上に住んでいながら耐震構造も緩かったんだというんですが。

 これは確かに事実だと思います。NZは日本ほど地震が頻発するわけではありません。したがって、耐震建築の研究が進んでいるという報道にはワタシも首をかしげていました。でも、今この時に、そんなことを鬼の首取ったように得意げに言われても・・・ちょっと困ります。というか、ワタシのNZ在住の友人たちが聞いたら、多分、泣いて悔しがることでしょう。

 ワタシのクィーンズタウン在住の友人モトさんは、フェロートラベルのガイドをしながら地元でB&Bを営んでいるのですが、クライストチャーチの震災が一段落した後、彼女のB&Bはキャンセルの嵐に遭っているのだそうです。所謂、「風評被害」です。

 中越震災の時もそうでした。震源地の小千谷、長岡地区に対して、八海山は距離的に近い位置にありながら、ほとんど被害を受けませんでした。直下型地震で、狭い範囲にしか被害を与えない地震だったからです。しかし、震災の後のシーズン、お客さんは減少しました。「中越地震」という名称であったため、中越地区全体が風評被害を受けたんです。

 クィーンズタウンは、クライストチャーチから500kmも離れた街なのですが、同じNZ南島中部で、クライストチャーチを経由して街に入ることが多いため、近い場所のように見られてしまうのでしょうか。QT自体にはまったく地震の被害はないのに、早くもキャンセルの嵐。観光の街QTの経済は大打撃を受けること必至です。

 日本のマスコミは地震の被災地を興味本位で取材します。そのこと自体は、一般人の被災地に対する関心を喚起して募金活動などにもつながるので、必ずしも悪とは言えません。しかし、地震のあった地域に対して、耐震建築の遅れている危険な所だということを必要以上に強調した報道をするのは、現地で復興に向けて必死に立ち上がろうとする人たちに足払いを食わせることになるのではないでしょうか。

 NZは確かに耐震建築の点において日本ほど進んでいないと思います。しかし、それは地震そのものが日本ほど多くないからであって、これからNZに旅行することが日本にいるより危険だということにはなりません。したがって、NZは耐震建築の遅れた国だと日本の皆さんにことさら伝えることは、あまり視聴者にメリットをもたらすことではありません。にも拘らず、彼がオープニングトークにこの話題を選んだのは、結局、自分が他のマスコミとは違うのだと自己主張したかっただけなのではないでしょうか。

 しかし、その結果、南の島には風評被害という冷たい風が吹き付けるのです。

 本当なら、ワタシとしてはここで、震災地復興のためには募金なんかより、NZに旅行してお金を落としてあげるのが一番だと言うべきところなのですが、何せワタシ自身、家庭の事情でこの夏はNZに行けそうになく、なんとも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年2月24日 (木)

余計な心配さまざまの日々

 一昨日は毎年やっている某W大S経学部の解答速報の日でした。現代文・古文・漢文の先生が同じ部屋に集められてそれぞれの問題の解答と分析を書いたのですが、どうも、某W大S経学部は国語全般に渡って非常に平易になっている模様。

 古文は、中世説話『唐物語』からの出題。問題文の長さには呆れましたが、設問もありきたりで平易だし、現代文との時間配分さえ間違えなければ、S経学部受験者なら、ほとんど満点取っちゃうんじゃないかしらと思って現代文の先生にお話しをうかがったところ、現代文も簡単だったんだそうで。

 うーん、受験生の国語力のレベルが下がっているということなのか・・・でも、こんなに簡単では差が付かなくて困るんじゃないかしらんと余計な心配をしてしまいました。

 帰宅してNZの地震のことを聞きました。クライストチャーチは毎年空港を利用してMt.HuttやQueensTownに行っているだけに、心配になってQT在住の方のブログを見たら、どうやらQTはほとんど影響ない模様。直下型の地震だったので被害の範囲はかなり限定的だったようです。これなら多分Mt.Huttや滞在場所のMethvenにも影響か少なかったのではないかと思われます。

 もちろん、スキー関係に影響がなければ良いというものでもありませんが、ここから先はワタシが心配しても仕方ないこと。個人的にはNZに毎年お世話になっているので、なるべく日本の援助隊に頑張ってもらいたいとは思いつつ、今は見守るしかないですね。

 昨日は夜のみの仕事だったので、またまた内弟子Y・娘(仮称ケミ)を連れて富士見パノラマに日帰りでした。最近、二人とも手際が良くなってきて滑走時間をかなり取れるようになり、ワタシがゴンドラ四本とリフト三本分、Yもほぼ同じ時間滑ることが出来ました。

 Yはいよいよ昨年の状態に近くなりつつあります。もう一度スクールに入って、先日担当してもらったイントラに教わったら、自分の指導力に変な自信を持たれそうで、これまた、ちょっと余計な心配。~o~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

秋の始まる(はずの)朝

 一昨日早朝、クライストチャーチを発ち、オークランドから帰国便に乗って帰ってきました。帰国便は、八月最後の日曜とあって修学旅行生のやレーシングキャンプの帰国と重なったこともあり満席でした。

 しかし、今回は板を二本持参した関係で、重量制限を逃れるため往復プレミアムエコノミーという贅沢をしたので、楽をして帰ってきました。ワイン美味しかったし。~o~

 帰国便の中では、田崎信也さんの日本酒の本を読んだり、録画しておいたW杯サッカーのDVDを見ながら居眠りしたり、PC使って二学期に使うプリントを打ち込んだりして過ごしました。帰国便も映画を一本も見ませんでした。なんか、見る気になる映画が入ってなかったんで。

 この中では、田崎さんの『日本酒を味わう』(朝日選書)に感銘を受けました。この本はすごい!日本酒に関する金言に満ちてます。この本に関しては近々、感想をまとめたいと思います。

 帰国してみると、毎年変わらずのことですが、日本の湿気は、ヤッパリすごい。温度の変化は対応できるのですが、この湿気には毎年ウンザリさせられます。まー、これとて慣れてしまえば、どーってことないんですけどね。

 一昨日は、内弟子Yの実家に一泊し、昨日帰宅しました。帰宅後の楽しみは恒例の贅沢セット。こればかりはNZでは何処へ行こうといくらお金を積もうと不可能です。ダイエーで購入した生ソバと豆腐、「てんや」の400円の野菜天盛り合わせ、あらかじめ購入してあった栃木県飯沼銘醸さんの「姿 無濾過生原酒」二合と、全部合わせても費用は千円ちょっとでしょうかね。でも、これがNZから帰国した日には超贅沢セットなんですよねー。~o~

 今朝は時差の関係で早起きしてしまいました。日中はまだ暑いとは言え、朝は涼しくなってます。秋だなー、なんて思いながら、雑用をこなしていたのですが、日が昇るにつれて、気温も・・・。どこ行ったんだー、秋ぃ~?! ~o~;;;;

 でも、今日の夜から二月期の授業です。仕事の季節が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧