2021年7月19日 (月)

絹と愚察

 昨日は夏期講習の間のお休みの日。しかも、今日の授業は昼から。

 ということで、毎年恒例、同居記念日&一学期打ち上げ宴会となりました。

 昨年のようにビストロSa香菜屋さんというわけに行きませんでした。Sa香菜屋さんは現在、ランチ営業のみでノンアルコールなので。

 それに関して、ちょっと思うのですが、例のN村大臣の失言以来、あちらこちらの居酒屋さんが開き直ったようにアルコール提供を再開しているように思うんですが、コレどうなんですかね。

 「オリンピックもやるんだし、いいだろー!」

 と言うのは、ちと危険すぎるような…。

 閑話休題。というわけで、我が家は、昨年の忘年会に続いて自宅開催。十二周年は絹婚式って言うんだそうです。

P11100091

 メインは、御近所の回転寿司C子丸さんに注文したものを娘(仮称ケミ)が取りに行ってくれたケミ寿司です。写真上に写っているのは、ワタシの好きな鍋島純米吟醸、Yの好きな黒ラベル、ケミさんのメロン味野菜生活。

 Yは、魚介類の生食に関しては全くダメな人間だったのですが、結婚以来少しずつ幅を広げ、とうとうこの日は、初めて貝類の寿司を「美味しい」と言いました。十二年で成長したねえ。~o~

 ケミさんは、相変わらず、好き嫌い無し。バクバクと食べてくれました。

 食べながら、TVでニュースを見たのですが、南アフリカは暴動で大変なことになっているようです。これじゃ感染症対策どころじゃないなぁ。

 今朝の新聞にもミャンマーやタイの惨状が報道されていました。昨年から今年にかけての新コロナ禍で明らかになってきたきのは、政治が実は命に直結していることではないかしらん。

 某USAは、大〇鹿モン大統領が交代して以来、感染者を減らし、死者が劇的に減少しています。昨日なんて、一日の死者が100人を切っています。

 あ、コレ、日本だったら大変な数字なんですが、USAで一日の死者100人以下はかなり珍しいんですよ。多分、七月に入って二度目。

 それに対して、新コロナの犠牲者が世界で二番目に多いブラジルは、毎日1000人ペースです。近いうちにUSAを抜いてトップになるでしょう。ブラジルのトランプと言われるボルゾナーロは難病で入院しちゃたらしいし。どうなるんだろ。

 昔から「苛政は虎よりも」とは言いますが、今風に言えば、「トランプは新コロナよりも」ってことですか。

 我々も他山の石としなきゃですよね。

| | コメント (0)

2021年5月19日 (水)

祝われて願う

 昨夜、我が家は、ワタシの誕生日ディナーでした。

 なんせ、先週の誕生日以降で三人そろってゆっくりと夕食を取れる日がなかったので、この日になりました。

 娘(仮称ケミ)は週三回塾があるし、ワタシも夜の仕事の日が多いし、週末は出かけますからねえ。

 P11009171

 ワタシが喜ぶだろうと、日本酒に合う手巻き寿司↑にしてくれました。一緒に写っているのは、岡山県十八盛酒造さんの無濾過生原酒「Penguin no kimochi」。

 アルコール度数を14°に抑えてなおこの鮮烈さ、キレ味はお見事。

 ケミさんが我々夫婦のために、手巻き寿司ケミスペシャル↓を作ってくれました。

P11009181

 鯛とサーモンとカイワレの上にカニカマを裂き、チーズとそら豆が乗っています。なんとも複雑なお味です。

 手巻き寿司は、もうちょっとシンプルな方が美味しいんじゃないかしら、とは思いますが、この子は、もともと口内調味が苦手で、小さな時から「ばっかり食べ」を注意されて育ってきました。こういう食べ物を自分で楽しく作ることで、口内調味を少しでも覚えてくれたら。

 などと願いながらのシアワセな夕餉でした。~o~

| | コメント (0)

2021年5月 7日 (金)

ワイルドな完成度と最後の試乗レポⅢ

 一昨日の水曜、ワタシは町田で夜の高校生の授業だったのですが、帰宅してみると、我が家の愛車が駐車場に戻っていました。愚妻Yと娘(仮称ケミ)は夜八時頃には帰京していたそうです。渋滞を避けて遅く出て来たので、スムーズに帰って来れたとのこと。

 さしものYも疲れたそうで、昨日はYの慰労で昼食は「つばき」さんのラーメンでした。

 今まで、ここでは食べたことがなかった「ネギみそ」↓を頼んでみたのですが、こりゃイケる。

2021050612120000

 「ななふく」の洗練とは対極にあるようなラーメンですが、ネギと細かく崩れたチャーシューと固めのストレート麺を、全部一緒にがばっと頬張った時の食感が最高です。こういうワイルドな食べ方を想定しているのでしょうか。

 あまりの完成度の高さに、気付いたら食べ終わっていました。

 さて、最後の試乗レポ第三弾です。

・Bluemoris Jazzy Blue Note 178cm R=15.9 127-87-103

2021050212240000

 菅平で試乗して、ある程度何でもこなせる板だとは判っていましたが、是非新潟の柔らかい雪で試してみたかった。結論、この日のかぐらのようなワイルドなバーンに、この板は向いてます!

 グリップが適度にルーズなので、荒れた軟雪の斜面を微妙にズレながらたわんで抜けてくれます。荒れ地での走破性もグッド。気持ちの良い大回りができました。

 コブで使い易いのは判っていましたが、ここまでとは。とにかくいつでもクリクリ回せます。かぐら正面バーンのモーグルラインの細かいコブでも、クリクリと回ってくれるので安心です。

 この日のかぐらのような状況でしかスキーをしないなら、この板はかなーり買いです。ワイルドなバーンに対応するオールラウンド板として不思議な完成度の高さを持っています。

 でも、ワタシはまだ、いろんな状況で滑りますから、ねえ。~o~

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

酸っぱ目の信頼と最後の試乗レポⅡ

 娘(仮称ケミ)と愚妻Yが越後にいた火曜日は、ワタシにとってはラーメン道楽の日でした。

 久々に新小金井街道の味噌の名店「まるしゅう」さんを訪れたところ、「極み The大玉・梅」の看板に目を奪われました。うーーん。

 実は、ワタシ、昔から梅干しは得意ではありませんでした。結婚してから食べられる物が増えて今では梅味自体ならかなりイケるのですが、大玉の梅干しとなると、どうだろう。

 とは思ったのですが、こちらの大将が不味い物をつくるわけが無かろうという信頼で、頼んでしまいました↓。

2021050412390000
 

 最初に大玉の梅干しを箸でほぐしてプレッシャーを除いてから一口。

 うーーーん、微妙かも。

 出汁の利いた塩味のスープと梅干味と三つ葉の組み合わせは、梅茶漬けそのものです。そこへこちらの縮れ麺は合わないような気が…。

 多分、ストレートの細麺だったら、もっと違ったんだろうなーと酸っぱ目の感想を抱いてしまいました。少なくとも、「まるしゅう」なら、もっと美味い物はいくらでもあるからなぁ。わざわざコレを頼まなくても…ねえ。

 さて、最後の試乗レポ第二弾です。

・Bluemoris B-Potion 167cm R=17.4 104-70-100

2021013111350000_20210506141801

 軟雪の深いコブでB-PotionをM-Potionと履き比べるというのが、今回のテーマの一つでした。

 かぐらの和田小屋正面バーンラインコブの一番深いラインで試してみましたが、扱いやすさはほぼ同じ。ただし、深いところに入った時に、M-Potionだと元気に返ってきますが、B-Potionは明らかに挙動が穏やかです。この穏やかさを、張り付き感があると見るか刺激がないと見るかは人によるでしょう。

 ワタシはどちらかというとMの方が好きですが、コブが苦手な人には、Bの穏やかさが向いているかもしれません。

 テククラを一本で受験したい人でも、コブが苦手な人ならB、コブが得意ならMという感じの住み分けになるのかしらん。

 ちなみに、愚妻Yもこの板を試乗したのですが、「つまんなーい!」「中途半端な板デス!」という超酸っぱ目の感想でした。

| | コメント (0)

2021年5月 1日 (土)

辛そば辛口木曜日

 木曜日の祭日は、世間的には自粛しつつのゴールデンウイーク初日というところだったようですが、ワタシは、当然のごとく仕事。Yと娘(仮称ケミ)は、当然のごとく越後でした。

 この日は関東も越後も雨で、越後へ行ったYは高速ガラ空き、スキー場もガラ空きだったとか。

 ケミさんのレーシングスクールは、みつまたに雪が無くなって田代に移動。一日雨は降り続けたようですが、雪面はグッドコンディションでキープされていたらしく、動画を見ると非常に良いトレーニングが出来ていた模様。

 一方、ワタシは夜の仕事に備えて、昼間は小金井でデスクワーク。昼食は、例によってラーメン道楽でした。

2021042912150000

 麺工豊潤亭さんの変化球、「辛そば 大油」↑です。一口含んだ瞬間にガツンとやられました。コレ、鮮烈でした。ラー油系の辛味と大油の甘味が絶妙にマッチしています。マーボー麺の上に甘い背脂が載っている感じです。

 チャーシューと挽肉でかなり肉肉しい感じになり、ボリューム過多になりそうですが、その分、麺を少な目にしているかもしれません。ワタシには良いバランスでした。しかし、多分、炭水化物中毒の愚妻Yなら、「麺が足りマセン!」と切り捨てるでしょうね。

 その辛いラーメンを食べながら、ケミさんが前日卒業した公文式のことを考えました。実は、この半年ほど、公文式は我々夫婦にとってちょっとした悩みの種になっていました。

 以前は、公文式にかなり期待していました。ケミさんが毎日熱心に公文式の学習を進めているので、これで中学受験の算数も安心なんじゃないかと楽観していたんです。

 しかし、中学受験用のドリルなどをやらせてみて、ちょっと驚きました。アレレ、公文ってあんまり役に立ってないんじゃないかしらん。

 結局、公文式で取り扱うのは単なる計算であって、それ以上のものではないんです。中学受験の算数はまるで別物。仕方なく、図形問題やら比の考え方やらつるかめ算植木算やらは、ワタシがYに教えYがケミさんに教えるという形で学習を進めざるを得ませんでした。

 ちょっと辛口の言い方をすると、公文式からケミさんが得たものは、基礎的な計算力と毎日勉強するという習慣だけだったんじゃないかしらん。

 もちろん、それがとても大事なもので、他では得難いものであることも確かなんですけどね。

 何にせよ、今が最高の止め時だったかもしれません。

| | コメント (2)

2021年4月29日 (木)

山の恵み努力の山

 月曜は例によってハードな労働の第二週目でした。以前から横浜の生徒さんはマジメで、添削を持ってくる人が多かったのですが、今年は横浜だけでなく、吉祥寺でもみんなマジメ。かなりハードに働かされました。

 というか、今年は、他の曜日他の校舎でも多いです。添削希望者は学力的にかなりバラつきがあるので、従来のようにマジメな成績上位層だけが添削を持ってくるというのではなさそうです。

 もしかすると、去年、新コロナ禍で十分な学習が出来ず不安なのかしらん。

 ともあれ、窮鳥が懐に入って来るなら、拒むわけにはいきません。ひたすら添削を続けその結果、一日終わると、ほとんど目がイカレてしまいます。ヤバいなぁ。~o~;;

 そんな眼精疲労のお父さんの救いは、山の恵みでした。日曜朝、娘(仮称ケミ)と愚妻Yが早起きしてペンションYの近くに山菜狩りに行き、

2021042506390000

摘んでくれたふきのとう↑が、

P11008791

 Yの十八番、毎年恒例ふきのとうのペペロンチーノ↑になりました。~o~

 この夜、ワタシのちょっとした失言が親〇鹿スキー馬〇のYの三ポイに触れ、火曜はYクン不機嫌な一日でした。

 水曜日、夕食前にちよっとしたセレモニーがありました。ケミさんは一年生の時から公文式に通っていたのですが、この春、とうとう公文式を卒業することになりました。

 塾に通うようになるからなのですが、公文式の進度の方も中一の課程に相当するGレベルを終了することが出来たので、良い区切りだということでもあります。

 本当によく努力しました。毎日毎日、どんな日でも公文式を怠ることがありませんでした。

 公文式の問題を100点になるまで何度もやり直し、100点になると、自分の部屋の棚に積み上げていきました。

P11009001

 ケミさん命名「100点山」↑。

 この日、最後の100点を積み上げました。努力の山です。おめでとう。

 お祝いの料理は、やはり八海山の山の恵みでした。

P11008911

 コゴミとふきのとうの天ぷらとケミさんの大好きなお蕎麦です。

P11009061

 Yクンがケーキを注文してくれていました。「くもん卒業おめでとう!!よく頑張りました」。

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

ありがとうみつまた

 土曜日、Yと娘(仮称ケミ)は、五時出発で越後に向かいました。ペンションYの奥只見ツアーに参加するためです。

 ワタシは、小金井に残って、先週同様、ラーメン道楽でした。

2021042412110000

 小金井街道の「ななふく」は、この近郊でもっとも洗練されたキレイな醤油ラーメンの店です。このワンタンメンは絶品。

 出汁の香が良く、多分無かん水の麺、メンマ・ワンタンともに洗練されているのですが、このチャーシューが…。

 後悔させられました。ここのチャーシューは、ロースとバラの選択が出来ます。今までずっとロースを選択してきたのですが、この日はバラを選んでみたら、うーーん、バラの方が断然んまい!

 最初からバラにしときゃ良かったんだヨ。~o~;;;

 午後、町田で授業後、大宮から新幹線に乗り、ペンションYでYクンケミさんと合流。この日の奥只見は天気も良く、コブパラダイスだったらしいです。Yクン、膝が痛くなるほど滑りまくったそうな。

 奥只見は、まだまだ雪が豊富らしいです。こういう雪融けの早い年は他が無くなっているだけに別天地ぶりが際立ちます。

 日曜は、三人でみつまたかぐらでした。雨予報であったためにみつまた空いていました。

 みつまたはかなり雪も無くなっていました↓。

2021042509170000

 朝のうち視界が悪く、ちよっと心配だったのですが…。

2021042509260000

 すぐに視界は良くなり、青空も出ました。ケミさんは、この日も絶好調。滅多にホメない主任コーチから、「今ので悪くない」とホメられたとか。

2021042509550000

 我々二人はかぐらに移動。かぐらはまだ雪があります。定点観測地点BBQ台の眺めを比較すると、2019年2017年よりだいぶ少ないですが、何しろ、今年は他に雪がありませんからねえ。

 昼過ぎにみつまたへ戻ってみると、レーシングスクールのトレーニングも終わっていました。このスクールもみつまたのバーンを使用するのはこの日が最後。

 子供たち全員で、みつまたバーンにご挨拶。「ありがとうございました!」。

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

様々な充実

 今年は火曜日のスケジュールが楽になったのですが、月曜はもう何年も横浜→吉祥寺移動付きの一日七時間でハードスケジュールが変わりません。

 でも、だんだんと慣れて楽になっていく自分が怖い。~o~;;

 これも充実ってことなのかしら。

 充実と言えば、先週、土曜日、久しぶりに小金井の燕三条系背脂ラーメンの名店「麺工 豊潤亭」さんに行ってきました。某食べログによると、かなりメニューが充実してきているというので。

 四年前に行った時は、「変化球をあと二種類ほど」などと書いたのですが、変化球がいろいろ出来て、メニュー充実していました。

 でも、結局、以前からあった「岩のり中華そば 大油」↓を注文。

2021041711510000

 スゴイ見かけにもかかわらず、コレかなりんまいです。少し塩からめの煮干しスープに背脂とタマネギの甘さがマッチして丁度良い感じ。幅広麺と岩のりの絡み具合もグッド。

 さらに、充実と言うと、ウチの娘(仮称ケミ)です。

 やはり雨降って地固まっていました。某塾の入塾試験だったのですが、合格だそうです。

 本人は、「アタシてん(10)さーい」などと言っていますが、そうだね、キミには努力の才能があるかもしれない。~o~

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

距離の測り方・その二

 金曜のレースの後、苗場に帰りました。戸倉のチャンピオン杯は土曜日にテクニカルコンテストという技術選のようなことをやります。ここに参加すると総合優勝が狙えるのですが、子供に技術選のような小手先のことをさせるのも何だかね、ということで不参加。

 ライバルMちゃん家も不参加なのは、同じことを考えているのかもしれません。

 翌土曜、娘(仮称ケミ)はみつまたでSLのトレーニングでした。前日、天候が荒れてみつまたロープウェイが運休であったこと、最近のみつまたロープウェイの土日は大変な混雑になることなどを勘案し、我が家としては頑張って営業開始前の七時過ぎにみつまた到着。すぐに並んだのですが、それでも二台目か三台目にやっと乗車。

 ケミさんのスクールTR開始まで時間があったので、三人一緒にかぐらに上がりました。

2021032708120000

 朝のかぐらです↑。最高のかっ飛ばしバーンでした。

 最初にケミさんを一本滑らせ、我々は体操しながら見ていました。ちっちゃいのがお見事なスピードで降りて来ます。あんまり上手過ぎて、愚妻Yはケミさんだと認識できませんでした。

 いつも一緒に滑っているはずのYが見誤るほど最近のケミさんの上達っぷりは急激です。何とかこれをハッキリわかる結果につなげてほしいんですが、ねえ。~o~;;

 三本でケミさんはみつまたに下りました。その頃にはかぐらは混雑し始め、リフト待ちは九時前でコレ↓です。

2021032708550000

 これだけ客が入ってたら、ペアリフトも動かしそうなもんですけど、ねえ。

 我々は、混雑を避けて、第五ロマンス運行開始とともに山頂に上り、田代側を滑りました。

2021032709150000

 ↑田代側のオフピステです。うっすらと重い新雪が乗り、難しい状況でした。難しい状況をYは、「楽しい楽しい」と滑ります。ワタシゃ正直、今年は年齢的にこういうの厳しいと思っていたのですが、つい、昔取った杵柄を振るってみたら、まだ結構イケました。あはは。

 田代を堪能してケミさんのところへ戻ってみると、今日もケミさんはSL絶好調。ストレートの直線的なこなし方を覚えたそうです。まだ倒さずすり抜けなんですが、でも、かなり速くなったのが分かります。

 もう今シーズンはSLのレースが無いんですよねー。

 早めに上がって、この日は日曜のレースに備えて丸沼の定宿「Kのみてらす」さんに移動でした。

2021032718410000  

 Kのみ特製お子様ディナー↑。ケミさん当然の完食&御飯お代わりでした。

2021032718420000

 大人には先付にホタルイカの天ぷらとタマネギのジュレ↑。このホタルイカは好評で、我々の分のほとんどをケミさんが貪り食いました。

2021032718410001

 大人用のディナーはサーモンのパイ包み焼アメリケーヌソースと豚肉のソテー。パイ包み焼が好評でした。Yは、十年以上前のゼイタクなスキーを思い出したそうです。

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

おもしろうてやがて哀しき八海山・後編

 娘(仮称ケミ)を迎えに行って、土曜夜は家族三人で八海山ペンションY宿泊でした。愚妻Yは、ゲレンデでも準指合格を祝福してもらっていたのですが、宿に帰っても皆さんにお祝いしてもらいました。

 八海山というスキー場は、テクニカルを持っていても準指は取っていないという常連がたくさんいるスキー場で、珍しがってもらったということなんでしょう。普通のスキー場とこの辺が逆です。

 翌日曜は、風雨強まる予報でした。みつまたもこの日は荒れるだろうと、ケミさんを八海山で滑らせることにしていたのですが、予想通り、みつまたロープウェイは休業。八海山も最初動いていたロープウェイが風で止まりました。

2021032109380000

 実は、これはこちらの望み通りでした。これで、ケミさんにS字ターンの復習をさせることができます。

 小雨の第一リフトの緩斜面を漕いでクロ―チングしてスピードが乗ったところでS字、S字の感覚で両足ターン。と何本かやっているうちに、外足に圧をためて板を走らせ、自然に谷回りでS字が描けるターンが何ターンか出て来ました。

 そのタイミングで風が弱まり、ロープウェイ運行開始。おおお、理想的。

 第三リフトが運行していなかったので、最初は、ダウンヒルコースを回りました。廊下、林間、セパレートAと大回りで滑ったのですが、どうもケミさんの滑りが少し変わりました。切り替えがスムーズで上手くなってます。この子、こんなに上手かったっけ。

 特に、最大斜度36°のセパレートAの滑りは圧巻でした。キチンとエッジが返って谷回りからカービングを仕掛けています。そんなにキレイに圧雪された斜面でもないのに。

 滑り終わってすぐにホメてあげました。ちょっと嬉しそうでした。

 ロープウェイを上がった頃に第三も動き出したのですが、もうそこからの滑りはシャレになりません。まず荒れ始めた廊下をカービングでかっ飛ばして行って↓、「廊下たのしー!」

2021032112400000

 チャンピオン下部の圧雪の掛かっていない所から、林間へ向かって漕いで出て行き、スピードに乗せての林間のカービングがスゴイ。結構ボコボコなんですけどねえ。ちょっとくらい飛ばされても谷回りでちゃんと足を伸ばして雪面捉えてカービング。

 トドメは、セパレートA。兎に角一番上から漕いで出て行って、ノンストップカービング。結構荒れ始めてるんですよ、もう。

 実は、このくらいの荒れた斜面のかっ飛ばしは、ワタシの得意技でした。技術的に未熟な頃から、そんなことばかりやってました。ところが技術的にはある程度上達した今になって、「痛いかも」と腰か引けてきていたんです。

 でも、娘にこれをやられちゃあ、パパとしてはついて行かないわけにいきません。結構必死で、でも楽しく何本もかっ飛ばせました。いやー、若返っちゃったかもね。~o~

 二時頃まで滑り続けて、昼食は最近の八海山名物、石窯ピザでした↓。

2021032114090000

 二枚頼んだうちの半分は、ケミさんが「美味しい美味しい」と食べまくってくれました。うーーん、ここでも成長か。

 昼食が終わった頃に、一旦止んでいた雨が降り出しました。風も強まって第三リフトは止まっています。こりゃ、帰り時ってことね。

 汚れた板にチューンナップをしたいというケミさんの希望を入れて、チューンナップ後に出発。ワタシとしてはかなり満ち足りた気分の八海山最終日でした。

 自分が若返ってかっ飛ばし出来たということもありますが、ケミさんが八海山をとても楽しんでくれたことが嬉しかったかな。もちろん、技術的成長を確認できたことも。あの滑りをポールセットの中で活かせたら、この子はきっと速くなります。

 愚妻Yともケミさんの滑りの話で盛り上がりました。我が家の三人は、すっかり満足して就寝。

 月曜朝、目を覚まして、自分の体がガタガタになっているのに気づきました。筋肉も関節も軋んでます。うへー、気持ちは若返っても、体は若返っていなかったってことか。家の階段上るのに、股関節がイタひよ。

 10才の娘の後を滑っただけで体がガタガタになるとは情けないなー。

 でも、クラウン持ちの父親の体をここまでガタガタにした娘がエライってことにしときましょうかね。~o~;;;

| | コメント (2)

より以前の記事一覧