2023年1月25日 (水)

部分的真冬と練習魔の始まり

 昨日から数年に一度の寒波が来ているのだそうです。寒いです。

 それと合わせたわけではありませんが、我が家にも部分的に真冬当来。我が家のシーズンが始まる前に、Yが足慣らしをしたいというので。

 娘(仮称ケミ)を小学校に送り出してすぐに出発。我が家の裏山はガラガラに空いていました。

2023012410320000

 今シーズンの狭山は雪遊びファミリーにウェートを置いているようです。

2023012411040000

 滑り出す前は、「滑れるカシラ」「こんなに斜度のある所、大丈夫カシラ」などと寝ぼけたことを言っていたYでしたが、無事、足慣らし完了。ハイシーズンの狭山は雪も締まっていて結構快適でした。

 例によって、練習魔のYは、練習したがって予定時間をオーバー。「滑れるカシラ」はどこへ行った?! ~o~;;

 帰宅途中で例の「つばき食堂」さんに寄り昼食を取ったのはもう二時半過ぎでした。

2023012414500000

 ワタシは、「ネギつけ麺 中」↑。Yは普通の醤油ラーメン中をペロっと食べて、「麺の量が減ったカシラ」と言っていました。さしもの「つばき」さんも、このご時世なので減らしているのかもしれませんが、どうなんでしょう。

 夜は、本当に大寒波来襲で関東にも一部雪が舞いました。寒い中をケミさんは夜九時まで塾でした。

 風雪による電車のトラブルをちょっと心配していたのですが、無事でした。この通塾もあとわずかです。

| | コメント (0)

2023年1月21日 (土)

+フレイバーと師説再び~『源氏物語』に関する些細なこと20

 昨日、共テ後授業が終わりました。これで今年度の受験生の授業は来週の某W大対策を残すのみ。なんだか、スッキリ爽やかな気分です。

 昨日から我が家では、どういうわけかタンタライジングフレーバーという言葉が流行っています。もともと調味塩の入れ物に書いてあった英語なのですが、娘(仮称ケミ)が面白がっていろんなところに使っています。

 んで、このケーキにも。

Img_04931

 Yのアップルケーキの新作です。紅茶入りなのだとか。これはかなり傑作で食欲をそそる香りがします。

 さて、それと関係なく「些細なこと」です。

 「空蝉」の巻冒頭。方違えで泊った紀伊守の家の人妻「空蝉」と逢瀬を持ってしまった源氏は、再び紀伊守の家を訪れ空蝉に迫ろうとしますが、察知した空蝉に渡殿へ逃げ出され、和歌の贈答のみで夜深く源氏が帰宅した直後の、空蝉の心情を語る一節です。

 「やがてつれなくてやみたまひなましかば、うからまし、しひていとほしき御ふるまひの絶えざらむもうたてあるべし、よきほどにて、かくて閉ぢめてん」

 この本文に対して、『新編日本古典文学全集』は、次のような現代語訳を付します。

 「もしこのまま、何事もなくそれきりになってしまうのだったら、恨めしいことだろうに、かといって、むりやり無体ななさり方がこれからも続くのであったら、これも情けないことだろう、いいかげんなところで、こうしてきまりをつけてしまおう」

 これのどこが「些細なこと」かというと、「やがて…やみたまひなましかば、うからまし」を「このまま何事もなく」と訳していることです。この「やがて…ましかば」は、反実仮想の仮定条件なのですから、「これから先、このまま現状が変わらなかったら」という訳にはならないはず。これは明らかに文法を無視した訳です。

 この「このまま」説は、『島津久基 源氏物語講話』『旧日本古典大系』『玉上琢弥 源氏物語評釈』『完訳日本の古典』『新日本古典文学大系』『岩波文庫』など近代の諸注釈に共通して見られるものです。例の文豪もこれに追従し、円地瀬戸内両訳も同様。

 近代の主な注釈書でこれに異を唱えるのは、唯一『新潮日本古典集成』の石田清水の両先生。頭注の「あのまま音沙汰なしでおやめになってしまったら、つらい思いをしていることだろう」は反実仮想の訳と思われます。こりゃ『集成』一人勝ちか。

 と思われたのですが、『旧日本古典文学全集』の頭注に、「そのまま。最初のときに逢ったきりで。」「『ましかば…まし』は事実に反することを仮定する。」を発見してしまいました。故A先生!。

 『旧全集』も現代語訳は「このまま」ですから、訳担当の故I先生と頭注担当の故A先生の間で意見が割れたのでしょう。昨年三月の「須磨」冒頭の時と同じ事情と推測されます。

 反実仮想を強調して訳すとこんな感じになります。

 「もし、あの最初の夜のまま何事もなく私との関わりを終えておしまいになったならば、情けなかっただろうに。でも、無理やりのお気の毒な御振舞が絶えないとしたら、それも嫌なことに違いない。適当なところでこのまま終らせてしまったら良い」

 この訳だと、空蝉は、「これから先、このまま源氏が言い寄って来なかったら恨めしい」と思ったのではなく、「最初のときに逢ったきりでそのまま何事もなかったら、情けなかったろうに、再び訪ねて来てくれて一夜だけの女にならずに済んだことは良かった」と思ったことになります。

 コレ、かなり違った読みになると思います。つまり、空蝉は、源氏二度目の訪問を、拒否しつつも内心ひそかに喜んでいたということになるのです。

| | コメント (0)

2023年1月19日 (木)

再び忘れないために

 いよいよ娘(仮称ケミ)の受験本番まで二週間を切りました。

 一昨日の朝食時、ケミさんには言い渡しました。「これから二週間の過ごし方で、キミのその後の六年間が決まります。気を引き締めて行きましょう」

 実は、S中のA特待合格あたりから、微妙に気持ちが緩んでいるかもしれないという報告をYから受けていました。昨年から今年にかけて何度か痛い目を見ているのを忘れないでいてもらわなければなりません。

 起床時間もキッチリ決めて、これからの二週間はなるべく早寝早起き。後悔のない生活をさせなければね。

 忘れないと言えば、我が家は新コロナの間中、あの店を忘れませんでした。新コロナ禍が始まるまさに直前の忘年会で我が家に感動をもたらした串揚げ屋「まさ竜」さん。

 11月の検診の帰りにランチを食べに行って、ランチがハイクォリティなのも分っていました。今日は貧乏性Yクンの方から言い出しての外食。「寒さでカツが食べたくなりマシタ」だそうです。

2023011912010000  

 この間は頼まなかったこちらの看板メニュー「熟成ロースかつ定食」1450円を頼んでみました。

 口中に頬張るや、肉汁が飛び散りました。うわお、ロースかつってこんなだっけ。

 本当に火が通っているのか目で確認したくなるくらいジューシーです。肉が美味しかったので三分の一ほどソースをつけるのを忘れて食べてしまいました。途中で気付いて特製ソースとおススメの弓削田醤油をつけ比べてみましたが、醤油が合います。

 やっぱりここの親方はタダモノではない。

 ケミさんが中学に入ったら、もう一度是非、連れて来なければね。

 さて、「忘れないために」と言えば、もう一つ。これも新コロナ禍前のこと。

 この事件の控訴審判決が昨日あったそうです。我々は、もう一人「忘れてはならない」人物をリストに加えなければならなくなりました。

 一審を全面的に支持した東京高裁のH田啓介裁判長。ワタシはあなたを忘れません。いつか来るかもしれない国民審査の日まで。

| | コメント (0)

2023年1月 1日 (日)

一匹ウサギの跳躍

 あけましておめでとうございます。

 昨日の大晦日は、例によって二年参りでした。

Img_04881

 ここニ、三年よりも参拝客が多かったのは、新コロナが収まりかけてるってことなのでしょうか。

 お父さんとしては、よーくお願いしてきました。お守りと合格鉛筆もいただいて来て、受験生父の役目は万全です。

 元旦は例によって、ペンションYの新潟風の雑煮です。

2023010107460000

 これを食べないと年が明けた気がしません。

 しかし、今年は、一人での雑煮でした。12年ぶりです。この前の時もウサギ年でした。

 帰りにみつまたかぐらに寄ってシー券を作り、ついでに、少しだけかぐらの様子を見に行きました。~o~;;

2023010112110000

 かぐらは予想以上に雪がありました。まあ、例年と比べて多い方でもありませんが、湯沢の他のスキー場はかなり悲惨に小雪なので。

 新潟は、北の方に年末の大雪が偏ったらしいです。その中ではかぐらは雪タップリな方だった模様。

 2023010112310000

 田代方面もグッドコンディション。ジャイアントも雪たっぷりで楽しかったです。

 コブも少し滑りました。まあ、なんとか今シーズンも滑れそうです。

 一匹ウサギとなって少しだけ羽を伸ばし、午後二時みつまた駐車場を出て高坂でちょっと渋滞しましたが、五時半には帰宅していました。帰路はずっと米朝さん。いやー、ほんのひと時、伸び伸びさせてもらいました。~o~

| | コメント (0)

2022年12月30日 (金)

コロッケと勇者とハーブーム

 今日は吉祥寺で授業+質問待機でした。

 仕事の後、吉祥寺のジュンク堂に行き娘(仮称ケミ)のための過去問本を探しました。

 一月のお試し受験のためのものなのですが、結果的にみつかりませんでした。

 お試し受験というのは、その中学に受かっても行く気はないけど本番の予行演習をしておく受験で、地方の私立校が東京会場を設定して、お試しの場を提供してくれているのでした。

 まあ、模試みたいなモンです。

 模試にしちゃ結構な受験料を取るのですが…。~o~;;

 でも、まあ、模試だと割り切れば過去問はいらないかしらん。

 と思って諦めて他の本を物色していて手に取ったのが、

41wwczbvoql_sx344_bo1204203200_  

 話題の本らしいのですが、いやはや、すごい本です。

 中学受験させている親としては興味津々なので、三分の一ほど立ち読みで読みふけってしまいましたが、正直に言えば、ウチは関係なくて良かったかなと。

 帰り際に吉祥寺さとうでコロッケを購入。メンチと肉は激コミでしたが、コロッケは並ばずに買えました。

 Img_04861

 今夜の夕餉はさとうのコロッケ。写真右はリンゴケーキの改良版です。三回目です。だんだん美味しくなります。

 なにしろ、Yクンは、マイブームとなると続けるのでね。

| | コメント (0)

2022年12月29日 (木)

始まる日の採算

 昨日、朝食がケーキでした。

 一昨日、いただき物のリンゴを生食して美味しかったのでYが宣言していました。「このリンゴでアレを作りたい!」

 Yは、今年買い替えたオーブンレンジで、いつかケーキを焼いてみたいと言っていたのでした。

 レシピを調べて簡単そうだというので挑戦してみたら全然簡単ではなく、一日ドタバタと苦労したそうですが…

Img_04841

 すったもんだでこんなもの↑が出来、

Img_04851

 食べてみたら、あらら、こりゃイケてるんじゃないか。

 素材の良さを生かすシンプルな味に仕上がってました。これでしばらく、我が家はケーキブームだな。

 朝食後、手を洗い口を濯いで身を清め神社のお札に拝礼してから作業にかかりました。

 実は、数日前からこの作業が出来るのは判っていたのですが、この日を待っていました。大安吉日だったので。

 我ながら、こういう時だけの縁起担ぎは恥ずかしいのですが、でも、親としては…ねえ。

 というわけで、娘(仮称ケミ)の第一志望校の出願手続きをインターネットで済ませました。いよいよ、です。

 受験料の支払いもコンビニでできました。便利ですねえ。

 この日は午前、夜とお父さんはフルに授業。この日、得た労働の対価は奇しくも支払ったケミさんの受験料とほぼ同額でした。

 採算はトントンってわけです。~o~

| | コメント (0)

2022年12月24日 (土)

忘れた人もボーネンかい

 昨日は、ワタシの仕事はお休みで、娘(仮称ケミ)の小学校が終業式でした。塾もお休みだし、このタイミングだな。

 ということで我が家の忘年会でした。去年は外食にしたのですが、今年は新コロナも落ち着いていないし受験生を抱えていることもあって大事を取りたいし。ということで自宅忘年会でした。

 小金井市から地域応援券ももらっているし、地元のお店でパッと使おう。

 ということで駅前にある幸寿司さんから出前を取ることにしました。まあ、出前と言ってもこちらで取りに行ったので、テイクアウトになりますが。

 Yと二人で受け取りに行く道すがら話をしました。「今年はアンタも大変だったからなあ」「へっ、何がデスカ??」

 もう忘れてるよ、コイツ。~o~

 受け取った出前寿司はこんな感じ。

Img_04791

 風呂敷をほどくと、

Img_04801

 刺身の盛り合わせの下から

Img_04811

 写真は、ケミさんがお好みで選んだ九貫です。

 注文の段階でケミさんには予算を言い渡してその範囲で収まるように、お好みメニューから一人前を組み立てさせました。貝が三種類も入っているのがちょっと個性的。

Img_04821

 写真左は我々の普通の特上。右がケミさんの注文握りです。写真上はワタシの好きな高知県亀泉酒造さんの「亀泉 純米吟醸cel24」。フルーティな香りと爽やかな甘旨味がんまい!

 お寿司はYとケミさんに大好評で、特に、ケミさんは自分で選んだだけあってとても楽しんでくれた模様。

 ワタシ的には、うーーん、出前だってことを割り引いても、シャリにボリューム感あり過ぎか…。

 忘年会は、途中からYが眠気を訴え、彼女を起こし起こししながらの進行になりました。実は、この日、入院していたお義父さんが退院する日で、早起きして茨城まで日帰りしていたのでした。

 何とか、Yに食べる物を食べさせて忘年会は終了。今年のYはPTAの仕事に加えて、六月からケミさんのお勉強に対するコミットを強めていたので大変だったと思いますがよくやりました。

 ケミさんも六月十月に危機があり山あり谷ありだったのですが、上手く乗り越えてくれました。九月から始めた過去問は、11回分をこなして今のとろこ全勝です。このまま行っちゃってください。

 ワタシの仕事の方は今年大きな変化があったのですが、何とか乗り越えました。

 三人とも、今年を上手く乗り切りつつあります。まあ、良い年だったんじゃないしらん。

| | コメント (0)

2022年12月22日 (木)

共テ対策のアドバイス

 一昨日、冬期講習の共テ対策シリーズが終わりました。

 今年の冬は珍しいことにこの講座を三回もやらされました。イヤハヤ、ちょっと疲れたかも。

 一昨日は質問待機の仕事などもあったので、横浜で昼食。

2022122012480000

 ワタシとしては大変珍しく、大戸屋さんで「牡蠣入り八宝菜定食」でした。なかなか美味でした。

 共テ講座の受講生から質問がありました。「直前の演習は、共テ型問題集とセンターを含めた過去問と、どっちをやったら良いですか」

 そりゃ、こういう聞き方したら、予備校屋はの答えは決まってますよ。「両方やれー!」。~o~;;

 でも、どっち重視かと言われたら、過去問でしょうね。

 共テはセンターと形式的に違いますが、それは表面的なことでたいした違いではありません。対比だの対話型設問だのを何問かやって慣れてもらえばオッケー。

 一方、選択肢を削るという本質的な作業の演習には過去問が優ります。センターの過去問は選択肢が良く出来ているから。

 それに共テ型問題集には、こんなクオリティのものもありますからね。

 この本について、今日、もう一つ、ヒドイNGを発見してしまいました。99年国語Ⅰ追試に共テ型設問を追加した第八課。問1(ウ)の解説は、ちょっと噴飯モノ。

 「いかでかいませし」を説明して、

 「『います』は、ふつう四段活用で『いらっしゃる』と訳すが、まれに下二段活用の場合があり、この場合は『いらっしゃっていただく』という意味」

 とあって、下段の注で

 「下に連用形接続の『き』があるため、『いませ』は連用形になる。『いませ』が連用形であるのは下二段活用の方である」

 と書いています。

 うわわわ、マズイよ、こりゃ。

 下二段の「います」について触れているということは辞書を引いたんでしょう。だったら、「いらっしゃる」の意味の「います」には四段とサ変があると書いてあったはず。助動詞「き」のサ変に対する特殊接続をご存じありませんかねえ、この先生わ。~o~

 助動詞「き」はサ変とカ変には特殊な接続をするので、「き」はサ変の未然形「せ」に接続しちゃうんです。当然、「いませし」は、「いませ(サ変の未然形)+し(助動詞「き」の連体形)」。

 コレ、ちょっと出来る受験生なら判るはず。当然、プロはみんな判らなきゃいけません。赤本で出てきたとしても、かなーりレベルの低いNGでしょうねえ。

 この人、この本の時は、本を売るためにわざと簡略化した間違えを書いているのかと思いました。プロフェッショナルファウルみたいなモンかと。

 しかし、この解説を読んでハッキリ判りました。参考書を書いてはいけない学力の人だったんです。つか、この学力でよくぞ予備校の教壇に何年も立ってられますねえ。逆に感心しました。

 ま、こういうこともあるので、共テの演習は過去問重視がいいかなと。~o~

| | コメント (0)

2022年12月16日 (金)

受験生の父兄小金井を巡る

 今日は冬期講習の合間のお休みの日でした。

 以前から、この日に夫婦でインフルエンザワクチンを打ちに行くと決めていました。やはり、我々、受験生の父兄ですから。

 このところ何年もインフルエンザワクチンは接種していませんでした。それでも我々夫婦は罹らなかったので。やっぱりスキー馬〇は風邪ひきませんから。~o~;;

 でも、今年は、もらってきちゃったら洒落になりません。午前中に桜町病院まで歩いて行って、さほど待たずに接種してもらえました。ホッ。

 帰宅が昼近くになりました。Yクン、今日は外で食べたい気分だとかで、あちこちと食べるお店を探したのですが、適当な店を思いつかず、オーケーストア近くまで来て、「そうだ、あそこに行ってみよう」。

 以前、小金井在住の方のブログで東京農工大の学食の話が出ていたのを思い出したのでした。

 東京農工大工学部は、武蔵小金井から行くと、東小金井の少し手前にあります。

 入って良いのかしら、恐る恐る入ってみると、

2022121612380000

 なんだか、構内はとても綺麗です。

 あちこちさまよった末、学食を発見。入って良いのかしら。

 何か咎められたら、「受験生の父兄ですが見学に来ました」と言うつもりでした。ウソじゃありませんから。~o~

 でも、学外の人間もウェルカムだったようです。

2022121613140000

 こんな張り紙がありました。「夏休み、春休みに関しては是非もございません」ってのは、さすが大学学食ってことでしょうか。

 すでに十二時半を回っていたため、かなりのメニューが食べ尽くされていて、こんな注文になりました。

2022121612580000

 右は「農工大醤油ラーメン大盛」460円。左は「ハヤシライス大盛」510円。いずれも大盛だったのは、Yの選択です。

 ハヤシライスは学食とは思えない美味しさでした。とても真っ当に作ってある感じです。ラーメンも学食でこの値段だから許容範囲でしょう。久々にかん水臭くてお懐かしい麺でした。

 Yはとても美味しかったそうです。まあ、Yは、cpと味覚が連動する特異体質ですからね。

 帰りに学内で府中の農学部で取れた農産物市をやっていて、こんなものを購入。

2022121614290000

 ちょっと美味しそうな味噌です。真ん中は農学部で作ったブルーベリージャム。

 良い散歩コースを覚えてしまいました。また、来よう。受験生の父兄じゃなくなってからも。~o~

| | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

フロイデとご褒美の日々

 W杯グループリーグとともに、二学期最終週が順調に進んでいました。

 先週水曜に非人道的と呼び続けた水曜が終了。この水曜の授業は、こんなふうに難関を乗り越えるところから始まったのですが、最終的には代わった浪人クラスの77%を大変満足させたわけだから、成功したと言えるでしょう。

 水曜の癒しは例によってラーメン道楽です。

2022113018590000

 校舎から離れているので今まで行ったことがなかったのですが、「大分ラーメンたまがった」の「トンコツラーメンきくらげ増し」。粉落としのボキボキの硬さときくらげの歯ざわりがワタシ好みです。

 金曜は四時起きでしたが、ハイテンションで夜まで仕事できました。フロイデが聞こえて来る日でした。

 自分へのごほうび。

2022120409320000

 右の奈良県今西酒造さんの「みむろ杉純米大吟醸 山田錦」は、品の良い香り、酸の刺激が爽やかで、んまい!これ、今年飲んだ酒の中でもワン・オブ・ベスト。

 左は広島県梅田酒造場さんの「本州一 純米吟醸生」。久々の本州一です。昔は十四代そっくりなんて言われたモンです。生らしいフレッシュな旨甘味は変わりませんね。

 金曜夜は銘酒を楽しみながら、家族でスペイン戦の録画を見ました。いやー、ご褒美。

 選手の皆さんも世界中の賞賛に包まれて、ご褒美の日々でしょう。

 難敵クロアチア相手にもう一発。遠藤君、モドリッチ潰し頼んだ。

 そしたら、ご褒美のブラジル戦だー。~o~

| | コメント (0)

より以前の記事一覧