2021年4月20日 (火)

様々な充実

 今年は火曜日のスケジュールが楽になったのですが、月曜はもう何年も横浜→吉祥寺移動付きの一日七時間でハードスケジュールが変わりません。

 でも、だんだんと慣れて楽になっていく自分が怖い。~o~;;

 これも充実ってことなのかしら。

 充実と言えば、先週、土曜日、久しぶりに小金井の燕三条系背脂ラーメンの名店「麺工 豊潤亭」さんに行ってきました。某食べログによると、かなりメニューが充実してきているというので。

 四年前に行った時は、「変化球をあと二種類ほど」などと書いたのですが、変化球がいろいろ出来て、メニュー充実していました。

 でも、結局、以前からあった「岩のり中華そば 大油」↓を注文。

2021041711510000

 スゴイ見かけにもかかわらず、コレかなりんまいです。少し塩からめの煮干しスープに背脂とタマネギの甘さがマッチして丁度良い感じ。幅広麺と岩のりの絡み具合もグッド。

 さらに、充実と言うと、ウチの娘(仮称ケミ)です。

 やはり雨降って地固まっていました。某塾の入塾試験だったのですが、合格だそうです。

 本人は、「アタシてん(10)さーい」などと言っていますが、そうだね、キミには努力の才能があるかもしれない。~o~

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

距離の測り方・その二

 金曜のレースの後、苗場に帰りました。戸倉のチャンピオン杯は土曜日にテクニカルコンテストという技術選のようなことをやります。ここに参加すると総合優勝が狙えるのですが、子供に技術選のような小手先のことをさせるのも何だかね、ということで不参加。

 ライバルMちゃん家も不参加なのは、同じことを考えているのかもしれません。

 翌土曜、娘(仮称ケミ)はみつまたでSLのトレーニングでした。前日、天候が荒れてみつまたロープウェイが運休であったこと、最近のみつまたロープウェイの土日は大変な混雑になることなどを勘案し、我が家としては頑張って営業開始前の七時過ぎにみつまた到着。すぐに並んだのですが、それでも二台目か三台目にやっと乗車。

 ケミさんのスクールTR開始まで時間があったので、三人一緒にかぐらに上がりました。

2021032708120000

 朝のかぐらです↑。最高のかっ飛ばしバーンでした。

 最初にケミさんを一本滑らせ、我々は体操しながら見ていました。ちっちゃいのがお見事なスピードで降りて来ます。あんまり上手過ぎて、愚妻Yはケミさんだと認識できませんでした。

 いつも一緒に滑っているはずのYが見誤るほど最近のケミさんの上達っぷりは急激です。何とかこれをハッキリわかる結果につなげてほしいんですが、ねえ。~o~;;

 三本でケミさんはみつまたに下りました。その頃にはかぐらは混雑し始め、リフト待ちは九時前でコレ↓です。

2021032708550000

 これだけ客が入ってたら、ペアリフトも動かしそうなもんですけど、ねえ。

 我々は、混雑を避けて、第五ロマンス運行開始とともに山頂に上り、田代側を滑りました。

2021032709150000

 ↑田代側のオフピステです。うっすらと重い新雪が乗り、難しい状況でした。難しい状況をYは、「楽しい楽しい」と滑ります。ワタシゃ正直、今年は年齢的にこういうの厳しいと思っていたのですが、つい、昔取った杵柄を振るってみたら、まだ結構イケました。あはは。

 田代を堪能してケミさんのところへ戻ってみると、今日もケミさんはSL絶好調。ストレートの直線的なこなし方を覚えたそうです。まだ倒さずすり抜けなんですが、でも、かなり速くなったのが分かります。

 もう今シーズンはSLのレースが無いんですよねー。

 早めに上がって、この日は日曜のレースに備えて丸沼の定宿「Kのみてらす」さんに移動でした。

2021032718410000  

 Kのみ特製お子様ディナー↑。ケミさん当然の完食&御飯お代わりでした。

2021032718420000

 大人には先付にホタルイカの天ぷらとタマネギのジュレ↑。このホタルイカは好評で、我々の分のほとんどをケミさんが貪り食いました。

2021032718410001

 大人用のディナーはサーモンのパイ包み焼アメリケーヌソースと豚肉のソテー。パイ包み焼が好評でした。Yは、十年以上前のゼイタクなスキーを思い出したそうです。

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

おもしろうてやがて哀しき八海山・後編

 娘(仮称ケミ)を迎えに行って、土曜夜は家族三人で八海山ペンションY宿泊でした。愚妻Yは、ゲレンデでも準指合格を祝福してもらっていたのですが、宿に帰っても皆さんにお祝いしてもらいました。

 八海山というスキー場は、テクニカルを持っていても準指は取っていないという常連がたくさんいるスキー場で、珍しがってもらったということなんでしょう。普通のスキー場とこの辺が逆です。

 翌日曜は、風雨強まる予報でした。みつまたもこの日は荒れるだろうと、ケミさんを八海山で滑らせることにしていたのですが、予想通り、みつまたロープウェイは休業。八海山も最初動いていたロープウェイが風で止まりました。

2021032109380000

 実は、これはこちらの望み通りでした。これで、ケミさんにS字ターンの復習をさせることができます。

 小雨の第一リフトの緩斜面を漕いでクロ―チングしてスピードが乗ったところでS字、S字の感覚で両足ターン。と何本かやっているうちに、外足に圧をためて板を走らせ、自然に谷回りでS字が描けるターンが何ターンか出て来ました。

 そのタイミングで風が弱まり、ロープウェイ運行開始。おおお、理想的。

 第三リフトが運行していなかったので、最初は、ダウンヒルコースを回りました。廊下、林間、セパレートAと大回りで滑ったのですが、どうもケミさんの滑りが少し変わりました。切り替えがスムーズで上手くなってます。この子、こんなに上手かったっけ。

 特に、最大斜度36°のセパレートAの滑りは圧巻でした。キチンとエッジが返って谷回りからカービングを仕掛けています。そんなにキレイに圧雪された斜面でもないのに。

 滑り終わってすぐにホメてあげました。ちょっと嬉しそうでした。

 ロープウェイを上がった頃に第三も動き出したのですが、もうそこからの滑りはシャレになりません。まず荒れ始めた廊下をカービングでかっ飛ばして行って↓、「廊下たのしー!」

2021032112400000

 チャンピオン下部の圧雪の掛かっていない所から、林間へ向かって漕いで出て行き、スピードに乗せての林間のカービングがスゴイ。結構ボコボコなんですけどねえ。ちょっとくらい飛ばされても谷回りでちゃんと足を伸ばして雪面捉えてカービング。

 トドメは、セパレートA。兎に角一番上から漕いで出て行って、ノンストップカービング。結構荒れ始めてるんですよ、もう。

 実は、このくらいの荒れた斜面のかっ飛ばしは、ワタシの得意技でした。技術的に未熟な頃から、そんなことばかりやってました。ところが技術的にはある程度上達した今になって、「痛いかも」と腰か引けてきていたんです。

 でも、娘にこれをやられちゃあ、パパとしてはついて行かないわけにいきません。結構必死で、でも楽しく何本もかっ飛ばせました。いやー、若返っちゃったかもね。~o~

 二時頃まで滑り続けて、昼食は最近の八海山名物、石窯ピザでした↓。

2021032114090000

 二枚頼んだうちの半分は、ケミさんが「美味しい美味しい」と食べまくってくれました。うーーん、ここでも成長か。

 昼食が終わった頃に、一旦止んでいた雨が降り出しました。風も強まって第三リフトは止まっています。こりゃ、帰り時ってことね。

 汚れた板にチューンナップをしたいというケミさんの希望を入れて、チューンナップ後に出発。ワタシとしてはかなり満ち足りた気分の八海山最終日でした。

 自分が若返ってかっ飛ばし出来たということもありますが、ケミさんが八海山をとても楽しんでくれたことが嬉しかったかな。もちろん、技術的成長を確認できたことも。あの滑りをポールセットの中で活かせたら、この子はきっと速くなります。

 愚妻Yともケミさんの滑りの話で盛り上がりました。我が家の三人は、すっかり満足して就寝。

 月曜朝、目を覚まして、自分の体がガタガタになっているのに気づきました。筋肉も関節も軋んでます。うへー、気持ちは若返っても、体は若返っていなかったってことか。家の階段上るのに、股関節がイタひよ。

 10才の娘の後を滑っただけで体がガタガタになるとは情けないなー。

 でも、クラウン持ちの父親の体をここまでガタガタにした娘がエライってことにしときましょうかね。~o~;;;

| | コメント (2)

2021年3月17日 (水)

東京に桜が咲いた日のオマケ

 昨日一昨日のオマケです。

 土曜日宿泊の宿はパインビークオオマツ下のK笛山荘さんでした。初めて泊まる宿だったのですが、かなり良い宿です。レーサー御用達の宿ですが、設備が清潔で行き届いた心づかい、かなりボリューミーで美味しい食事、リーズナブルなお値段で、おまけにトイレはウォシュレット。

P11008721

 土曜の夕食です↑。質素な材料を工夫で美味く食べさせています。茶碗蒸しには、ナント、ウドンが入っていますし、味噌汁はサバ缶の味噌汁。最初、えっ!?と思うけど、食べると結構美味。

 コストパフォーマンスにうるさい愚妻Yは満足していましたが、娘(仮称ケミ)がよく食べてくれました。最後は、「お腹が重くて動けない~」と言いながらデザートのババロアを食べてました。

 ハッキリ言って中年以上の一般スキーヤー向けではありません。レーサーの若者がバリバリ飯を食うというイメージの食事です。ワタシは辛うじて完食しましたが、Yと娘(仮称ケミ)には厳しい量でした。でも、限界までケミさんが食べたということはレーサー飯としては良く出来ているってことかな。

 今回も、ケミさんは一月二月の養成講習会の時と同じチームでTRさせてもらいました。このチームは、ちょっと所属する選手の年齢が高く、中学生以上ばかりでしたが、お兄さんお姉さんが最年少のケミさんを可愛がってくれた模様。

 今回は二日間とも菅平の名物コースであるグランプリコースでのTRでした。我々もTRを見学に行ったのですが、こんな感じ。

2021031410580000_20210317092101

 幅広でかなりの急斜面の一枚バーンに四チームがセットを張っていました。隣のチームのレベルが高くて、Yと一緒に見とれてしまいました。SLポールを通過するたびにトップが飛び出してしまう急斜面。コブを滑ってるみたいです。

 こんなスゴイ所でウチの子もTRするようになったかと感慨無量でした。こりゃあ、一シーズンに何回かは武者修行に来る価値がありそう。

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

次の段階新しい城

 昨日は、仕事の無い水曜日でした。昼は、相変わらず落ち込んでいる愚妻Yを立ち直らせるために、洗車ついでにYの大好きなラーメン屋、「つばき」を訪れました。

 「つばき」さんはこのコロナ禍への対応として早朝営業を始め、メニューを新しくしました。店名も「ラーメンショップ椿」から「つばき食堂」に改めた模様。コロナ禍をきっかけに新たな段階へ突入というところでしょうか。

 昔、死んだ田舎の父親が、息子たちに何かの切り替えをさせようという時の口癖で、「次の段階に移れ!」と言っていたのをふと思い出しました。

 んで、その「次の段階」の新メニューをいただきました。

2021030312460000

 一箸つけてしまったのですが↑、「香味つけ麺」です。多分、パクチーが入っているのではないかと思われるエスニックな香りがして、かなり、イケます。

 午後は、帰宅した娘(仮称ケミ)を連れて裏山トレーニングへ。例によって狭山はザクザク雪です。

2021030316430000

 この雪ではスピードを得てからでないと練習にならないので、直滑降を長めに取らせ、ひたすらS字ターンでした。苦手の右外足ターンからの切り替えを改善したいので。

 今まで、狭山でのS字は、形として出来ていれば良いかと思っていたのですが、もうそんなことは言っていられません。レースで使える技術にしなければ。

 外足にしっかり荷重して板をたわませ、板を走らせてのS字をひたすら練習させました。「次の段階に移れ」です。

 そして、今日、ケミさんは生活の面でも次の段階に入りました。待ちに待っていた学習机がやってきたんです。

P11008631

 まるで誂えたかのようにケミさんの部屋に馴染みました。学校から帰って、ケミさん大喜び。「ケミの城ができたー!」

 早速、宿題をやって公文を終わらせて、今までなら、ここで外へ遊びに行っていたのですが、「あ、そか、この机で本読んでるのも良いねー」

 狙い通りと誰かがほくそ笑んでいたのは、もちろんナイショです。~o~

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

よませの慰めと恒例の計算

 我が家にとって、あまり良いことがなかった週末でしたが、いくつか慰めになることはありました。

 まず、宿です。Fレストプラザさんは昨年予約していながら大会中止で行けなかった宿でした。今回、念願かなっての宿泊だったのですが、なかなか良い宿でした。御主人と話をしていて、この人もスキーをするらしいと思っていたら、ナント、オリンピック二回出場の名レーサー平沢岳選手のお父様ですと。~o~;;

 施設は、少し古いですが、よく手入れされていて好感が持てました。食事も美味しいです。土曜の夕食は、海鮮サラダ↓で始まり、

P11008591

 ミネストローネ↓の味が深い。

P11008601

 メインディッシュのビーフシチュー↓、じっくり手を掛けてくれていてステキな味わいでした。

P11008611

 Yクンも喜んだのですが、娘(仮称ケミ)が「美味しい美味しい」と喜んで完食。夕食が終わった時点で、「また来た~い!」。まだ泊ってさえないんだが…。~o~;;

 奥様がとてもケミさんを可愛がってくれて、帰り際に「岳なんて小学校の時は何をやらせてもニブかったけどオリンピックに出られたんだから、ケミちゃんなら大丈夫よ」と慰めてくれました。

 今回、ケミさんのレーシングスクールは、別のスクールから生徒さんを任せられて、今まで知らなかったお子さんが練習会に参加していたのですが、そのご父兄の中に、一見、コーチ風のウェアで息子さんのサポートをしているお父さんがいました。ちょっと縁があってYが言葉を交わしたのですが、ナント、ベテラン俳優のTさんだったとか。

 大河ドラマにも出ている人気俳優なのに、腰の低いナイスガイだったそうです。

 ワタシ的には、息子さんのサポートを甲斐甲斐しくする姿に、こんなイケメンも親〇鹿スキーヤーなんだと思うと、ちょっと親近感がわき、心慰められました。~o~

 ところで、ちょっと遅くなりましたが、毎年恒例(に去年からしている)、%の計算です。

 ウチのケミさんは、2月26日時点で、人生3710日目だったのですが、滑走日数は624日で16.8%。歩けるようになってからは、2953日で18.8%滑っていました。1%ずつ上がってますね。あはは。

 イケメンじゃなくても親馬〇スキー〇鹿なもんでね。~o~

| | コメント (0)

2021年2月17日 (水)

何かの欠けた夕餉

 この季節、ワタシは週に数日、夜の仕事があるだけ。今年はデスクワークもなく、平日はノンビリしています。

 一方、愚妻Yは、我が家の経理部長を務めているので、この季節税金関係の仕事に追われます。特に今年は、準指の勉強と並行して行わねばならず、しかもコロナ禍の関係でe-taxとやらを推奨されてYクン困惑しながらの作業だったのですが、このニ、三日かかりきりで取り組み、とうとう昨日完了させました。本人も驚くばかりの仕事の進み具合でした。

 昨夜は、そういうわけでお祝いでした。

 娘(仮称ケミ)の方は、学校の図工の時間に焼き物を作っているとかで、昨日、その作品を持ち帰って見せてくれました。

P11008481

 家族三人分の箸置きだそうです。真ん中の色のついたのはビー玉を融かしたのだとか。まるで七宝焼きのようです。

 コレを、仕事の終わったお祝いの夕餉に並べると、

P11008461

 写真左下は、Yクン自慢の煮物。写真上はYの大好きな寒ブリ。右下は何故だか今年時期の早いカツオ。

 新しい箸置きは、とても我が家の食卓にフィットして良かったと思いますし、お祝いの御飯も美味しかったのですが、何だか何かが欠けているような。

 税金の仕事を終えたら思い出してもらえるかなと思っていたんですが…今年は、忘れたままなんですね。~o~;;;

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

美食とガスの日々Ⅱ

 土曜のGSレースは約半数ほどの子がDFするサバイバルレースで、娘(仮称ケミ)のレーシングスクール仲間はほとんど全滅でした。まだしょんぼりしていたケミさんを連れて宿に帰ると、Kのみさんの夕食が待っていました。

P11008171

 この夕食がホントに美味くて、我々もケミさんも元気づけられました。画面上方の先付は、左が湯葉、載っている緑の粒は、ナント、ワサビだそうです。真ん中はスモークしたタコ、右が自家製(多分)ハム。左上は、丸のままオーブンで焼いたタマネギ、左下は甘鯛とマイタケの蒸し物、右皿はフィレ(多分)ステーキ。

 いずれも美味しかったけど、タマネギ大好きのYはタマネギのオーブン焼きに大喜びしていました。ケミさんの分はステーキがハンバーグになっていたのですが、我々のステーキを少しもらって初めてのレアに目を白黒させていました。

P11008181

 翌日の朝食がまた、Kのみらしい素晴らしいもので↑、特に評判が良かったのが画面右のパンでした。外側がクッキーかと思うほどカリっとしていて内側はとろけるほどソフト。いったいどうやって焼いているのやら。

 この朝食をお腹いっぱい食べて、ケミさん元気一杯に戸倉に出陣。日曜はSLでした。

 前日のダイナミックコースの下半分の中緩斜面を使ったコースでした。朝のうちは視界もよく、まさか今日は大丈夫だろうと思っていたら、午後になって、またガスが下りてきてしまいました。ヤレヤレ。

2021012413550001

 もともと、逆手テクニックをある程度使いこなすMちゃんHさんに対してケミさんはハンデを負っているのですが、体格差のこともあり急斜面が全く含まれないこのコースだとちょっと勝ち目がありません。加えて、この視界の悪さは…どうなんだろ。

 しかし、スタート地点で体を振ってセットを思い浮かべている姿を見ると、ふーん、ナマイキに集中してるじゃないか。

 それにしても、親はこんなこと教えてないのに、いっぱしのレーサーになりやがったなとちょっと感心。

2021012413550000

 元気よくスタート。上から見える数ターンは割とマトモに見えました。ガスの中に消えていくケミさんを見送ってから荷物をまとめて下に下ると、ビデオ撮りをしていたYが浮かない顔をしています。どうやら、MちゃんとHさんに加えて、もう一人、ケミさんより少しだけ速かった子がいた模様。四位かぁー。

 正直、ちょっとガッカリしました。ワタシもガッカリしましたが、Yの落胆ぶりはかなりのもので、「なんであんなに安全に遠回りで滑って来るのよ!」

 結局、優勝したHさんと2.9秒差、三位の子とは0,4秒差の四位でした。最初のうち「やったぁ、四位」と喜んでいたケミさんも、同じスクールの子がカテゴリーAで優勝して大喜びしている姿を見て、「もっと攻めればよかった…」と反省モード。

 我が家は三人ともガッカリ、悄然として帰宅しました。

 しかし、コーチの撮ってくれた動画を見て、ワタシもYもちょっと気を取り直しました。上部の中斜面までは大変良い滑りをしています。ちょっと旗門に対して遠回りなのは気になりますが、上部で大きな失敗をしているHさんや、無理な逆手を使ってズレズレターンになっているMちゃんよりも滑りの質は上です。しかし、下半分の緩斜面で、少し動きがまったりしてしまいました。

 それに対して、Hさんは緩斜面で見事な逆手を使い直線的なライン取りをし、Mちゃんは途中で逆手を諦めてから怒ったようにキレキレのターンを始め、明らかにその部分でケミさんと差をつけています。

 結局、三人ともあのセットを完全攻略したわけではなく、それぞれに欠点があったのですが、タイム差になりやすい緩斜面で失敗したケミさんが敗れたということ。裏を返すと、中急斜面がもっと長ければ別の結果になったでしょう。

 ライバル達との争いはまだまだガスの中。これからですね。

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

宴の万感と無事報告

 いやー、モノスゴい冬型です。関越自動車道の立ち往生のニュースには驚かされました。

 もちろん、我々は越後が日本一の豪雪地帯だということとは承知しています。しかし、それゆえに新潟県の除雪隊の備えは日本一なんです。例えば群馬や長野と比べても、国道も高速も降雪後の除雪の早さと丁寧さは群を抜いています。その越後であれは…。

 昨日、施設の母に電話したところ、「あんた達、あそこに行ってやしないかと思って心配しちゃったよ」と心配されてしまいました。母は92才ですが、なかなか息子夫婦を分かってらっしゃる。~o~;;

 しかし、ワタシは、一昨日まで仙台で仕事でしたんでねえ。

 一昨日仙台の仕事を終えて帰って来ました。仙台の最後の授業は、ちょっと万感迫るものがありました。こういうご時世でということもありますが、来年度の仙台出講はないかもしれないという予感があるので。

 まあ、まだわかりませんけどね。~o~

 でも、そんな気がしたので、一昨昨日は最後かもしれない仙台の夜を堪能しました。仙台の銘居酒屋「大石屋」さんを来訪。

 さしもの「大石屋」もこのご時世とあって、ボックス席は賑わっているもののカウンターはほぼワタシだけでしたので、心ゆくまで飲ませてもらいました。まず、珍しい所から

2020121718310000

 「会津龍が沢 純米大吟醸 一回火入れ」。見た事なかったので最初に頼んでみましたが、福島県栄川酒造さんの別ブランドでした。んまい!

2020121718510000_20201220073501

 「楽器正宗 Session3」。これも見た事なかったのですが、「自然郷」の福島県大木大吉酒造さんの復刻ブランドでした。これはサラッと軽い。

2020121719090000_20201220073501

 続いて、「会津娘 純米生」。福島県高橋庄作酒造さんの生酒らしい逸品。これはお懐かしい。生っぽさは昔のままです。

 2020121719310000_20201220073501

 こちらもお懐かしい福島県曙酒造さんの「天明 美山錦純吟50」。結婚前後によく飲んでました。相変わらず、んまい!

2020121720010000_20201220073501

 福島ばかり続いたので最後は宮城県と思い、これまた見た事がなかった「田林 純米吟醸 美山錦50」。聞いたことないと思ってたら、「真鶴」の田中酒造店さんの別ブランドでした。こりゃ、んまい!もう、酔っぱらって細かいこと判らなかったけど、間違いなく、んまい!~o~

 料理は、当然の刺し盛。

2020121718360000_20201220073501

 相変わらずの包丁の冴え。こちらの造りは、いつも身の角の立ち方で美味そうだと思わせてくれます。包丁で食わせるお造りです。

 その他の食べ物も美味しかったんでけど、キリがないのでこの辺で。

 最後かと思うので、思う存分気の済むまで飲み食いしてしまいました。帰ってきたら、体重計がちょっと怖いことになってました。~o~;;

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

こだわりの白い杜の都

 火曜日から仙台に来ています。

 仙台で共通テスト対策とカリスマA師のテキスト。

 共通テスト対策講座の方は、昨日、無事に終了しています。

 さて、天候です。仙台はかなり寒く、昨日から雪。今朝はお見事なまでの雪景色でした。

2020121708030001

 仙台に通ってかなりになりますが、こんなに雪が降ったところを見るのは初めてです。しかし、車は普通に走っているし、人々は雪に慣れている感じ。驚いたのは、自転車が多いこと。みんな雪道馴れしてます(某〇ーバーイーツが走ってたのには笑いましたが)。仙台って、雪の降る所だったんですね。

 昨日から、昼食に仙台の醤油ラーメンの名店「麺匠ぼんてん」さんを利用しています。なぜか今まで使ったことなかったんです。

2020121612170000

 んん、んまい↑。

 ディテイルにこだわっている感じが良いです。親方は、常に麺の縮れ具合に気を使っている模様。暇さえあれば、麺を押しています。こんな風景はラーメン屋で初めてみます。スープは、鶏らしいのですが、微妙に生姜が効いているようです。チャーシューがなんじゃこりゃというほど柔らかい!

 宿泊は、いつもの格安ビジネスホテルなのですが、自慢のバイキング朝食はちょっと品数を減らしています。

 しかし、このくらいなら良いと言えるか↓。

2020121708030000

 新コロナ禍の中、細部にこだわって何とかこれだけの物を提供するのは御立派。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧