2024年3月 4日 (月)

ひな祭りうぐいす散歩

 戸隠から帰ったら雛人形が飾られていました。

 我が家ではここ数年、雛祭りを祝えていません。その日にスキー場のことが多いので。人形は一応出すんですが、遅れがちでした。

 でも、今年は3/3にスキー場にいられないんですよ、試験前期間なので。

 考えてみると、これから少なくとも五年間は雛祭りを祝えるってことか。

 というわけで、娘(仮称ケミ)が試験勉強している間に、我々は買い物に出掛けました。

2024030314010000

 のんびりした小平の道を通って、角上魚類へ。角上は日曜と雛祭りが重なったためか大混雑でしたが、

Img_00321

 夕餉は雛祭りのための手巻き寿司ディナーでした。

 小平の和菓子店天平庵さんでこんなものも。

Img_00341

 ケミさんにはウグイス餅が好評でしたが、お父さんのためには

2024030419540000

 お馴染み小林酒店さんで、左は福岡県山口酒造場さんの「庭のうぐいす 純米吟醸生 うすにごり」。春らしい華やかな美酒でした。

 右の長野県株式会社市野屋さんの「市野屋 山廃 特別純米」はまだ飲んでないけど、楽しみ。

| | コメント (0)

2024年2月28日 (水)

移動の三日~極寒のつばくろから小金井、そして鈴傳まで

 日曜日、我が家は5時半起床でした。

 この日、Yは指導員講習二日目で9時スタートなのですが、娘(仮称ケミ)がパンビークつばくろゲレンデでまだ入ったことのないレーシングチームに入れてもらってのトレーニングだったので。7時半受付に間に合わせるための早起きでした。

 この日の菅平は小雪でした。朝のつばくろは寒かったです。ちょっと我々夫婦は耐えられないと思いました。

 でも、レーサーって寒くても大丈夫なんです。集まって来たレーサー達が平気な顔で準備しているのを感心して見ていました。

 そして、その中に我が娘が入っていくのも、お父さん、感心しちゃいました。強くなったねえ。~o~

 ケミさんを送った後、我々は太郎山へ。こちらはつばくろに比べて寒くありません。しかも、Yはのんびりした指導員講習だし、ワタシは試乗会さえなく、ただののんびりしたフリー。

 でも、土曜よりちょっと空いてたんで、ねえ。

2024022510100000_20240228054201

 まあ、普通に滑りました。

 一方、Yは、14時までと言われていた講習が12時半頃で終了。一緒に昼食に入りました。

2024022513130000

 この日の菅平はお客さんの引きが早く、13時にはゲレ食も空いていたので、最近、お気に入りの白金ゲレンデ下のSchwaltzさんへ。写真右はチキンカレー。本格的なインドカレーです。左はビーフ鹿カレーうどんという変化球。いずれもなかなかのものでした。

 食後、ケミさんを迎えに行き、風呂に入ってから、さて帰ろうと苗場へ向かいました。三連休最終日の渋滞を避けるため、苗場で一泊して早朝帰りは、先日上手くいったパターンだったんですが…。 

 上田から上信越道に乗ってしまったために、関越との合流の渋滞に巻き込まれそうになり下道へ下りてちょっと苦労。こういう時は菅平から十日町を回らなきゃいけなかったんですよね。

 月曜早朝はストレスなく小金井まで帰れました。大移動の連続だったけど三人それぞれに実り多い三連休でした。

 んで、火曜日は、ワタシのみ四ツ谷まで移動。

 昨年同様にジュニアオリンピックの手続きに行かねばならなかったので。

2024022715240000

 今時、デジタルもFAXも郵送さえも受け付けないという謎の組織です。

 当然、こんなところまで行って、ご褒美がないわけがなく、

2024022715390000

 こちらに行って、

2024022718180000

 なんと、長野県上田市の和田龍酒造さんの「和田龍 純米搾りたて生原酒」。かなりレアだと思います。瑞々しい美酒でした。

| | コメント (0)

2024年2月27日 (火)

移動の三日~V字通学から三昧まで

 土曜朝は3時50分起床でした。

 この日、娘(仮称ケミ)は学校があります。苗場のマンションを5時半に出発。ケミさんは上毛高原から6時22分の新幹線で通学しなければなりません。

 6時10分に上毛でケミさんを下した我々は菅平を目指します。実はこの日、菅平でYが準指の講習会を受けることになっていました。Yが受講している間、ワタシは一昨年もあったBlossomの試乗会です。

 道中、ケミさんから無事乗車したというメールがなくヤキモキという事件もありましたが、どうやら三人とも無事に目的地に到着。菅平裏太郎は準指講習とレースと三連休が重なって、駐車場が激コミ。8時半には満車で天狗駐車場に回らねばなりませんでした。

2024022410180000

 天気は悪くなかったのですが、いかんせん、リフトが何処へ行っても激コミ。雪の方は一昨年ほどBlossom向きではなく、おまけに雪のついている斜面は何処も混んでいて、Blossomの特にGS系の板が本領を発揮するほどのスピードを得にくいコンディションでした。

 でも、一日試乗三昧。試乗レポはまた後日。

 試乗もYの講習一日目も無事に終わり、上田のビジネスホテルへ。ワタシはホテルの部屋で某W大の解答速報の仕事。Yは駅へ娘を迎えに行きました。この日のケミさんは上毛高原→学校→上田というV字通学だったんです。

 ワタシの仕事も迎えも無事終わって、いざ、上田の夜の街へ。数日前から予約していました。

2024022418140000

 上田「こう太」は、この時以来。相変わらず居酒屋っぽくない外観。

2024022418160000

 日本酒用冷蔵庫の一部です。

2024022418200000

 この日の一杯目は長野県岡崎酒造さんの「信州亀齢 山恵錦 純米吟醸」多分、無濾過生の方。微妙にチリチリ感があり、フルーティー。良いバランスの旨甘味。なるほど、こりゃブレイクするわー。

2024022418430000

 焼き鳥盛り合わせに上田名物の美味だれ。Yとケミさんに好評でした。

2024022418540000

 刺身盛り合わせ(中)。質量ともにグッド。これで1780円はかなりのハイコスパです。右上はV字通学中学生のVサイン。

 二杯目が信州銘醸さんの「鼎 純米吟醸」。これまた、んまい!ラベルはケミさんにウケてました。

2024022419030000

 「こう太」三昧の上田の夜でした。

| | コメント (0)

2023年12月27日 (水)

小さな幸せを呼ぶ日

 火曜日、ワタシは午前某W大対策講座、午後難易度の高いテキストの講座でした。

 実は、両方とも初日にノンビリし過ぎて進度が遅れていました。ちょっと心配していたけど、とりあえずW大の方は間に合いました。ホッ。

 午後の難易度の高いテキストは、まだ油断ならないけど最終日に何とかなりそう、つか何とかしましょう。

 一方、Yクンは、午前中チューンナップショップに娘(仮称ケミ)の板を受け取りに行き、午後は学校に行ってケミさんの成績表をもらってきました。

 担任とお話をしてきたそうですが、担任の先生がケミさんのスキーTRに関して意外なほど理解を示してくれて好意的な印象を受けたとのこと。ホッとして帰って来ました。

 二人と少しだけホッとして少しだけシアワセになった日は、幸せを呼ぶ店、小金井一の居酒屋の名店「さち呼」での夕餉となりました。

2023122619420000

 この日のおススメメニュー。ちょっと画像が悪いけど、コレが読めますかねえ。

2023122619560000

 左が付きだし、右はお久しぶりの「カメのテ」です。磯の香りがスゴイ。

2023122619470000

 まず一杯目は福井県黒龍酒造さんの別ブランド「九頭竜 逸品」。優しい甘旨味の普通酒です。

2023122620080000

 親方にお任せの刺身盛り合わせは、値段の倍くらいのお値打ち品。特にキンメと思われる炙りが素晴らしい。マグロ赤身もこの値段では考えられない質です。

 2023122620230000

 二杯目は、和歌山県吉村秀雄商店さんの「車坂 魚に合う吟醸酒」。軽い酸味のグッドな食中酒。

2023122620140000

 この日一番好評だったのは、「ヒラスズキのムニエル」↑。この上品で鮮烈な美味さは、ちょっと居酒屋のレベルを越えています。どこかのフランス料理店で出て来そうな逸品でした。

 Yクンは前回に続いて「海鮮チヂミ」に納得。もう一枚頼みそうになり、思いとどまりまっていました。

 最後は、二人とも熱燗で心も体も暖まりました。

| | コメント (0)

2023年12月25日 (月)

筋肉痛夫婦飲み食らう

 日曜日は、横浜で午前午後の仕事でした。土曜の八海山の名残りでワタシとしては珍しく太もも筋肉痛。階段が辛かったです。

 Yは全身筋肉痛だったとか。

 帰宅してほどなく出かけました。この日は近所の焼き鳥屋「柳田屋」を試してみようと話していた日でした。

 今まで、焼き鳥のテイクアウトは何度もしていました。ご近所の方の評判も悪くなかったのですが…。

 まさか、こんなに良い居酒屋だとは予想してませんでした。

2023122418480000_20231225202301

 京都府玉乃光酒造さんの「94」。焼き鳥に合わせる辛口だそうです。微妙に臭みがあります。

2023122419030000_20231225202301

 焼き鳥以外のメニューがかなり充実しています。食べ掛けになってしまいましたが、左のポテトと右の厚揚げは、かなりのレベル。Yは最初に頼んだ九条ネギと玉子の炒め物が気に入ったそうです。

2023122419040000_20231225202301

 山形県高橋酒造店さんの「ちょっとおまち」。日本酒のメニューが意外と豊富。

2023122419360000_20231225202301

 確か「ホタテの爆弾」という名前の料理だったと思います。んまいです。この後頼んだきし麺の炒め物もグッド。

2023122419370000_20231225202301

 東京都中村酒造さんの「千代鶴生原酒 」。細かいことは忘れましたが、んまい!

 しばし筋肉痛を忘れるひと時でした。

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

達人との旅その一

 金曜から仕事を入れていません。

 実は、娘(仮称ケミ)の北海道合宿を見に行くためにスケジュールを空けていたのですが、延期になってしまったので。

 んで、その代わりにYと二人でかぐらで滑ることにしました。単にかぐらではツマラナイので、Yさん大好きの「さくり温泉健康館」を予約しました。

 予約が取れて、Yは狂喜乱舞。「さくりに二泊も出来るなんて、ゼイタク~~!!」

 一泊6500円の宿に二泊したくらいで、「ゼイタク~!!」って喜ばれるのは、よっぽど亭主の甲斐性がないみたいでねえ。~o~;;;

 どうもこのYと言う女は、コストパフォーマンス意識が高まり過ぎてそれが血肉化してしまい、ハイCPのものを価値が高いと自然と感じる感性を身に着けてしまったらしいんです。CPの道ここに極まれりの達人なんです。

 彼女が一番「おいしー」と感激するのはハイCPの「つばき」のラーメンです。美味いけれど高いものを決して美味しいとは言いません。

 この「さくり」もハイCPだから「ゼイタク~!!」なんですね。「さくり」のハイCPの料理は、彼女にとって最高の美味になる…らしいです。ワタシではとてもじゃないけどたどり着けない境地です。

 金曜朝も、通常なら一刻も早い出発をと焦るYなのですが、この日は、「今日はさくりですからー」と。

 というわけで、朝は九時近くに出発。

2023121513060000

 みつまたは12時頃の到着。雨上がりの虹が出ていました。Yのシー券を作ってロープウェイ乗車。

2023121513240000

 みつまたには雪が全くなく、板は運搬。

2023121513400000

 下りリフトでゴンドラに向かいます。

2023121514030000

 かぐらには何とか雪があるようです。この時点で午後二時頃。

2023121514290000

 比較的滑りやすいコンディションです。二人でかっ飛ばしまくって、六本滑ったところでタイムアップ。

 午後五時過ぎに「さくり」に入りました。久々の「さくり」に舞い上がったYは財布を失くしそうになったり道を間違えたり…。~o~;;

2023121518290000

 ワタシの夕食は「てんぷら定食」。この時と比べてモノすごいボリューム感なのは、もしかしてSNS映えを狙ったか。

2023121519580000

 ワタシは新潟県DHC酒造さんの「嘉山 亀口直採り無濾過生純米吟醸」を持ち込んで部屋飲み、この酒造のお酒には悪い印象がなかったのですが、コイツは、うーーん。ちょっとくどいかも。この値段なら、もう一段上のバランスが求められるのでは…。

| | コメント (0)

2023年12月11日 (月)

慶びの年忘れたくない忘年会

 日曜日、ワタシは朝からデスクワークでしたが、娘(仮称ケミ)はお勉強でした。

 夕方、三人連れ立って出かけました。今日は、我が家恒例の忘年会です。

 本当は、ケミさんの定期考査が終わってからのはずだったのですが、合宿の予定が変更された影響です。

 んで、今年は小金井一の居酒屋の名店「さち呼」でした。

 まずは、お酒。ちょっと奢って広島県相原酒造さんの「雨後の月 純米大吟醸」。

Img_00091_20231210215701

 いやー、久しぶりに本格的な純米大吟醸。ゼイタクだー。

Img_00101_20231210215701

 フグの白子焼き。ケミさんにも大うけしてました。

Img_00111_20231210215701

 シマアジの刺身とイサキのあぶり。

Img_00144_20231211050001

 ケミさんにはサビ抜きの親方のお勧め十貫握り。十一貫あります。ありがとう、親方。ケミさん先日同様手で食べて「おいしー!」
Img_00151_20231211050101
 カワハギのとも和え。キモが苦手のYが激賞してました。良かったねえ、人生の楽しみがまた一つ増えて。

Img_00161

 和歌山県吉村秀雄商店さんの「車坂 魚に合う吟醸酒」とフグの唐揚げ。ちょっと控えめな吟醸酒ですが確かに魚に合う美酒。

Img_00171_20231210215701

 大人向けの「親方のお勧め十貫」はちよっと子供向けと違います。手にした瞬間に美味さが判る渾身の握りでした。

 Img_00191_20231210215701

 Yクン、ずーっと前々回の「焼うどん」を頼むつもりだったのですが、メニューを見て、「海鮮ちぢみ」に変更。これも美味い!

 今年は、ケミさんが勉強でもスキーでも結果を出し成長した年でした。我々には、忘れられない良い年。

 ワタシは年金が出るようになって、そういう意味でも良い年でした。

 まあ、それに付随してちょっとあったけど、アレは忘れましょう。~o~;;

 来年はもっと良い年になる、と思いたいです。

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

ドタバタタテヨコ

 昨日から、二学期最終週が始まりました。ひゃっほー!

 金曜は立川で午前、夜池袋で高3です。まず、立川。すでに何回かやったことのある教材ですが、一応予習して一時間目に臨み残り五分まで快調そのものだったのですが…。

 おしまいの三行で突然、今までと別の解釈を思いついてしまい、それを説明して設問の答えを出そうとして思いついた解釈が誤っていたことに気づき、もう一度説明をし直し…。

 何やってんだ、オレは…。

  ピッタリ終るはずが五分延長でようやく太鼓判を押しましたが、ショックは大きく、二時間目は時間の調整で失敗。またまた五分延長して太鼓判。三時間目は上手く行ったものの、いやはや、ドタバタの最終週スタートとなりました。

 それでも夜の授業は上手くまとめ、疲れきった自分にご褒美。

2023120121320000

 今日は鍋だと聞いていたので、「鍋との相性抜群」という謳い文句に惹かれて、青森県三浦酒造さんの「豊盃 特別純米 にごり生」を購入。

 ところが横にして運ばないようにという注意書きをウッカリして…。

 まあ、ちょっとカバンの中を湿らせるくらいで済んだんですが、この日最後のドタバタでした。

 肝心のお酒の方ですが、上澄みはキレの良い辛口なので、にごり分と合わせてバランスが取れます。食中酒としては良く出来てると思うけど、特に鍋じゃなくても良いかも。

| | コメント (0)

2023年11月26日 (日)

「忙しい日」からのきりわけⅣその二

 金曜日、我が家は午前3時45分起床。変に暖かい朝でした。なにしろ、その時間なのに軽井沢で10°もあったんですから。

2023112404590000

 この日は、平日なのでプリンスコースにポールが立つという話で、かなりの人数が集まっていました。

 ワタシは午前5時のスタートを見届けてから、宿に戻り朝食。身支度をしてYに送られて駅へ。6時34分発の新幹線に乗車。

2023112406340000

 娘(仮称ケミ)がトレーニングしているプリンスコースを横目に一路立川へ。立川の一限に軽井沢から出勤しました。

 一方、Yはケミさんのところへ戻りました。

Img_20231124_064551

 こんな感じで、

Img_20231124_070313

 ポールと言っても、シングルポールにショートポールがついての三セット。

 このトレーニングに7時まで参加したケミさん。少し早上りして、一年先輩の男の子とともに7時45分のあさまで登校。

 Yはケミさんを見送ってから宿に戻り、荷物を片付けて車を走らせ、12時には帰宅していました。

 ワタシの方は立川の二学期第十二週を済ませ、帰宅してから午後はひたすら忙しい日に受け取った答案を採点して、夜は池袋で授業でした。

 長い一日の、自分へのご褒美は

2023112617350000

 岐阜県中島醸造さんの「小左衛門 純吟コシヒカリ」。上立香はさほどありませんが、飯米使用のクセにフルーティーな含み香があり、クセのない甘旨味は、さすが小左衛門。ナイスコストパフォーマンスの良酒でした。

| | コメント (0)

2023年10月29日 (日)

複雑の悦び苦しみ

 金曜日は、二学期第九週目でした。

 立川の浪人クン達の授業を終えて、夜は池袋で高3の授業でした。授業自体は楽しくしゃべれましたが、授業終了後、合格報告を受けました。推薦で某K大に合格とのこと。合格報告はどんな場合でもこの仕事の悦びです。

 もちろん、満面の笑顔で「おめでとうー!よかったねー」

 もっとも推薦でK大ということは、ワタシは何のお役にも立てていないわけで、ちょっとだけ複雑。

 でも、まあ、合格の報告に来てくれたってのが嬉しいです。~o~

 帰宅してからちよっとだけデスクワーク、翌朝も続いてデスクワーク。数日前から取り組んでいる教材の監修です。

 イヤハヤ、「雲隠」の写本ってとんでもない本文なんです。文法的に複雑怪奇、というかデタラメです。大幅に本文校訂してしまわなければ、とてもじゃないけど教材には使えません。

 なんとか午前中に、終わらせました。

 終わらせてから、昼食に出掛けました。この日、娘(仮称ケミ)は学校、Yは姪のIちゃんの舞台を観劇に行きました。どこかで適当にと言うので…。

2023102812200000

 久々に新小金井街道の「味噌蔵まるしゅう」さん。新作「極the肉汁そば」↑が好評とのことなので注文。

 うーーん、ナルホド、これは大将、当てましたね。

 豚バラのコクが風味豊かな味噌に奥深い旨甘味を与え、ネギの甘味とマッチ。単にラーメンというより複雑さを内包する味噌料理です。

 町田で仕事の後、夕餉の酒は、最近、池袋で購入してきた↓

2023102819120000

 右は佐賀県光栄菊酒造さんの「光栄菊 月影shinriki無濾過生」。生のジューシーな中に炭酸の刺激があり、切れ味を感じさせる良酒ですが、左の埼玉県北西酒造さんの「Bunraku Reborn純吟生」は、爽やかな香りが、カブロン酸エチルのリンゴでも酢酸イソアミルのバナナでもない柑橘系。爽やかだけど単純ではなく複雑。これは、かなりお見事に、んまい!

 前の週に池袋西武で購入したのに、今週はもう一本もありませんでした。まあ、もっともか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧