2022年5月14日 (土)

94+87+11=64の日

 昨日は学校がお休みの日でした。ナント、学校がワタシの勤続35年を労ってワタシの誕生日を全校休講日にしてくれたのです(ウソ)。

 多分、こんなことは初めてです。でも、ありがたいプレゼントでした。そろそろ疲れて来ていたので。

 お休みだったので、施設の母に電話してみました。このところ耳の遠くなった母は付けっ放しにしたTVの音量をかなり大きくしていたため、電話しても出てくれないことが多く、半ば期待せずに掛けてみたところ、ナント、出てくれました。

 しかも、ワタシの誕生日を覚えていて、「あんたいくつになったんだい」

 かなりしっかりした口調で、元気そうでした。母はもう94才なので、ここのところこんなにハッキリした口調で話してくれるのは珍しく、とても安心できました。

 「おめでとう。なんにもあげられないけどね」

 いやいや、お母さん、その話っぷりが最高のプレゼントだよ。

 お休みとは言え、デスクワークはあります。米津君のPop SongのMVでも掛けながら仕事しようかと検索して驚きました。今日って、「M87」の配信開始じゃん!

 なんてことでしょう。米津君がワタシの誕生日を祝って新曲を発表してくれていました(ウソ)。

 イヤハヤ、なんてぇメガプレゼントだ。

 ワタシが見始めた時にYouTube再生回数は19万回程度だったのですが、ヘビロテしながら仕事をするうち、100万回ほどになりました。コレ、大変な名曲です。

 今、259万回。~o~

 米津君のおかげで授業で使うプリントを2セット、模試関係の監修を一つ終わらせられました。

 今日は娘の塾もないので夕食を三人でゆっくり取れました。誕生日ディナーは、ワタシの希望で鯛のあら汁、娘(仮称ケミ)の希望でYの18番チキンソテーにスパゲティです。

Img_01381

 酒は「ご褒美」で購入した宮城県岩崎酒造さんの「宮寒梅 純米大吟醸 無濾過中取り」と宮城県大沼酒造店さんの「不二正宗 純米吟醸生原酒」。宮寒梅は品が良く完成度の高い大吟、不二正宗は刺激的で初夏にふさわしい生でした。んまい!

 かなり過ごしてしまった頃に、ケミさんが二階へ上がり取ってきてくれました。

Img_01441

 去年も書いてくれたけど、去年のよりかなり完成度高いです。比較すると、

Img_01431

 今年は、11才ですからね。絵も上手いし、「誕生日」も立派にカクノンで書けました。

| | コメント (2)

2022年5月 2日 (月)

オトナになった地獄とお試しの日

 日曜午前四時、愚妻Yと娘(仮称ケミ)は再び越後へ出発しました。

 ワタシは二人を見送った後、会議の準備でした。例の初夏の地獄の会議が三年ぶりに開かれるからです。

 本当に久しぶりでした。皆さん相変わらず「よくぞここまで真面目に」と思うほど真剣に議論を戦わせたのですが、でも、三年前以前よりもアッサリと和やかに会議は終りました。

 ちと拍子抜けしました。Yにその旨メールしたら、「皆、オトナになったんじゃない」だそうです。~o~

 アッサリ終わっても、自分へのご褒美だけは忘れません。

Img_01251

 左から宮城県岩崎酒造さんの「宮寒梅 純米大吟醸 無濾過中取り」、群馬県分福酒造さんの「分福 純米吟醸 舞風」、長野県古屋酒造さんの「和和和 純米吟醸 濃かすみ金文錦」。

 分福は、群馬県で開発した酒造好適米「舞風」で醸したお酒です。冷やでは、上立香はそれほどでもなく含み香も期待ほどではなく、アッサリした味わいだったのですが、ぬる燗にしてみたら、ウン、こりゃ良いバランス。

 一方「和和和」はこの日に買ったのではなく、木曜に八王子に行った時に加桝屋さんで購入した加桝屋オリジナル。コレ、マジな話、メチャメチャ美味しいです。程よい刺激と甘旨味。これほど美味しい「かすみ」は何年振りだろう。

 一方、越後の二人ですが、二人とも今日は試乗を楽しんだようです。

 ケミさんは、SLトレーニングだったのですが、V社の人が来て試乗をさせてくれたそうです。今乗っているF社よりも曲がってくれず、それをV社の人に言ってよいものか困ったそうです。まあ、キミの滑りはもっぱらF社板で作った滑りだからねえ。

 Yは、かぐらに上ったそうです。今日のかぐらは、

Img_20220501_081858

 一昨日より微妙に減っているようです。でも、雨予報だったので空いていて、

Img_20220501_084202

 とても気持ち良かったとか。

 昨年同様、ブルモリが試乗会をやっていて、ナント、ブルモリで開発中のモーグル板に乗れたと。

Img_20220501_114221

 くそー。そんなレアなものにっ、と試乗マニアの旦那さんは切歯扼腕。~o~

 我が家のモーグル板H社F17に似た乗り味(もともとブルモリはH社の下請けでF17を作っていたそうです)ながら、「パコンと返って来る感じはスキ!」だそうです。

 うらやましひ。~o~;;

| | コメント (0)

2022年1月18日 (火)

受け止め方さまざま

 共通テストが終了して、共通テスト後授業がスタートしました。

 今年の出題に関しては、ほぼ一年間、同じようなことを予想として話していました。

 第一回共テよりも難化する、第一回でほぼ控えられた対比と対話の要素が盛り込まれると思われるが、その際、教師と生徒の対話形式が出題されたら時間が掛かるので注意すること、和歌が出題され、文学史と単独の文法問題は出題されない。

 ほとんどその通りになりました。ちょっとホッとしました。和歌の解釈は単独の問題ではありませんでしたが、教師と生徒の対話型問題の選択肢を選ぶのに必要だったので、出題ということにしておきます。

 事前にこちらが予想した通りだと授業にも臨みやすいのですが、その授業の方は少し出席率が低くかったようです。職員さんによると数学が予想以上に難しく得点しにくかったとか。それを深刻に受け止め過ぎショックを受けた子が特に文系に多かったようです。

 こういう時、確かなデータが出るまでは余計なことを考えず、切り替えて次の勉強に臨みなさい、と常識的な激励をしてはみるのですが、実は、月曜に学校に来ている子には不必要なんですよね、そんな激励。~o~;;

 一方、我が家では、ネット上にアップされたTR動画中の、日曜の娘(仮称ケミ)の滑りに対するコーチの受け止め方が話題になっています。

 ケミさんが滑ってきて1ターン目で、ビデオを撮っていた主任コーチから、「おおっ!」と驚きの声が上がり、「滑りが大きくなった…(満足そうな笑い声)」。

 主任コーチはしばらく中高生のサポートでケミさんを見ていなかったので、こういう驚きになったようなんですが、あんまりこういう驚き方ホメ方をする人じゃないんでねえ。

 どうも、我々が考えているよりも急速に実力を伸ばしている模様。ちょっとレースが楽しみになってきました。

 そういうアレコレと関係なく、昨夜の我が家の夕食↓です。

Img_00261

 このところ寒い毎日ですが、その寒い中を塾から帰って来るケミさんのために味噌ラーメン。寒い中横浜に仕事に行っていたお父さんには、岐阜県所酒造「房島屋 超辛口おりがらみ」のお燗。

 何故かYは「味噌ラーメンならビールデス」だそうです。寒さの受け止め方もさまざまってことで。~o~

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

安寧とほどほどの嵐

 火曜日は、実は我が家の安寧の祈りの日でした。

 旧暦神無月の亥の日だったんです。まあ、初亥じゃないけど、我が家ではあんまり初にこだわってません。

 時々、亥にもこだわらなくて何だか分からない餅になりますが…。~o~;;

 小金井にも亥の子餅を売っている店を発見して、今年は小金井産です。写真撮るのを忘れていて、食べかけで恐縮↓。

P1110131

 亥の子のおかげでもないんでしょうが、ここのところ東京は、というか日本は安寧息災の日々です。我が小金井も11月4日以来新規感染者0を続けています。このまま行ってクレー。

 毎年、亥の子餅のシーズンは模試のシーズンでもあります。昨年は久々に一年で一番の日でしたが、今年は、ほどほどでした。火曜水曜と早めに準備をして、木曜は昼過ぎまで採点基準作りでした。

 娘(仮称ケミ)は、この日、学校の音楽発表会だったのですが、仕方ありません。Yクンに行ってもらいました。

 ギリギリまでデスクワークして昼過ぎに採点会議に出掛け、いつもの採点の先生方といつもの会議がスムーズに進んでホッ。

P11101321

 今年の自分へのご褒美は、岐阜県中島醸造さんの「小左衛門 杜氏酒 暁」です。ちょっと今までの小左衛門とはイメージの違う酒で、柑橘系の酸と含み香があります。

 夜の授業を終えてから帰宅。昨日は町田での授業に出掛けるまで採点していたのですが…。

 うーーん、いくら入念に準備をし、キチンと会議しても、想定外が次々に…。~o~;;;

 この日は、想定外にかなり振り回され、我が家的にも小さな嵐がありました。

 嵐と言えば、金曜から土曜にかけては、今シーズン初と言っても良い冬型の嵐になる模様。今年はスキー場開きが遅れているのですが、今回の嵐には期待大です。~o~

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

感謝と発見の宴

 昨日の土曜日は、共通テスト対策の特別授業と高校生の授業で朝から夕方まで働きました。

 昨年度から国語を共通テスト任せにする大学がかなりあって、共通テスト対策授業は大変需要があるのですが、それにしても、まだ海の物とも山の物とも分からないテストに身を任せちゃう大学って、どうなんですかねえ。

 まあ、文科省さんのご指導もあるのかもしれませんが…。

 帰宅後、我が家は誕生日パーティーでした。娘(仮称ケミ)の誕生日にワタシは夜の授業があり、昨日はケミさんの塾があって、二日順延して昨夜になりました。

 ケミさんには「夕食は何でもあなたの食べたい物にしてあげるから、遠慮なく言いなさい」と言ったら、「えーーと、目玉焼き」ですとぉ。~o~;;

 さすがに目玉焼きパーティーというわけにもいかず、いろいろ相談した結果、手巻き寿司になったそうです。

P11101021

 小平の角上魚類まで自転車で買いに行ってくれたとか。さすが角上というネタでした。

 手巻きの皿の上に写っているのは、Yクンが買って来てくれた日本酒です。

 角上へ行く途中で良さそうな酒屋を見つけたとのこと。何故かこういうことには鼻の利く女なんです、Yは。~o~

 今回もアタリでした。感謝。小平小林酒店、なかなか良いじゃないですか。

 購入してきたのは、コレ↓。

2021092610070000

 福岡県山口酒造場さんの「庭のうぐいす 純米吟醸」と宮城県墨廼江酒造さんの「墨廼江 純米吟醸」。どちらも精米歩合50%の純米大吟醸と名乗れるスペックで「純米吟醸」としているところに心意気を感じます。

 どちらも美味しくいただいたのですが、注目はこのビン。台東区の日本酒代理店さんの企画したPASSION15というシリーズなんだそうで、150mlでした。

 以前ワタシもこんなことを書いたことがあり、こういうのはあってしかるべきだと思っていました。

 ちょっと前からあったシリーズらしく、今さら発見というのも間が抜けているのですが、でも、嬉しい発見でした。ビンもオシャレで、Yは一輪挿しにすると言ってるし、ケミさんも部屋に置いておきたいと言っています。

 このシリーズ、もっとあちらこちらに出回りませんかねえ。~o~

| | コメント (2)

2021年8月22日 (日)

初めての予備校屋的晩夏

 ここのところ、取り立てて仕事もなく、二学期の準備のデスクワークで一日が過ぎていきます。

 こんなにすることのない晩夏もめったにありません。というか、予備校屋になって三十数年で初めてかも。

 娘が生まれるまでの14年間、夏期講習終了の翌日はそのままイコールニュージーランドへの出発の日でした。娘(仮称ケミ)が生まれてからは丸沼に避暑のための家族旅行に行ったり、宿願のNZ旅行なんかもあって、昨年は一学期開講が遅れた関係で夏期講習終了≒二学期開講。

 今年は、夏期講習が終了して二学期開講まで十日もあるのにどこへも出かけられません。んで、仕事のないのんびりした晩夏というわけです。

 でも、これって実は、普通の予備校屋には当たり前なんですよね。初めての予備校的晩夏です。

 昨日は通塾以外は暇にしているケミさんが料理を作ってくれて

P11100241

 青茄子のチーズ焼き↑。傍で見ていたら、結構スリリングでした。~o~;;

 晩酌は、夏期講習の池袋で購入してきた高知県亀泉酒造さんの「亀泉 純米吟醸 CEL24」と岐阜県中島醸造さんの「小左衛門 純米吟醸 中汲み」でした。

P11100271

 亀泉は甘い含み香のフルーティでキレイな吟醸、小左衛門は爽やかな酸味の好バランスな吟醸酒で、どちらもこのクラスでは突出した出来と言って良いんじゃないかしら。久々にブログに名前を挙げたくなる銘酒でした。

 小左衛門、昔は結構よく飲んでいて、今回久しぶりだったけど、こんなに美味かったんですねえ。

| | コメント (0)

2021年5月19日 (水)

祝われて願う

 昨夜、我が家は、ワタシの誕生日ディナーでした。

 なんせ、先週の誕生日以降で三人そろってゆっくりと夕食を取れる日がなかったので、この日になりました。

 娘(仮称ケミ)は週三回塾があるし、ワタシも夜の仕事の日が多いし、週末は出かけますからねえ。

 P11009171

 ワタシが喜ぶだろうと、日本酒に合う手巻き寿司↑にしてくれました。一緒に写っているのは、岡山県十八盛酒造さんの無濾過生原酒「Penguin no kimochi」。

 アルコール度数を14°に抑えてなおこの鮮烈さ、キレ味はお見事。

 ケミさんが我々夫婦のために、手巻き寿司ケミスペシャル↓を作ってくれました。

P11009181

 鯛とサーモンとカイワレの上にカニカマを裂き、チーズとそら豆が乗っています。なんとも複雑なお味です。

 手巻き寿司は、もうちょっとシンプルな方が美味しいんじゃないかしら、とは思いますが、この子は、もともと口内調味が苦手で、小さな時から「ばっかり食べ」を注意されて育ってきました。こういう食べ物を自分で楽しく作ることで、口内調味を少しでも覚えてくれたら。

 などと願いながらのシアワセな夕餉でした。~o~

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

宴の万感と無事報告

 いやー、モノスゴい冬型です。関越自動車道の立ち往生のニュースには驚かされました。

 もちろん、我々は越後が日本一の豪雪地帯だということとは承知しています。しかし、それゆえに新潟県の除雪隊の備えは日本一なんです。例えば群馬や長野と比べても、国道も高速も降雪後の除雪の早さと丁寧さは群を抜いています。その越後であれは…。

 昨日、施設の母に電話したところ、「あんた達、あそこに行ってやしないかと思って心配しちゃったよ」と心配されてしまいました。母は92才ですが、なかなか息子夫婦を分かってらっしゃる。~o~;;

 しかし、ワタシは、一昨日まで仙台で仕事でしたんでねえ。

 一昨日仙台の仕事を終えて帰って来ました。仙台の最後の授業は、ちょっと万感迫るものがありました。こういうご時世でということもありますが、来年度の仙台出講はないかもしれないという予感があるので。

 まあ、まだわかりませんけどね。~o~

 でも、そんな気がしたので、一昨昨日は最後かもしれない仙台の夜を堪能しました。仙台の銘居酒屋「大石屋」さんを来訪。

 さしもの「大石屋」もこのご時世とあって、ボックス席は賑わっているもののカウンターはほぼワタシだけでしたので、心ゆくまで飲ませてもらいました。まず、珍しい所から

2020121718310000

 「会津龍が沢 純米大吟醸 一回火入れ」。見た事なかったので最初に頼んでみましたが、福島県栄川酒造さんの別ブランドでした。んまい!

2020121718510000_20201220073501

 「楽器正宗 Session3」。これも見た事なかったのですが、「自然郷」の福島県大木大吉酒造さんの復刻ブランドでした。これはサラッと軽い。

2020121719090000_20201220073501

 続いて、「会津娘 純米生」。福島県高橋庄作酒造さんの生酒らしい逸品。これはお懐かしい。生っぽさは昔のままです。

 2020121719310000_20201220073501

 こちらもお懐かしい福島県曙酒造さんの「天明 美山錦純吟50」。結婚前後によく飲んでました。相変わらず、んまい!

2020121720010000_20201220073501

 福島ばかり続いたので最後は宮城県と思い、これまた見た事がなかった「田林 純米吟醸 美山錦50」。聞いたことないと思ってたら、「真鶴」の田中酒造店さんの別ブランドでした。こりゃ、んまい!もう、酔っぱらって細かいこと判らなかったけど、間違いなく、んまい!~o~

 料理は、当然の刺し盛。

2020121718360000_20201220073501

 相変わらずの包丁の冴え。こちらの造りは、いつも身の角の立ち方で美味そうだと思わせてくれます。包丁で食わせるお造りです。

 その他の食べ物も美味しかったんでけど、キリがないのでこの辺で。

 最後かと思うので、思う存分気の済むまで飲み食いしてしまいました。帰ってきたら、体重計がちょっと怖いことになってました。~o~;;

| | コメント (0)

2020年11月29日 (日)

久々の一年で一番

 金曜日は、久々に「一年で一番忙しい日」でした。このところ何年も「それほどでもない日」だったんですけどねえ。

 木曜日に池袋で九時まで授業し、就寝は十二時過ぎだったのですが、金曜日は五時前に起床して採点基準作り。おおよそ出来上がったところで出勤。町田で朝イチからの授業です。

 授業の方は、二学期第十二週目が始まりました。何とか太鼓判に持って行けるかどうか、まだかなりキビシイけど何とかなるでしょう。今年は、大変でした。

 授業の合間にも採点基準作りは続き、ギリギリで移動。移動中のロマンスカーで最終的な仕上げをして池袋へ。

 準備を十分に出来たので模試会議自体はスムーズでした。午後六時に会議終了して建物を出たところで携帯にメールが入っていました。

 愚妻Yと娘(仮称ケミ)は、土日の早朝TRのために軽井沢へ出発していて、夕食のために横川SAに入っていたので、そここからのメール。下道は渋滞したけど、高速は順調だったとのこと。お互い、ちょっとホッとするひと時でした。

 ワタシのこの日の「ごほうび」↓。

P11007611

 山形県楯の川酒造さんの「楯野川 無我 ブラウンボトル」は生らしさを前面に出した瑞々しさが際立つ逸品。ちょっと開放感に浸り過ぎて、深酒をしてしまった夜でした。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

右大臣の取り分

 直前講習テキストの仕事が二つ終りました。やったぜ。

 昨日は、午前中、直前講習テキストの監修の仕事を済ませ、午後は一家揃って買い物ドライブでした。ここんとこ毎年恒例、娘(仮称ケミ)のための買い出しです。コーチの店で相談の末、ケミさんはブーツも新しくすることにしました。昨年買ったブーツが小さくなってしまったので。

 娘の成長はパパとしては嬉しいかぎりなのですが、財布には厳しいなぁ。

 ケミさんのGS板・SL板・GSポール・SLボール・ゴーグル・ジャケットを購入。愚妻Yのゴーグルも購入。

 夕餉は例によって、酒肴が壁に並びました。

P11006841

 GS板は、もう155cmです。我々の小回り板と変わりません。

 それにしてもパパの物が一つも…。~o~;;

 夕餉の主役は、大分県杵築市からのふるさと納税返礼品、大分郷土料理「りゅうきゅう」↓でした。

P11006851

 刺身を醤油味醂などのタレに付け込んであるんだけど、適度な甘さがあり、魚の旨味が感じられるなかなかの逸品。写真はブリです。

 ワタシのこの日の酒は、この間八王子で購入した、群馬県町田酒造さんの限定酒「???」

P11006861

 例によって、掟破りの美味さでした。それにしても、パパの分は1000円か。

 タイトル「右大臣」は、なぜだか、ケミさんが、「パパは右大臣、ケミは左大臣、ママは帝ね」と言い出したからで、ナルホド、パパは一番下ってわけです。

 まさか、赤いお顔してろってことでもないでしょうが。~o~;;

| | コメント (6)

より以前の記事一覧